クロアチアの碧い海 (私のとっておき)

  • 62人登録
  • 3.75評価
    • (4)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 大桑千花
  • 産業編集センター (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110045

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉田 修一
菅野 美穂
湊 かなえ
水谷 さるころ
三浦 しをん
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クロアチアー!行きたくなったじゃんかー!!

    綺麗な海の中にあるクロアチア
    歴史が今も街とともに生きているクロアチア
    自然とともに暮らす太陽のクロアチア

    クロアチアってどこ?レベルだったのですが、本当に魅力的な国なんだなと感じました。

    うらやましい。美しい自然と残された歴史の織りなす世界が。

  • アドリア海→紅の豚→紅の豚を見ながらこの本を見たい…

    という欲望に負けて買いました。旅したい。

  •  今、旅好きの人たちが注目しているクロアチア。ヨーロッパにもまだこんな穴場があったんだ、という驚きを与えてくれる国です。旧ユーゴスラビアから独立後、内線が勃発したこともあり、長い間旅行できる状況ではありませんでしたが、ここ数年は政情も落ち着き、国も観光に力を入れた結果、日本から訪れる人も年々増えています。クロアチアには歴史的な遺産も多いのですが、この本で紹介されているのは、もっぱら美しい自然や街並み、おすすめのカフェ、雑貨、人々の表情など。暮らすように旅をしたい人にもおすすめです。まるで写真集のように美しい写真が多く、「行ってみたいな…」という旅情がつのります。

  • クロアチアの写真がステキ
    自分も行って、自分の目で確かめたくなる
    クロアチアに行くのが楽しみになる1冊
    紅の豚に出て来る、アドリア海と世界遺産のドブロブニク・・・
    その色彩に驚いてみたい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
    2011/1

  • 写真がすごくキレイ!いままで馴染みのない国だったけど、行ってみたくなりました。

  • 表紙もそうだけど、写真がとても綺麗でした。
    眺めてるだけで幸せ~(*´∀`)で、文章はあまり覚えていません(ノvノ)
    ドブロヴニクだけじゃなくて首都のザグレブや世界遺産のプリトヴィツェ湖群国立公園とかクロアチアの魅力がたくさんつまっていました。

  • クロアチア、と聞くと、スタジオジブリのアニメ『魔女の宅急便』のモデルとなった場所、とか、<アドリア海の真珠>という比喩が思い浮かぶ。でも、それだけ。
    日本ではメジャーな国の五指には入るであろうイタリアのすぐ近くにありながらもあまり知られていない小さな国の魅力を、青の鮮やかな写真と読みやすい文章で綴った一冊だ。
    ドブロヴニクという有名な観光地しか知らなかったけれど、どの町も本当に美しく、かつ、観光地ズレしきっていない感じが伝わってきてとても魅力的だ。
    ザグレブのアイスクリームがおいしそう、プリトヴィツェの散策が気持ちよさそう、そしてアドリア海に浮かぶ島々でのバケーションはなんて楽しそう!

  • プリトヴィツェの写真とか、もう見てるだけで心はクロアチア。ステキすぎる…。。

  • 写真がとにかくステキです。
    クロアチアの本ってまだあんまりないのでコレ、良いです。webもあり。
    行くの楽しみになってきた!

  • ますますクロアチアに行ってみたくなりました。

全11件中 1 - 10件を表示

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)を本棚に「積読」で登録しているひと

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)の作品紹介

おすすめのカフェやソーベ、雑貨、スポットを紹介しながら、鮮やかな写真と文章で贈るクロアチア案内。"アドリア海の真珠"ドブロヴニクや"真夏の夢の街"スプリットの他、サモボア、イストラなど北部の情報も掲載。Enjoy Croatia。

クロアチアの碧い海 (私のとっておき)はこんな本です

ツイートする