フクロウからのプロポーズ

  • 81人登録
  • 4.10評価
    • (12)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : 野の水生 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2011年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863131019

フクロウからのプロポーズの感想・レビュー・書評

  • 生まれつき野生では生きていけないメンフクロウの雛を引き取った著者が、フクロウと共に暮らした19年間を綴った記録です。
    生物学を専攻し、カリフォルニア工科大学のフクロウ研究チームに在籍していたこともある著者なので、フクロウを観察する眼は抜群です。
    しかし、本書のすてきなところは、研究者としての眼だけでなく、愛するものを見つめる温かい眼差しも感じられるところでしょう。

    フクロウは生涯にたった1羽のパートナーとつがい、パートナーが死ぬと後を追うようにもう1羽も数日のうちに死んでしまうことがあるのだとか。
    ウェズリーと名付けられたメンフクロウは、著者を母であり、生涯の伴侶であると認めていたようです。
    クローゼットの中やトイレの後ろを愛の巣とみなし、著者に向かって求愛コールをするウェズリーの姿を想像すると、ついつい笑ってしまいます。
    エピソードの1つ1つから、著者とウェズリーの絆の強さが感じられました。

    また、生後すぐに人間と暮らしはじめたために、他のフクロウを知らないウェズリーの行動には驚かされます。
    水浴びでは飽き足らず、湯船やトイレにまでダイブしたウェズリーですが、これは野生のメンフクロウでは考えられない行動なのだそう。(メンフクロウの羽は水をはじかないので、水に濡れると重くて身動きができなくなってしまうとのことです。)
    著者が歯磨きをしようとすると、真似して歯ブラシをくちばしでつまんでみたりするなど、ものまねも上手だったようです。

    生き物と暮らすことの喜び。
    そしてその喜びが、生き物と本気で向き合ったからこそ味わえるものであること。
    その両方を教えてくれた1冊です。

  • 保護したメンフクロウとの19年に渡る生活を綴った物語。

    一般的にフクロウというと、森で静かに無く印象しかないが、この物語を通してフクロウ(特にメンフクロウ)が非常に感情・表情が豊かで知能もある動物であることが分かる。 鳴き声、目付きなど、犬猫と同様一緒に暮らしてみてこそ読み取れるようだ。 主人公(著者)のメンフクロウに対する大きな愛情も行間から伝わってくるし、それに応えているメンフクロウの姿も手に取るように分かる。

    実は、我が家にもメンフクロウが居る。 ペットとしてフクロウを買う前の勉強として本書を手にとった。 専門書とは異なり実体験なだけに、フクロウの飼育方法の一般論とするには特殊すぎるのかもしれないが、フクロウを自分の家族として受け入れ付き合う方法が垣間見れた。 飼う前に半分ぐらい読んでいてそのまま放置していたのだが、フクロウを飼い始めて4ヶ月経った今、あらためて読み返してみると、主人公とメンフクロウのウェズリーがその場に居るかのように身近に感じられた。
    特にウェズリーが寿命を全うするシーンは、まるで自分のフクロウがそうなったかの様に非常に切なく悲しい思いに包まれた。

    動物との生活を描いた本だけに、ストーリー的に大きな起伏が有るわけではないが、メンフクロウという動物の(一般的には)知られざる魅力やほのぼのとしたエピソードが満載で、楽しく読める一冊ではある。

  • 7月新着
    フクロウの名前はウェズリー。著者は動物ものを読むときに、結末を先にのぞいて、心の準備をするという。だからわざわざ331ページに「ウェズリーの最期を知りたくないという方は、ここで本を閉じてほしい」と書いていて、それだけで心の準備をしなきゃならなかった。生後数日の写真が掲載されているから、まさしく「鳥の一生」です。

  • 本当に奇跡の19年というのにふさわしいすばらしい話でした
    フクロウを飼ってみたいと思ったこともあるけれども
    半端な気持ちでは絶対に無理だなあ
    WESLEY THE OWL
    http://www.wesleytheowl.com/

  • 生物学を選考した著者が、自ら育てたメンフクロウの育てる。その中で得られたメンフクロウの習性や、人間とフクロウとの心のつながりについて綴られている。
    残念なのは、著者の表現が科学的に正しいのかな? と思える部分が含まれていること(訳注されています)。1カ所、そのような部分があると、他の内容も「本当なの?」と気になってしまい、集中できませんでした。気にしなくてもいいのかもしれないけれど。

  • 非常に面白いです。話の展開も非常に興味深いし、フクロウに大して知恵がつくだけの本じゃない。
    ときどき笑ったり、なごんだり、びっくりしたり……最後はずっとずびずび泣きながら読みました。

    人間じゃないものと心を通わせるっていうことは、この本だと、努力さえすればできるみたいな感じだけどそれはステイシーさんが本当に、絶えずずっと歩みより続けていた結果であって、本当は凄く凄く大変なことなんだろうと思った。
    だからこそ彼女は尊い。

  • この人も難病にいま悩んでる人。ここまで、ある一つの生き物と心をつなぎ合わせられるのは本当にすごいなと思った。動物好きだからなせることでもあるけれど、芯のつよい素敵な女性。子育てをする上でもいろいろと考えさせられる所が多かった。

  • 自然に生きるものが最も美しく尊い。
    そんな彼らの翼に抱かれたい。

  • 動物ってほんと素晴らしい。ミントにももっとはなしかけよう

  • 本屋さんで見かけて気になっていた本のひとつ。
    フクロウの知性のありようについて、また習性や個体差や人と暮らすことで相互に発達した能力について、生物好きな人にはとても興味深い内容になっている。
    著者も本職の研究者・大学人というわけでもなくて、恋愛したり、生物学の世界から航空宇宙産業のコンピュータ関係に転身したり、大病を得たりといろいろある人生を送りながら、ずっとフクロウと暮らし続けた。
    単純に、こんな生き方が可能なんだなぁというだけでも面白い一冊だった。自然保護についても何についても、そうか?と思う点はあっても、そんなに極端な「信仰」が示されていないので、読んでいてキツく感じなかった。

  • 野生動物を飼うことの大変さや尊さが伝わってきました。カルテクの研究員さんたちのぶっとびっぷりも面白かったです。

  • 翼を傷めたメンフクロウの雛を引き取って育てることになった女性が、ウェズリー(フクロウの名前)との19年を綴った作品。
    よく知らなかったメンフクロウの生態がわかって興味深かった。本来人に飼われるような性質ではない生物を引き取って育てるというのは並大抵のことじゃないんだなあ。見てるぶんにはすごく可愛いけど。メンフクロウってすごく繊細な生物なんだなあ。

  • フクロウを飼うってすごく大変なんですね。ネズミしか食べないということで、食べさせる時の準備など自分には絶対出来ないと思いました。

  • こんなに面倒で、こんなに愛情深いパートナー。
    私は付き合うガッツはないけれど、向き合ったらとっても幸福でしょう。

    離れなければならない最後は涙なくしては読めません。

  • メンフクロウの雛を引き取り、19年間を“添い遂げた”生物学の研究者・ステイシー。雛はウェズリーと名付けられ、それはそれは可愛がられて育つ。ただ、犬や猫とは違って猛禽類のウェズを育てるのは大変!食べるものだって、丸々ごとのネズミを日に何匹も必要とするし、目が開いた瞬間から見守っていたステイシーのことは母とも伴侶とも刷り込まれ、余人ではなんともならない生活が始まる。ステイシーが語るウェズはとにかく愛おしく、また、その記録は生物学的に素晴らしい成果を挙げたのだと思う。でも、そのために、結果として若く美しかった彼女は何度か恋に破れ、生涯をウェズに捧げた、という風に思えてしまう。私は動物はかなり好きな方だと思うけど、読みながら、私にはできない・・・とずっと感じていた。でも、ステイシーは、ウェズ亡き後、また、メンフクロウを一から育ててみたい、と言っているくらいなのだから、どんなに楽しかったのか、また、やり残したと思われることがあったのか、と思う。感動したのは、ウェズの晩年、両翼を広げて彼女を抱擁する場面。彼と彼女の深い絆は、子ども時代から微笑ましかったり、じわっときたり、の連続で感じられていたけど、この抱擁には涙・涙・・・。すっかり分かりあえている二人、という信頼関係に言葉がなかった。また、おまけとして、ステイシーの仲間の生物学者たちの“生態”がとても面白く読ませられた。(*^_^*)皆、動物が好きで、その研究や飼育のためには、何を捨てて生きているか。本人たちにとっては当たり前のことなのだろうが、凡人には、あはは・・・と笑えること、なるほどねぇ〜〜と感心することの連続だった。

  • ミュージシャン一族に生まれながらも、生来の動物好きが高じて生物学をこころざしたステイシー。カリフォルニア工科大学でフクロウ研究に従事していたところ、翼を傷めた生まれたばかりのメンフクロウを引き取ることになる。1985年、聖ヴァレンタン・デーのことだった。ウェズリーと名づけ一緒に暮らしはじめると、あっというまに夢中になった。身近にいるからこそ見られる生態、能力、知能に驚く毎日。つぎつぎと持ちあがる騒動。ステイシーは、高い知能と豊かな感情を持ったウェズリーと、深く心を通わせあうようになる。ところが、一生面倒を見ると心に誓っていたステイシーだったが、日常生活もままならないほどの大病を患ってしまい―(「BOOK」データベースより)

    白いメンフクロウ!おぉ、リアルヘドウィグ!!
    と思っていたら、やっぱりハリポタネタをからめる箇所がありましたね。
    とある一人の女性とフクロウとの絆を感じさせるエピソードが、飾らないままに散りばめられていて、『アレックスと私』よりほのぼの、『クラレンス』よりやや学術的、といった感じでした。
    しかしここまで献身的になられたら、そりゃあフクロウ氏もまいっちゃうってもんでしょう。
    これも一つの愛の形なのかな。

  • 生まれつき翼に障害のあるメンフクロウのオス、ウィーズリーと、彼の育ての親であり、伴侶でもあった人間の女性、ステイシーの19年間の記録。
    ナショジオのメルマガで「読者モニター募集」とあったので、応募したら見事に当たった。福を呼ぶと言われるフクロウの話なので縁起がいいかも。

    エッセイ風の文章がどんどん積み重なって、時にはステイシーのBFの話になったり、またある時には勤め先であったカリフォルニア工科大学の変わった面々の話を交えたりしながら、ウィーズリーの成長や変化の様子が描かれてゆく。エッセイ集にしてはボリュームが多いので、散漫な印象はするが、数々の体験や観察から導き出されるメッセージははっきりしている。
    動物は豊かな感情と知性を備えており、魂を持つということだ。多くの場合、彼らの脳と人間の脳とは構造が違うので、彼らの身体のしくみや習性について良く知った上で注意深く観察しないとわからない。でも心の交流、魂のレベルでの交流は充分可能なのだ。

    このことを具体的に表すエピソードが14章の中にある「くちばしと鉤爪」だ。
    伸びすぎて翼にひっかかるようになってしまったツメ、同じく伸びすぎてまるまってしまったためにネズミをうまく飲み込めなくなってしまったくちばしをどうするか、ステイシーは試行錯誤することになる。ただでさえデリケートなウィーズリーは、爪切りややすりを見ただけでパニックを起こす。寝ているときに不意打ちをかけようとしてもすぐに見破られる。結局、ステイシーは根気強く言葉で語りかけ、爪切りやくちばしへのやすりがけのイメージを心に思い浮かべて伝えることで成功した。前もって爪切りややすりがけの必要な理由、そしていつ決行するかを伝えた結果、ウィーズリーは自らかぎ爪やくちばしを差し出し、苦行に耐えて見せたのだった。

    「科学技術万能の社会にあって、わたしたちは、先祖代々受け継いできた、動物や自然についての豊かな知識を失った。多くの現代人が゛自然欠落障害゛を患っているとも言えそうだ。自然界と疎遠になり、自分自身の本質からも疎遠になってしまっている。直感による意志の疎通は、大むかしまむの人々には馴染みのものであったろう。動物たちは、考えられていたよりもじつははるかに複雑だ。そしてはるかに知的であって、人間とは深い絆で結ばれている。それを謙虚に学ぶことで――学びなおすことで――わたしたちは新たな進化を遂げてゆく、とわたしは強く信じたい」p313〜314より

    「あるメンフクロウとの思い出の記」とも言える本書がアメリカでベストセラー入りした理由は上記の信念にあるのだろう。本文中でも、ステイシーはじつにさまざまな場面で動物を真に愛する人々と出会うのだが、本が出ることによって、より多くの動物愛好家の心を刺激したに違いない。

  • メンフクロウのウェズリーと著者のステイシーの愛に涙しかない。特にラストは夜寝る前に読んでしまい、ちょっと後悔した。案の定、今日は目が腫れてる……。全編にわたりちりばめられている、ウェズリーの豊かな愛情表現と、それに答えるステイシーのやりとりに、胸が熱くなった。その一方で、動物をパートナーとすることの難しさにも気づかされる。ここまで誠実に相手に尽くせる人って、なかなかいないのではないか。
    それ以外にもメンフクロウの生態や、アメリカでは研究がどのように行われているかなど、平易な文章でわかりやすく綴られていて、興味深かった。

全19件中 1 - 19件を表示

フクロウからのプロポーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フクロウからのプロポーズを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フクロウからのプロポーズを本棚に「積読」で登録しているひと

フクロウからのプロポーズの作品紹介

ミュージシャン一族に生まれながらも、生来の動物好きが高じて生物学をこころざしたステイシー。カリフォルニア工科大学でフクロウ研究に従事していたところ、翼を傷めた生まれたばかりのメンフクロウを引き取ることになる。1985年、聖ヴァレンタン・デーのことだった。ウェズリーと名づけ一緒に暮らしはじめると、あっというまに夢中になった。身近にいるからこそ見られる生態、能力、知能に驚く毎日。つぎつぎと持ちあがる騒動。ステイシーは、高い知能と豊かな感情を持ったウェズリーと、深く心を通わせあうようになる。ところが、一生面倒を見ると心に誓っていたステイシーだったが、日常生活もままならないほどの大病を患ってしまい-。

フクロウからのプロポーズのKindle版

ツイートする