ワールド・イズ・ブルー

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 古賀祥子 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2010年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863131125

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ワールド・イズ・ブルーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3

  • 改めて、人という種は地球上のあらゆる生物にとって、害悪あるいは天敵なんだな~と思い知る内容だった。

  • 著者は海洋探検家、海洋学者で、海洋版「Google Earth」の生みの親として知られる。
    この本は2009年の「世界を変えようとしている人物」に贈られるTEDプライズ賞での発表と関連している。

    内容は三部に分かれている。

    第一部は「海は無限じゃない」と題し
    今まで、無限に獲り続けられると思われていた水産物やほ乳類や、廃棄されているゴミの現状を、豊富な探索の経験に基づいたリアルな文章で綴っている。
    とくに水中でクジラに観察された話はとても感動的だ。

    第二部は「危機の現実」と題し
    生物多様性から、資源、気候変動による海洋の化学組成にまで範囲を広げて、今現実に何がおこっているのかを紹介している。

    海洋については、まだまだ調査方法が限られており、人々の関心も低い事から、知られていない事調査されていない事が多くある。
    それらを、南極大陸のペンギンについてや様々な生物と著者との関わりも織り交ぜて、わかりやすく説明している。

    第三部は「海の未来のために」と題し
    近年、どのような調査が行われているか、国際法や保護区の現状、今後の発展が期待される水産業について述べている。

    詳細な国際法や会議についての部分は一般向けには少し難しいかもしれない。今、海を守るためにどのような対策が行われているかの概要がまとめられている。


    最後に著者は「知る事から行動へ」と述べている。
    この本は、地球の大部分を占める海について、まず「知る」ことの助けになるだろう。


    なお、あとがきに変えてTEDカンファレンスでの講演が載せられており、本書の内容が約10ページにまとめられており読みやすい。
    あとがきから読み始めても良いかもしれない。


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    専門分野である海洋化学にか関する章では、多少表現がオーバーなのでは?と思う部分もあった。
    他の章においてもそのような傾向があるのかもしれないが、海洋における問題の概要をつかむには、面白く適した本だと思った。

  • 地球上の生命は生物多様性のもとで成り立っている。
    それを破壊することは自らの首を締めることだと人間は気づかない。
    ってこと。
    牛や鶏はよくて、なぜ捕鯨はいけないかの視点はおもしろい。
    牛や鶏は人間が餌を与えたり、それなりの手間をかけて育てて、その後に食べるのでOK
    (この論理だと栽培する植物や養殖の魚もOKってこと?)
    捕鯨や漁業で得る魚類は、自然の中で長い年月をかけて成長したものであり、それを人間がかっさらうのはダメ。
    クジラやイルカが頭がいいから的な理由もあったが、それはただの感情論だと思う。
    無差別に乱獲するトロール網がよくないのは納得出来る。

  • 環境保護が大事というのはわかるが、やや極端すぎるのでは?

  • この本の利用状況はこちらから(OPACへリンク)↓
    http://libopac.aiit.ac.jp/opac/books-query?mode=3&place=&code=30027700

  • ナショジオ財団のメンバーとして
    読んでおかねばならんでしょう!

  • 三葛館一般 468.8||EA

    生命にとってかけがえのない海の危機。
    海洋探検家であり、ナショナルジオグラフィック協会付の研究者で海洋学者の著者が「海」の保護について深く語ります。

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=57850

全8件中 1 - 8件を表示

ワールド・イズ・ブルーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ワールド・イズ・ブルーを本棚に「積読」で登録しているひと

ワールド・イズ・ブルーの作品紹介

いま海を守らなければ、永遠にチャンスを逃すことになる。豊富な体験と最新の知見をもとに、海洋生態調査の第一人者が訴える「青い地球」の憂鬱な現実と明日への処方箋。

ワールド・イズ・ブルーはこんな本です

ワールド・イズ・ブルーのKindle版

ツイートする