欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 木村正人
  • ウェッジ (2017年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863101746

欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • webでもよく欧州情勢のコラムを書いているジャーナリスト木村正人の著。Brexitで決定的になったEU崩壊のシナリオを検討している。結局は、持つ者(資本家、ドイツを筆頭とする金貸し国家、一部のホワイトカラー) vs. 持たざる者(労働者、ギリシャに代表される借金国家、プアホワイト&ブルーカラー)の構図が顕在化しただけのこと。EUというシステムが限界ということ。

    ポイントは持つ者には持たざる者の本質は理解できないということ。逆も然りだが、経済的な強者と弱者なので、持つ者が理解できないことの方が問題が大きくなる。経済的に持つ者が理想と思えるシステムは、皆が経済的に豊かになる幻想を抱かせつつ、持たざる者から搾取することになる。はたらかない奴が悪いのではなく、はたらくことこそ正義とする人間が自分の正義を押し付けた結果、はたらかない人間が不幸になっている。元々は働かなくてもうまくやれていたのに・・・

    ギリシャの事例は分かりやすい。散々、旧西側諸国が安い労働力としてギリシャを酷使、搾取した挙句に、相互扶助は限界として緊縮財政を強いる。まさに持つ者の理論。

  • まあまあかな 今後のEU展開はどうか?

全2件中 1 - 2件を表示

木村正人の作品

欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃の作品紹介

押し寄せる難民、流れ込む武器、多発するテロ。政府筋、金融シティから難民テントまで。在英ジャーナリストが徹底ルポ!Brexit(英EU離脱)を機に露見した、沈みゆく欧州の姿とは。

欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃はこんな本です

欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃のKindle版

ツイートする