「捨てる」成功法則

  • 48人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (6)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 早川勝
  • 総合法令出版 (2010年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862802200

「捨てる」成功法則の感想・レビュー・書評

  • 主にマインド系の本。

    細かいことはほぼ書かれていなく科学的な根拠がある訳ではなかったけど、
    なにか納得出来る本だった。

  • 成功すら捨てる、するとさらなる成功が雪崩のように舞い込んでくるという話。次の成功が来てから捨てるのではなく、先に現状の成功をすてると次の成功が来るというのがこの世界の本質だそうだ。
    著者の体験談として読むには痛快。ただ、現状苦しんでいる人にとってこの成功体験談に入れ込んで読んだり実践したりできるのだろうか?という疑問が残る。この人ずっとスパイラルな成功を実現してきている人だから。

  • ポジティブに新しいことをどんどんやるといいよ。見たいなことを実例付きで詳細に書いてある本。
    人の悪口を言わないで、ひたすら褒めるようにするとか、意外と難易度高いけど出来たら素敵な人だなと思うのでそこからやってみようかと思う。

    楽天家で前向きな人には余り必要としない本だけれど、
    そうでない人は参考にしてもいいものがあると思う。

  • コストコに学ぶ倉庫管理術 - 貯めれば貯めるほど不安になる理由 - 読んだものまとめブログ http://t.co/6q9dmg0

  • 成功者が語る事は正しいことが多い、と思う。

  • 不幸になる口癖は捨てて、自分はラッキーだ、ツイてると言い続けること。
    悩みをチャンスととらえることで、悩みは解決。
    悩みが有る人には感謝の気持ちが足りない。
    100秒スピーチ感謝のグッド&ニュー。
    「せい病」を治すのはありがとうという感謝の言葉。
    自分を好きにならないと相手とも打ち解けられない。
    そのためには、相手を褒める(自分の潜在意識に聞かせる)
    相手が誰であろうと、対等以上の立場で
    相手のことを理解し、気配りをすることで
    軸を持ったお客様主義を。
    すべての出来事には意味が有る。
    ご縁は大切に適当に、妄想で頭をいっぱいにしておく。

  • 最近思うのは、変に10年以上仕事をしてきたせいか、自分が経験してきた中で培った考え方や作業の方法など、既に古くなっていたり、目の前の仕事にあっていなかったりするのにこだわっているなあ、と。モノだけでない「捨てる技術」を獲得する必要があるのかなあ。

全8件中 1 - 8件を表示

「捨てる」成功法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「捨てる」成功法則を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする