孫正義の流儀

  • 60人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (8)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 松本幸夫
  • 総合法令出版 (2011年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862802736

孫正義の流儀の感想・レビュー・書評

  • 【孫正義の基本的な考え方・行動原理が描かれた本】
    ・孫さんが19歳のときに立てた有名な「人生50ヵ年計画」
    ・慣性肝炎との闘病時代、1983年から約3年半の読書量は4000冊
    ・孫の二乗の兵法
    ・孫さんの信念・目指すところ

    孫さんの考え方の基本が描かれている。デジタルデバイスの基本ソフトであるOSをインストールするかのごとく、孫さんの考え方をインストールするのにぴったりな一冊。

  • 大切なのは自分を究める、自分の可能性を追求し、自分の物事に対しての反応、考え方などをじっと見つめてみる
    一生、常にどんなときにも不動の信念を持ち続ける
    知識は行動したときに本当の力になる
    行動は打算ではなくて志によって行なわれるべきもの

  • 他人の言うことを気にせず、信念を貫ける人にならなければならない。

  • <閲覧スタッフより>
    ソフトバンクグループの創業者、孫正義氏。「平成の龍馬」を目指す孫正義の1981年の創業以来30年間にわたる軌跡から、彼の言動の根拠となっている信念や経営理念についてやさしく解説しています。日本を代表する経営者の一人から学ぶことは多いはず!今後、社会に出た際の参考に一度読んでみてください。
    ------------------------------------------
    所在記号:694.6||ソン
    資料番号:20098860
    ------------------------------------------

  • 孫正義氏の人物伝。その仕事の流儀を著者が語る本。
    孫正義氏が孫子の兵法をバージョンアップさせソフトバンクの礎となっている話も。
    他の著者の書いた孫氏の人物伝と比べ新しいものはないが、理解は深められた。

  • この本を読んで「孫正義」がどのような人物なのかすごくわかった。彼の才能に読んでいて「すげぇ」と言葉がてた。

    「情報革命で人々を幸せにする」という正義の夢に向かって彼が起こす行動力がGoodだった

  • ソフトバンク孫正義氏の30年間の軌跡から彼の経営哲学や行動原理を解説。この本では孫氏と孫氏が心酔しているという坂本竜馬を重ね合わせて解説されている部分が多いが、彼が竜馬同様ものすごいスピード感を持って生きているということが分かった。やはり「竜馬がゆく」は一度読んでおかないとダメかな。

  • 人物研究をライフワークとする著者が、孫正義氏の30年を振り返り、同氏が成し得てきたことや、そこにある人生哲学を紐解く本。

    派手ではないがそこそこメディアにも顔を出す孫氏。 その容姿を見ると凄い切れ者という感触は受けないが、その行動力、判断力はやはり事をなすべき人であるといえる。 特に19歳で人生50年計画を作ったというから驚きである。

    今の孫氏を支えているのは熱心に続けてきた勉強にある。 孫子の兵法やランチェスター戦略を読み解き独自に経営哲学を編み出しているが非常に参考になる。 その内感銘を受けた考え方は、カンブリア宮殿でも紹介されていたが
    「勝算7割で勝負せよ」
    といもの。 勝率5割は博打。 勝率9割まで行くと遅すぎ。 考えて考え抜いてこれなら行けると思ったら7割で勝負をかけるというもの。 当然商売の中で当たり外れはあるが、決断をするときの基準があるというのはブレがなくて良い。

    そして一番のポイントが「信念」と「ビジョン」を持っていることである。
    19歳で作った50年計画を思いつくのもすごいが、その様な50年計画があり、裏付けがないものの出来るという信念があってこそ今の孫氏があると実感している。
    凡人は目先の損得でものを考えてしまうが、孫氏はしっかり将来を見据え、30年後、100年後のあるべき姿をイメージしつつ、今何をやるべきかを逆算して考えている。

    そこには
    「情報革命で人々を幸せにする」
    という明確なビジョンがあるからである。

    人任せではあるが孫氏のようなビジョンのある政治家がでないものか。

  • 孫さん素晴らしい方のようです。

  • スケールの本当に大きい方です。自分がいかに小さく、くだらない事にとらわれていたのよくわかった本でした。平成の龍馬を目指して自分も一度しかない人生を思う存分生きたいと思いました。

  • 経営者として人間としての孫正義評。孫子の兵法を元にした二乗の法則や今後の活動について本人の発言を交えたり坂本龍馬に擬えて語られている。決して悪い内容ではないが孫正義関連本では「志、高く」を超えるものは、なかなかない‥

全12件中 1 - 12件を表示

孫正義の流儀を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

孫正義の流儀を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

孫正義の流儀を本棚に「積読」で登録しているひと

孫正義の流儀のKindle版

ツイートする