写真対話集 問いかける風景

  • 30人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 丸田祥三
  • 産業編集センター (2012年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110663

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
重松 清
重松 清
有効な右矢印 無効な右矢印

写真対話集 問いかける風景の感想・レビュー・書評

  •  1960年代生まれの著者が同世代の重松清とともに、撮りためた写真を見ながらこれまでの時代を回想する、写真を媒介とした対話集。
     著者は廃墟をはじめとして、打ち棄てられたものを撮り続けている写真家なのだが、本書にもそうした写真がいくつか収められている。地震や天災、あるいは政策などにより、「何度も何度も上書き更新されてきた」風景が強いコントラストで写し取られており、独特の印象を残す。
     「未来章」と名付けられた最終章。ここには3.11以後の風景が佇んでいる。この未来のために、過去が存在したのかと問いかけるように。

  • 何でだろ あとがき読んで涙が出た

  • 『廃道 棄てられし道』に続く、丸田さんの三部作第2弾!!時代順に並べられた新旧、カラーモノクロ共に凄い丸田写真!!三部作全体を担当した祖父江慎氏のデザインワーク(見返しの紙を見ただけでも「これはなんじゃい?」と思うことしきり。祖父江氏によると、これは包装紙の一種で本に使用した例は本邦初とのこと!)も凄い!今回は、四六判というサイズ、そして作家・重松清氏の参加ということで、より“文学性”の強い単行本となっており、写真だけではなく同世代のお二人による「対話」も相当な凄味を持って迫る(『日本風景論』をご覧になった方には「本書は3.11以降の日本風景論でもあるっ!!」という伝え方もできますっ!!)。これを読むと、改めて丸田祥三は、60年代生まれ以降にあって、希有なる「知の巨人」であると、僕は思ってしまうのだ。

全3件中 1 - 3件を表示

写真対話集 問いかける風景の作品紹介

写真と対話。60年代生まれの2人が織り成す「時代」の記憶。

写真対話集 問いかける風景はこんな本です

ツイートする