東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本

  • 72人登録
  • 3.15評価
    • (2)
    • (3)
    • (12)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 太田友嗣
  • 産業編集センター (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110878

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
J・モーティマー...
池井戸 潤
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本の感想・レビュー・書評

  • あほらし
    でも
    愉快
    私もスカイツリーの下へ行ったらやるね きっと
    写真だけでなく何やら考察しているのもアホらしくていいな
    ≪ ああ日本 平和ボケだな 歳問わず ≫

  • この被写体「東京スカイツリーを撮影している人」を見出したことが、この写真集の最大の功績です。
    自分の姿をこの写真集に中に見つけて驚く人もいるのかな。自分が撮られていてもおかしくないな、と思う人はゴマンといることでしょう。
    そういう意味では他人ごとでない写真集です。

  • スカイツリーの全景を至近距離からカメラや携帯に収めようとするばかりに、すごいことになっている人々。
    皆さん幸せそうなのが、とってもいい。
    できれば、そうして苦労して撮った素人さん達の作品を(出来不出来は気にしないので)同時に見せてもらいたかったな。
    こんなに楽しそうに撮っているのだから、たとえスカイツリーのてっぺんが欠けてたとしても、スカイツリーと一緒に写り込んでいる家族や友達はきっと素敵な笑顔に違いない。

    私自身はスカイツリーがやや小さく見えるような地域に住んでいるので、いつでも行けると思うと、いまだ近くに行ったことがない。
    関係ないけど、30年来の友人が岩手県出身なのにわんこそばを食べたことがない、ということを最近初めて聞いた。
    いつでも近くにある名所・名物ってそんなもんだと思う。

  • 東京スカイツリーをテーマにしているのだが、スカイツリー自体がどこにも出てこないという奇跡のような写真集。今やスカイツリーと同じくらい名物になっているのが、ツリーの全体像をカメラに収めようと格闘している人たちである。本書は、そんな人々による「決定的瞬間の決定的瞬間」ばかりを集めた一冊。

    全132枚の写真とともに収められているのは、編集の妙である。各々の写真には撮影者のプロフィール(名前、年齢、住まい、職業など)、「アグレッシブ度」や「紳士淑女度」を表すレーダーチャートなど、どう役立てたらいいのか全く分からない情報が満載。この無味乾燥にも思える情報が、30人を過ぎたあたりから「へぇ〜 50代のサクラさんは、小物作りが趣味なんだぁ」などと、楽しめるようになってくるから不思議だ。

    また、撮影者のカテゴライズも、状況別に「男子シングルス」「女子シングルス」「ダブルス」といった具合に、きめ細かく分類されている。ちなみに表紙で使用されているラインダンスのような一枚は「団体戦」にカテゴライズされているもの。この写真を見て「日本は平和だな」などと舌鼓を打った後には、「外国人枠」のパートが用意されているなど、随所に如才ない。

    さらに、この撮影者たちの行動を解明しようと目論んだ、臨床心理士や押上整骨院院長へのインタビューも見逃せないだろう。

    ”日本人はウチとソトとを区別する傾向が強いです。撮影者にとって、スカイツリーの他の撮影者や通行人はソトの人に過ぎず、自分のどんな姿を見せようとも気にならない。つまり「旅の恥は書き捨て」的な心理が働きます”(臨床心理士・矢幡洋先生)

    などのやり取りは、まだ分かるのだが、

    ”筆者:では、「首が痛い」とか「腰をひねりすぎて」(来院される)という方は………
    院長:っていう方は…… 今のところはいらっしゃらないですねぇ。”

    といったやり取りには、もはや確信犯すら感じさせる。本書ではこの他にも「周辺の気になる純喫茶を訪ねて」「こんなカメラマンは困る」など読み応えのあるコラムが盛り沢山だ。

    一見ふざけているようでありながらも、東京スカイツリーがいかに大きいか、そしてどれだけ多くの人に幸せを届けているかという魅力を余すことなく伝え切っている点は、見事だと思う。外側からモノを語るとはこういうことかと、感心しきりの一冊。

    次回作では是非、『東京スカイツリーを撮影している人を撮影している人を撮影している人…』などの深みにハマっていただくことを、切に願う次第。

  • くだらん〜〜笑
    ほほえましい。

  • 本屋で立ち読み。
    表紙のおばあちゃん達の写真がほんとに愛らしい。この本の中で一番良い写真だった。頑張ってんなおばあちゃん(笑)
    本棚と財布に余裕があったら欲しかった。寝て撮ってる人、意外と多いのね。あの辺り地面綺麗にしてるからかな。撮る側は皆必死なのに、モデル側がそっぽ向いたりしてる辺り、たぶんこのペアは撮るのに時間かかってんだろーなーとか、色々垣間見えますね(笑)
    でも、スカイツリーに何度か行った経験者として言うなら、たぶん手を斜め下に伸ばしての自撮りが一番綺麗に撮れます(笑)

  • 表紙に惹かれて、他にどんな面白いものが見られるかワクワク。たくさん写真が載っていましたが、表紙の写真が最高でした。
    というわけで、もったいない1冊かな。
    2014/7/19読了

  • 本屋さんで立ち読み。
    思わずぷぷぷって笑っちゃったよね。

  • 平和だ!とにかく必死だ!寝転がって撮る人、カエルポーズ、変身ポーズ、土下座ポーズで撮る人いろいろいて面白い。スカイツリーにはあまり興味無いけど撮影する人を見に行くのもいいかも(笑)
    集団心理学では「感染」らしい。

  • 誰かのために、懸命に撮影する姿に心打たれる反面、こぞって地面に寝っ転がって写真を撮る姿に、そこまでしなくても…と思ってしまう。心理学的見地からみると、十分あり得ることらしいけど、それにしても…。

    でも、スカイツリーにでも行かない限り、あんな格好で写真を撮ることなんてないだろうから、きっといろんなことをひっくるめて思い出になるんだろうな。

全10件中 1 - 10件を表示

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本を本棚に「積読」で登録しているひと

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本の作品紹介

「東京スカイツリーを撮る人」国内外総勢132人。

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本はこんな本です

東京スカイツリーを撮影している人を撮影した本のKindle版

ツイートする