怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)

  • 51人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 綜合図書 (2014年2月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862981202

怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)の感想・レビュー・書評

  • 請求記号:723/Ko95
    選書コメント:
    絵画は美しいだけじゃない!
    (美術部)

  • チョッと知りたい人向けかな?

    綜合図書のPR
    http://www.tg-net.co.jp/item/4862981208.html?isAZ=true
    Amazonに掲載されているPR、サンプル画像も有り。
    「恐ろしくも美しい絵画の背景には、いったい何があるのか……。
    豊富なビジュアル資料を通じて、西洋絵画の裏に隠された“死"と“エロス"を解き明かす!

    【CONTENTS】
    <第1部 天使と悪魔/天国と地獄>
    神の御使い天使 人間を誘惑する悪魔
    啓示と祝福の天使
    守護と裁きの天使
    人間を誘惑し、地獄の苦しみへと誘う悪魔
    悪魔を統べる地獄の王サタン
    千年王国の終わりを告げる最後の審判
    洗礼を受け神に祝福された者のみがたどり着ける天国
    業火と硫黄の煙る、罪人の行き着く先地獄
    鬼才ヒエロニムス・ボスが描く「快楽の園」

    <第2部 画家を魅了した魔性の美女>
    イヴ 魔性の女性のモチーフは、イヴから始まった
    サロメ 怪しげに舞う少女は聖者の首を求めてやまない永遠の妖女サロメ
    ダナエ 画家たちを魅了した裸体 美と誘惑の象徴ダナエ
    ユディト 血塗られた英雄ユディトの魔性
    マグダラのマリア キリストに愛された聖女・悪霊に魅入られた罪深き娼婦
    クレオパトラ 美の代名詞クレオパトラの数奇な運命を描く名画たち
    マリー・アントワネット 波乱の人生を物語る肖像画
    ジャンヌ・ダルク 神の使いから一転、魔女、そして聖女となった
    魔女 絵画に残された悪魔と契約を交わす恐るべき存在
    異端審問 異端の名を冠せられ処刑された人々
    悪魔崇拝 魔女と悪魔。絵画に残るその神秘にして怪しい関係
    パオロとフランチェスカ物語/トリスタンとイゾルデ物語/オルフェウス物語
    ダヴィデ物語/聖セバスティアヌス物語

    <第3部 異彩を放つ画家の光と影>
    カラヴァッジョ 光と闇のバロック 罪深き天才
    ゴヤ ゴヤはなぜ暗黒のイメージを描き続けたのか
    ドラクロワ ロマン主義の先駆者であり異端児ドラクロワの生涯
    レンブラント 光の魔術師レンブラントの栄光と失意の日々
    エル・グレコ スペイン絵画の巨匠エル・グレコ その流転の人生
    モロー 象徴主義の巨匠モローが心の奥底に秘めたもの 」

  • 表紙に惹かれ、中の絵も面白そうだったため購入
    途中でクレオパトラを取り上げたりしていた意図はよくわからなかったが、全体的に面白く読めた
    個人的にはもう少し的を絞って、個々の作品や人物、背景についての詳しい記述をして欲しかったかな

全5件中 1 - 5件を表示

怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)を本棚に「積読」で登録しているひと

怖くて美しい世界の名画 (綜合ムック)はこんな本です

ツイートする