欲ばりワードローブ

  • 335人登録
  • 3.73評価
    • (20)
    • (50)
    • (36)
    • (7)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 進藤やす子
  • 産業編集センター (2010年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110496

欲ばりワードローブの感想・レビュー・書評

  • 服や小物、私はついつい安物ばかりに目が行ってしまう。長い目で見たら高くても質の良いものがいいとは頭ではわかっているのだけど。

  • 2013 05 08

    かわいいイラストいっぱい
    見ているとわくわくする

  • この人のイラストって、とっても表情が豊かで可愛い。
    こんな女子(女性じゃなく、女子!)になりたいなあって
    思わせる。
    ファッションも参考になる。
    そして、学生の頃『McSister』を読んでいたところが一緒で
    とても嬉しい。

  • 進藤やす子さんの本を一気読みするぞ祭り第二段。

  • 著者のこだわりいっぱいのワードローブや小物使いが紹介された、眺めるのが楽しい1冊。オシャレをめいっぱい楽しんでいる。
    後半はスヌーピー愛が詰まっている(笑)

  • 読みながら思ったのは物が多い。

    おしゃれするとこんなに物が必要なのか、、?



    でも可愛いし、真似できそうだし、素敵な本ではあるよ!

    本当にワードロープを紹介した本という感じ。

    個人的には着まわしのページがもう少し欲しかったかな、どんなふうになのか知りたかった。

    でもね、この本で言われている普通女子はレベルが高すぎるよ!!!!!

    私のようなお腹ぽっこり星人は対象外だよ!!!!

    普通女子というか、細見女子向けの本だと思うな。


    お洒落の参考にはなるので新しくファンションを考え直す場合にはお勧め

    絵も可愛いので眺めるだけでも楽しいかもしれません。

  • 実際に買うのとはまた別の話だが、色々な洋服があってわくわくする。自分の買い物の参考にはあまりならなそう。

  • 「ミーハークローゼット」が気に入ったので
    こちらも手に取ってみた。

    期待通りで満足。

    このカラフルでかわいいイラストがツボ。

    他の本も読みたい。

  • この手の本を読むと無性に買い物に行きたくなります。

  • 色彩がきれいな組み合わせが多かった。
    バックとか靴とかの小物合わせもあって、見ているだけでたのしめた。

  • 参考になるかは別として絵が細かくて可愛い。あと買い物行きたくなるなー

  • おしゃれ心が上がる。おしゃれに情熱とお金をかけてる人なんだなと思う。見てて楽しいけど、アイテムは高価な物が多いので、実際に取り入れるのは無理っぽい。あくまでも気持ちを上げる為に見る。

  • 120525*読了
    ナチュラルテイストで、おおたうにさんとはまた違ったファッションイラスト。
    絵で表現できるってステキ。

  • 著者が「こんな服を買ってきた」というイラストおしゃれコーディネート本。漫画ではないけど漫画調なので読みやすい。自己満足系と言ってしまえばそれまでだけど、「好き!」という気持ちが溢れているのと、イラストがわりと好みなので、私は好きです。
    自分のお洒落をしっかり持っている人には必要ないかもしれないけど、私はそれほどでもないので、柄や色合わせ、いろんな小物やほどよい着崩し方などを楽しめました。体型も好みも人それぞれだけど、お洒落を楽しんでいる人の選び方というのはやはり参考になります。
    すごく頷いたのは赤のバッグ。これは意外と派手ではなく、差し色にもなって全体が引き締まるので、形や素材を変えて複数あってよし!

    にしても、この人がすごく買ってるのか、私が買わなさ過ぎるのか…両方か。

  • 読みやすい、おもしろい、かわいい!!
    出てくるのはわりとハイブランドが多くそのまま真似っことはいかないですが、すんごい参考になりました。
    こういう服はこう着るべきなのよ~フフンみたいな押し付けがましさがなくて、フツーの人目線なのがお気に入りです。
    そしてなにより絵がかわいくて文章もかるーくて読みやすいのが良い(^^)

  • 年齢的に「それなりにいいもの」を持たなければとは思う
    手始めに・・・
    バレンシアガもクロエもみんな持ってるからな・・・
    それなりに良いもの~でぱっと思い浮かぶのがこの二つ
    というくらい世の女子に蔓延というか浸透している
    シャネルはちょっとひかれる
    避けてきた赤は差し色なら うなずける
    もう、安可愛世代ではないな
    しまむら ユニクロじゃね・・・とほほ
    小物にハイブランドを取り入れるべき
    ゴヤール様はイラストを見たら白のサンルイ欲しいかも☆
    なーんて思ってネットで実物見たら・・・び、微妙じゃない?
    あの柄わたし苦手だな
    イラストは可愛いのに 不思議

  • 人気イラストレーター・進藤やす子さんのおしゃれをめぐるイラストエッセイ。「普通の女の子がかわいく見える服が好き」という進藤先生の着こなし術は現実的でとても参考になる。

    上から目線のおしゃれ指南本ではなく、友達のおしゃべりを聞いているような感覚で、「わたしもこれ持ってる!」「このコーデかわいい!」と共感しながら読めるのが楽しい。

  • お買いものしたくなる。赤い鞄が欲しいなぁ。

  • 文句無しで好きなイラストレーターさんなんです。
    そんな進藤さんのお買いものとファッションの記録。
    「普通の体型の自分が少しでもきれいに見える服」に納得。
    自分のファッションラインの参考にもしようと思います。
    イラスト描きの資料としても。

  • やっぱりそれなりに大人になったらハイブランドも持たないとダメだね…。
    バレンシアガ欲しいな。

  • 連載していたMOREのエッセイ漫画が面白くて好きになったひと。

    それにしても、洋服たくさん買ってるひとって貯金してないの!?
    儲かるお仕事しているの!?
    おしゃれ云々よりお財布事情が気になってしまう…。

  • フルカラーが豪華~♪
    読んだら女の子モードが全開になります(笑)
    おしゃれ参考になる事がいーっぱい。
    自分が買い物するエリアが作者様の行動エリアとまるかぶりだったので、
    今度注意していろんなブランドみてみよう★

  • イラストレータ界のオシャレ番長のようです〜見てるとワクワクするのは、やはりイラストで上手に表現されているからでしょうか。ワタシはファッション雑誌よりイラストで解説入りのファッション指南の方が好き!自分でもシーズンごとにワードローブをチェックし、足りない物は買い物リストに絵入りでメモ。楽しい一時です!ただ、ワタシは少数精鋭主義ですので、著者のようにオシャレ番長にはなれないけどね…wワタシには若向けだったり、流行を追い過ぎてたり、高くて手のでないものなど、全く参考にはならないんですが、ワタシの買い物メモ帳の参考にはなるのです!でも普通の人ならめちゃ参考になって楽しいかもなぁ。
    著者のワードローブをアイテムやテイスト分けしてイラスト解説されています。女の子も親しみやすく、かつオシャレ感はある。親近感◎

  • きれいな絵、楽しげな雰囲気に惹かれて購入.
    「せっせと働き,せっせと買い物」(うろ覚え)というコピーも良かった。
    とても楽しませてもらいました。随所にまねできそうな小技があってぜひ実践してみたい。ただ、掲載されているものは購入できそうにないな。派手気味(アニマルプリント、スパンコール、メタアリック)なので地味目な自分にはハードルが高い。あと、お値段も・・・。小技を使わせていただきます。

全31件中 1 - 25件を表示

欲ばりワードローブを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

欲ばりワードローブを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする