頭のモヤモヤをスッキリさせる思考術

  • 30人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 早嶋聡史
  • 総合法令出版 (2012年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862803276

頭のモヤモヤをスッキリさせる思考術の感想・レビュー・書評

  • 考えては忘れての繰り返し→パソコンに記録しておく。→何をすべきかが整理される。

    ×時間がない→時間を作るために何をすべきか?
    退職する時までにその後のことを考えておく→×退職してから考える→惰性で生きていく。
    ○自分の生き方をワクワクしたものにする。
    ノット10→自分が9→相手が6,自分が5→相手が2,自分が1
    It is written. Nothing is written.
    腕時計の絵を描いてみる→全然違う。デザインは見ていない。時刻しか見ていない。

    既存の反対は新規→既存の市場を見ているか?
    守,破,離のプロセス
    視野を鍛えるために常に意識していること①知識,経験,考えが成果を達成するための行動に結びついているか②この行動は効果的に達成できるように工夫しているか③成果を明確にイメージして効率的に達成できるか。

    モヤモヤ(価格設定は?…)→多くの議論,全体が見えていない→多くのビジネス書を読んでいれば知っている知識。自分の事象と知識や理論が結びつかず,頭が整理できない。

    ビジネス=8割は理屈で表現するのが難しい。勘や経験。
    なんとなく成功→成功のメカニズムを解析→紙に書いて整理する。

    インテル アンディ・グローブ「only the paranoid survive」病的に心配性の人

    自分のやりたいことを見つける努力→×見つける努力をしないでフワフワ生きている。

    抽象を具現化する。
    計画→フィードバックする日をその中に決めておく→フィードバック時に感じたことを記録しておく→次に考えるときには整理される。
    目標設定SMART specific measurable attractive realistic time-bound
    大学院の卒業生のスピーチ→目的意識が強い人=ビジョンあり

    計画を立てることは成果を上げるための近道
    「知識は自分だけでなく,周囲を含めて一緒に実行することに意味がある。MBAホルダーは時として,このことを忘れる。」

    ムラ,ムリ,ムダの3M
    ムラ→仕事の忙しい時期,暇な時期→固定費を変動費にする。
    ムリ→しっかりすべきこと,すべきでないことを取捨選択
    ムダ→完璧を求めすぎない。
    時間が足りないと考える前に時間を管理することが必要

    同調効果

    人は知識があるほど学びやすい。多くの人が乗数効果で伸びる手前で学習をやめる。
    グーグルの出現→記憶することの価値は低下

    まずは整理→状況を正しく把握→ギャップを観察→紙に書いて整理→ギャップを埋める方法を考える→実際に行動→「なぜうまくいかいないのか?」を考える。

  • 優しい文章で読みやすいです、いろんなビジネスの基本用語や概念を説明付きで引用してくれるのも、悩めるOLにとっては、優しいなぁというかんじです。

    書いてあることは、明確な意志と目標を持って生きる人は、吸収力も良いし、強いよってこと。

    私は、去年ぐらいまで、それをできていたんだけど、今年あたりからなんだかんだあって、できなくなってしまっていました。
    それを取り戻すために、ちょっと後押ししてくれる本ではあったかな。

  • Bond先輩の新著。

全3件中 1 - 3件を表示

頭のモヤモヤをスッキリさせる思考術はこんな本です

頭のモヤモヤをスッキリさせる思考術のKindle版

ツイートする