罪人は蜜に濡れて (アルルノベルス)

  • 17人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 橘かおる
制作 : しおべり 由生 
  • ワンツーマガジン社 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862960153

罪人は蜜に濡れて (アルルノベルス)の感想・レビュー・書評

  • 警視庁キャリアで白皙の美貌の天城耀は、武内組組長・将勝に拉致監禁される。
    事件の捜査中事故死した少年が武内の腹違いの弟だったのだ。
    憎しみの炎を燃やす武内を前に、責任を痛感する天城は身体を差し出す事での贖罪を葛藤の未受け入れた。
    繰り返される陵辱に天城は艶声を零し始める。
    その麗姿に囚われた武内は、償いではなく、心から求めて欲しいと望む自分に絶望する。
    敵同士の二人は情が生まれることを恐れたのだ。
    天城もまた情を振り払う為、武内を逆上させるが…。

  • 甘々でストーリー的には大好物だったけど、なんか足りない。終わらせ方が簡単というかなんか足りなかったので★3

  • エロに力が入ってます。ヤクザ×警視庁キャリア。ヤクザに拉致監禁された受けですが、贖罪で身体を差し出しちゃいます。ラストは妙に甘々です。

全2件中 1 - 2件を表示

罪人は蜜に濡れて (アルルノベルス)のKindle版

ツイートする