自分を変える 睡眠のルール

  • 41人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 千田琢哉
  • 総合法令出版 (2016年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862805164

自分を変える 睡眠のルールの感想・レビュー・書評

  • この著者は相変わらず断定口調の書き方でちょっと押しつけっぽいところもあるけどわかりやすい。

    睡眠に関してもこの本で書かれていることをそのまま実践するぐらいじゃないと、生活習慣を変えるというのは難しいのかもしれませんね。

  • ひたすらの睡眠礼賛。何を置いても睡眠第一。
    睡眠の効果効能の絶大さが繰り返し説かれるが、科学的根拠は示されず、何だか宗教のお説教のよう。
    著者の口の悪い表現も交じっているので、あまり気持ちよくは読めなかった。
    まあ、睡眠の大切さには同意するので、休み前くらいは目覚まし時計をセットせず、早寝の習慣は意識したい。
    17-23

  • ・睡眠第1優先
    →いかにがんばらずに結果を残すか、そういう分野は何か?
    ・環境を作る
     早く寝る、目覚ましを排除、パターン
    ・寝れない、まだ起きてやることがある。

  • 睡眠不足の人に読んでもらいたいが、そういう人は読んでくれないんだろうなぁ。「熟睡した人と、寝不足の人は話が噛み合わない」

  • 参考になった文章もあった。が、正直、それって「あなたの感想ですよね?」と
    言いたくなるような結構トンデモな内容も。ただ、睡眠の大事さは伝わった。

  • 睡眠の重要性について改めて考えさせられた本。
    自分の睡眠パターンに合わせた仕事が見つかれば、最高な生活、人生になるだろうな…。実際にはなかなか見つからないが、睡眠サイクルに合わせた仕事に巡り合えたら最高だと思う。
    睡眠に悩んでいる方に、サクッと読める本なのでいいと思う。

  • 睡眠に関して今ものすごく興味があるので!

    7〜8時間睡眠が人にはいいそうですが、仕事があるときは5.6時間、ないと12時間とか寝てしまう…ロングスリーパーなのだろうか。

    翌朝起きれずに仕事サボるのは結構やってきたので(そしてそれが許される会社ではなかったのでクビになる)うまくやれる方法か、もう独立だなと思ってます♪( ´▽`)
    休んでも罪悪感持つ必要はないんだなというのが一番救われました。

  • 【なぜ、睡眠は最重要なのか】

    負のスパイラル
    睡眠不足
    ⬇︎
    脳が働かない
    ⬇︎
    成果が下がる
    ⬇︎
    残業等、時間が延びる
    ⬇︎
    就寝が遅くなる
    ⬇︎
    寝不足

    楽のスパイラル
    睡眠たっぷり
    ⬇︎
    脳がフル稼働
    ⬇︎
    短い時間でより高い成果を出す
    ⬇︎
    残業なし、時間ができて勉強できる
    ⬇︎
    早く寝れる
    ⬇︎
    全回復

    余った時間で睡眠をとるのでなく、
    睡眠を根幹に置く。

    一番面白かった箇所

    「私の先輩には昼間から堂々とサウナで熟睡している豪傑もいた。
    そして彼は、部署トップの成績の常連だった。」

    「最初の保険会社では、入社2年目には週休5日にすることに成功した。
    これは週休5日にしても、誰からも文句を言われない環境を構築したということだ。」

全8件中 1 - 8件を表示

千田琢哉の作品一覧

千田琢哉の作品ランキング・新刊情報

自分を変える 睡眠のルールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分を変える 睡眠のルールはこんな本です

ツイートする