新・いますぐ本を書こう!

  • 59人登録
  • 3.54評価
    • (6)
    • (8)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 15レビュー
  • 総合法令出版 (2008年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862800534

新・いますぐ本を書こう!の感想・レビュー・書評

  • ⚫︎書くことは読むことであり、
    読むことは書くことである。

    ほんと。そう思う。
    今ふと、書きたいなと思ったのは
    「本の本」
    自分が読んできた本について。
    このブクログがそう。
    誰かに見せるつもりじゃなくて
    備忘録として始めた。
    いろいろ読むと、
    こないだ、そうだよなーその通り
    と思ってたことに??だったり。
    ?が!なったり。
    そして、真逆のことが書いてある本
    どちらにも深く共感したり。
    自分なりの解釈、理解、感想として
    実は、同じ意味に捉えてたり。

    読む人、読む時期、その時の感情や
    状況によって、本って
    七変化する。
    こんな本の本が
    かけたら楽しい!

    本を読むって、自分と対話することだもんな。
    書くことも、おんなじだ。

    ⚫︎人は付き合う人と読む本で
    自分の人生を決定づける

  • 技術的な事だけではなく心情的な事も多く書かれてあって「おおっ!」と思った。

  • 本を書く人は本をたくさん読んでいる。
    自分にしかかけないものにする。
    心を籠めて書く
    読者に読んでいただけるに値する文章に仕上げていく。

  • 本を書いてみたい、と思う全ての人を
    応援してくれる文章のススメ。

    一般に、文章の指南本というと
    「こうでなくてはならない」
    「こういう人が作家に向いているべきだ」
    とそれ以外の人を排他するような雰囲気を感じさせる本が多いのだが、
    この本は他とは違う。

    自身が作家になるために踏んだ手順を
    おしみなく公開してくれ、
    叱るというよりは、励ます方向で
    どんな人にも本が書ける気持ちにさせてくれる。

    小説ではなく、ビジネス書に近い実用書なのに
    読み終わった後に、こころがじんわり暖かくなる本であった。

  • チェック項目9箇所。書くことで自分を見つめ、自分の生き方を探り、成長するきっかけをつくるようになる。好きな作家の文章を真似る。1日4千字書く。自分にしかない視点、得意分野を持つ。です・ます体・・・読み手にやわらかく自分の想いを伝える、表現がやさしい、語尾が単調になりやすい。である体、考えをストレートに表現、歯切れよい、語尾の処理が楽。である体のほうが読者に親密に語りかけられる。人に読んでもらう文章はラブレター。まえがき、あとがき、謝辞など・・・本を書いた動機や目的を記載。

  • 本のノウハウ本の中ではかなりおすすめ。色々なノウハウ本を踏まえて書いてあるのもわかるし、何よりこの本自体が非常に読みやすくて、ノウハウに説得力がある。

  • 著者は、早稲田大学卒業後、海外ビジネスに携わった後、数社の会社を経営し、現在ビジネスエッセイストとして活躍している。

    著書に「希望の星の光を見失うな」「本を読む人はなぜ人間的に成長するのか」「読書力」「自分を磨く読書術」等多数。

    本を書くことで良い方向に人生が変わったという著者。
    本を書くことで人生が豊かになっていく人がたくさんおり、多くの人にも体験してもらうために本書の発行の5年前に前作「いますぐ本を書こう!」を出版。

    その前作の説明が不十分である点や不要な情報を割愛し、基本的に全面書下ろしされたものが本書であり、活用により本を書く楽しさ・ノウハウを7つに分けて説明している。

    ①本を書くということ
    ②本を書くためにすること
    ③文章を書く
    ④何を書くのか
    ⑤文章を考える
    ⑥本の書き方
    ⑦本の書き方 上級編

    読書好きの誰もが一度は思ったことがあること
    「自分も本を書きたい!!」
    多かれ少なかれ私も考えたこともある。
    しかし、無理!!難しい!!と何度も諦めている。
    本書は本を書くことの楽しさ・利点・そして実際の出版までのノウハウを惜しげも無く紹介している。

    序章では本を書くことの3原則として
    ①意欲・向上心・志を持つ
    ②読書の継続
    ③自分の文章を磨き続ける
    を紹介しており、これを忘れずにいれば、すばらしい本が書けるという。
    確かに本書では、この3原則に色々な事柄が集約されている。
    多くの事を始めるのは困難ではあるものの、上記の3原則をを意識して継続することからはじめて行こうと思う。

    本書の大筋とははずれるものの、本文中にでてくる著者自身が体験した医療ミスについて書かれている章については著書には悪いが非常に面白く引き込まれてしまった。

    そんな楽しみがたくさん詰まった一冊。
    本を書こうと思った人には軽い気持ちで読める点も非常におすすめできる。

  • 本を書きたい!出版したいという人には読みやすくてイイ本だと思います♪


    人に読んでもらえる文章とは?
    なかなか日頃は接続詞などに気を使うこともないと思いますが、これ一つで文章の雰囲気が変わるものです。


    出版を考える人が読んでいて損はない一冊です☆

  • ネット書店で見かけて「本書きたい!」と思って衝動買いした本です。文章の書き方がドバっと書いてあります。まだ読んでない…。

  • 本を書きたいと思ったので読んでみた。本を書くためにどうすればいいか具体的な情報が書かれていて、いままで漠然と思い描いていたものがより具体的に思い描くことができ、参考になった。
    実際に本を書くのはまだ先でも、早めに意識しておいたほうがいいと思う。普段のものの見方や情報収集への意識とかも変わってくる。

    --
    ブログの文章の多くがいまいちなのは「覚悟」がない
    一冊の本はだいたい十四万字。
    毎日千字くらい書く。天声人語は六百字くらい。
    余白は無駄ではなく無言の言葉が詰まっている
    目の前のものを観察して文章で表現するとう練習
    第一稿はハートで書け。推敲は頭を使え。

  • ハイブロー武蔵さんの本は読んでいて、
    ヒジョーに気持ちがイイ!!

  • 心情的には5つ★
    ハイブロー武蔵さんの文章
    穏やかでありながら 熱意が伝わってくる
    感じがする

    本を読み始め
    本を書くということに気持ちが向いてきた自分
    本を書くと言うことの基本的な事 心構えのような事が
    書かれていた

  • 文章の書き方から、資料の集め方、編集者との関係、引用のしかたまでのっており大変便利。
    本を書きたいと思ったことがある方には迷わず進める1冊。

  • いつかは本を世に出してみたいものだ。<br>
    それにしても風景を言葉にして表現するとかって難しい。<br>
    <br>
    ○司馬遼太郎氏はなぜそれほどの人間になれたかを分析し、<br>
     それは体が弱くて病気ばかりしていたからではないかとし、<br>
     次のように述べています。<br>
     人間は、人なみでない部分をもつということは、すばらしいことなのである。<br>
     そのことが、ものを考えるバネになる。(P.55)<br>
     →良くも悪くも人と違うということが、その人の観点を作るのかな。<br>
      ここでいうバネとはそういうことだろうか?<br>
    <br>
    ○ふだんから語彙を増やしておいてふさわしい言葉を選ぶ訓練をすすめられます。(P.143)<br>
    <br>
    ○自分の心の奥からの声を見つけ、それを文章に乗せて伝えるには、<br>
     ある特定の人を想定し、それに向かって書くのがよいと思うのです。(P.151)<br>
    <br>
    ○平均30字、文章としてかなりやさしい。<br>
     平均40字、この文字数なら読みにくいといったことはない。<br>
     平均50字以上、ある程度読みにくくなる。<br>
     平均60字以上、読む人の努力を必要とする。(P.166)<br>
     →メールとかでも気をつけたい。<br>
    <br>
    ○吾輩は猫である。名前はまだない。<br>
     どこでうまれたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめしたころで・・・<br>
     (上記を評して)今もまったく、色あせぬリズムと強さを秘めています。(P.200)<br>

全15件中 1 - 15件を表示

新・いますぐ本を書こう!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新・いますぐ本を書こう!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・いますぐ本を書こう!はこんな本です

ツイートする