黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語

  • 73人登録
  • 4.39評価
    • (11)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 吉田理宏
  • 総合法令出版 (2013年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862803887

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語の感想・レビュー・書評

  • 路線バスに興味のある人だけでなく、全ての経営者、そして現状の閉塞感を打開したいビジネスマンに読んでもらいたい一冊。倒産寸前の会社がどのように立ち直り、地方の一路線バス会社であった「十勝バス」が全国に名を轟かすことになるのか、その物語が非常に心を打つ名著。書籍の冒頭には「事実に基づくフィクション」と書かれているが、それがどうであれ、この書籍から学べることは非常に多く、感動すらさせられる。何度も読みたい一冊。ミュージカルの企画もあるということで、今後に期待したい。

  • 「十勝バス」再生のストーリー。日本ならではのボトムアップ型の雰囲気を作るための従業員との関係構築がポイントか。

  • メディアにもよく取り上げられるようになった十勝バスの再生物語。本でじっくり味わうことができる。

  • チェック項目3箇所。バス会社には当然、年間を通して休みはない、朝から晩まで走り続ける、人が少ないため、休みを頻繁にとるわけにはいかない、自ずと運転士の疲労は増す、どんなに頑張って運転しても、賃金は上がらない……。文吾のアドバイスや考え方はシンプルだ、「お客様の声を聞く」「小さくやる」「従業員を信じて任せる」主にこの3つだった。「バスに乗るのは手段であって目的ではない。しかしバス会社は、目的を提案しなくてはならない。行きたいところをつくる、紹介する。そこに行きやすくする。楽しい場所や美味しいお店に安く行けるようにする。十勝に住む人や、十勝に観光に来られる方に喜んでいただける存在になり、魅力的な十勝づくりに貢献するのが自分たちの役割なんだ」。

  • 請求番号:685.5/Yos
    資料ID:50075237
    図書館1階 学生選書コーナー

  • 仲間を信じることと認め合うことの大切さ。

  • TEAM NACS森崎博之主演ミュージカル『KACHI BUS』の原作。何事にも一生懸命やれば、努力すれば、動かせない岩はないと思った。環境をより良いものにするためには、自ら変わろうとすればいいんだということを学びました。

  • バス好きかつ十勝支部の高校野球に関心がある私にとって「三条高校」という記述に思わずニンマリ。頑張れ!十勝バス、頑張れ!帯広三条!!

  • 十勝バスの再生物語です。
    十勝バスとは、北海道帯広市に本社を置くバス会社です。この会社に限ったことではないですが、地方のバス会社は経営が厳しいところが多いです。自動車の普及でバス利用者が減り、そのため減便せざるを得なくってさらに利用者が減る、という悪循環のサイクルが続いています。 多くは「公共交通機関」として行政から補助金が出ていて、それで何とか存続しているのが実態なのですが、その補助金も一定以上の利用者がいなければ打ち切られてしまします。

    一応、僕も以前、ホテルや旅行という業界にいたので、バス業界とはかなりお付き合いさせていただきました。ある程度、内情は知っているつもりです。こう言ってはなんですが、札幌などのような大都市ならいざ知らず、帯広の十勝地方を中心をするバス会社が自力で再生を果たす、というのは並みの努力ではできないことだ、というのは簡単に予測がつきます。

    そんな中、十勝バスは、2011年、40年ぶりに「運送収入」で前年比プラスを達成しました。それがどうして可能だったのか、その理由がストーリー仕立てで書かれています。

    つづき⇒ http://amba.to/1lgjata

全9件中 1 - 9件を表示

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語に関連する談話室の質問

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語を本棚に「積読」で登録しているひと

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語の作品紹介

「倒産寸前だった会社」がたくさんの人に「愛される会社」に変わった!北海道で本当にあった、感動の物語。

黄色いバスの奇跡 十勝バスの再生物語はこんな本です

ツイートする