歴史を冒険するために―歴史と歴史学をめぐる講義

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中谷功治
  • 関西学院大学出版会 (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862830340

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

歴史を冒険するために―歴史と歴史学をめぐる講義の感想・レビュー・書評

  • 歴史を学ぶことを「冒険」に喩えて、「歴史とは何か」「歴史学は役に立つのか」といった歴史学を学ぶ上での根源的な問題を考察し、「冒険」の羅針盤となることを意図した本。講義形式で書かれており、読みやすい。歴史を学ぶ出発点は過去の人間や出来事への共感プラス現代からの問いかけであるといったことなど、本書で示される歴史や歴史学についての考え方は、歴史学を学んでいた者として概ね納得できるものだった。ただ、歴史学の有用性や歴史学と科学とのかかわりの議論については、個人的にもやもやが残った。また、本書の議論全体を通して、筆者の迷いのようなものも感じられ、読んだ後にあまり議論としてすっきりしない印象も持った。各章ごとのコラムで毎回本文の内容について現役高校教師であるコメンテーターの意見を載せるという試みは面白いと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

歴史を冒険するために―歴史と歴史学をめぐる講義を本棚に「積読」で登録しているひと

歴史を冒険するために―歴史と歴史学をめぐる講義の作品紹介

歴史とは何か?歴史を学ぶことの意味は?歴史家はどんな仕事をするのか?歴史の世界を冒険しよう。

歴史を冒険するために―歴史と歴史学をめぐる講義はこんな本です

ツイートする