一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)

  • 120人登録
  • 3.84評価
    • (8)
    • (11)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 18レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック  岡崎 秀 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2012年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863131682

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
セオドア・グレイ
村上 春樹
トレヴァー・ノー...
池井戸 潤
三浦 しをん
松岡 絵里
有効な右矢印 無効な右矢印

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界48カ国、240カ所もの「市場」を、鮮やかな写真とともに紹介。
    アフリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ・・・。

    一か所あたり2~4ページで、鮮やかな写真と、文章と、市場で見つけたものに関するコラムなどが載っています。
    その地域のいちばん「濃い」ところを見て世界をめぐることができる本です。
    旅行ガイドの観光名所の写真よりも、絶景写真よりも、なんだかドキドキわくわくします。
    その国に行ってみたくなる、というより先に、まず圧倒されます。
    世界は、広い!

  • ページをめくって思うのは、とにかくカラフルだ。ということ。世界の人の命を支える市場には、いろんなものがあふれている。見ているだけでわくわくさせられる一冊。

  • 初読

    市場大好き!
    旅行にいった時の大きな楽しみであるその国の市場。

    そんな私にぴったりのこの一冊。

    世界各国の市場。
    メジャーな市場ばっかり、ということは「とりあえずここは抑えておけ!」
    でもあるわけで図書館で借りた本だけど手元においてパラパラしたくもあるかな~。

    アフリカの市場の女性の洋服の色鮮やかで美しいこと! 
    特に60年代のセネガルの写真の素晴らしさ。

  • 世界各国の市場、どこもカラフルでパワーを感じます。
    アジア・アフリカ・南米などを中心に紹介されていて、市場に並べられた商品もさることながら、そこに集まる人々のコスチュームもカラフルでお国柄が出ていてステキです。
    築地市場も紹介されています。

  • 世界のすべての国を取り上げているワケではなかったので、そこは★1つ減点ww
    もうちょいディープだけどそこに住んでいる人にはポピュラーな市場、なんかも載っているとさらに楽しめるなー。

    写真が綺麗なのは、ナショジオならでは。

  • ナショナル・ジオグラフィック「一生に一度だけの旅」シリーズの1冊。
    世界の市場をめぐる、色鮮やかな旅。

    写真260点はいずれもカラーである。
    ご当地感満載の取り取りの品が目に眩しい。市場のざわめきまでも写し混んだような写真からは、売り声や値段交渉の会話が聞こえてきそうだ。
    写真が多いのでさらさらっと読めそうだが、見た目よりも読み応えがある。

    アフリカ・ヨーロッパ・アジア・アメリカに大別し、それぞれ10カ国以上の市場を取り上げている。紹介されている市場の総数は240以上。
    国の位置を示す地図、どんなものが買えるかを記したメモ、主な市場の名称、その国の市場に関する各論、ある商品をテーマにしたコラム、そしてもちろん美しい写真。
    地理の副読本としても適した本だろう。

    ・ナイジェリアで売られているプランテンバナナ、これは料理用のだな(『バナナの世界史』)。
    ・先日呼んだレシピ本に出てきたひよこ豆を北アフリカで発見。
    ・アフリカでよく売られているオクラはカリブ諸島でも売られている。温かいところでよく育つということかな・・・?
    ・ポルトガルの市場で見られるバカリャウ(塩漬け鱈)はノルウェー原産だそうだが、同じものがブラジルでも売られている。植民地時代に定着したものか。
    ・イギリスの食事は往々にして評判がよくないが、近年、ずいぶん向上しているのだそうで、市場にもそれが垣間見られるようだ。
    ・インドはさすがにスパイスが多い。カレーに使われるスパイスはカーストや地域によっても異なり、100人いれば100通りのカレーができるのだという。
    ・ミャンマー女性がする独特の化粧、タナカ。白いペースト状のものを塗りつけるもので、原材料はゲッキツと呼ばれる樹木の木片だ。
    ・表紙の舟はタイの水上市場。船上に火気を持ち込んで、トムヤムクンを鍋で売る舟もある。
    ・日本を代表するのは築地。海藻や漬け物も紹介されていて、なるほど、外国から見ると、その辺が特徴的なのかも知れない。
    ・何でも食べる中国は、ゲテモノも含めてさすがの品揃えだが、ペルーもなかなか興味深い。カタツムリやワニなど、川やジャングルの珍獣が食べたければこちらへ。
    ・パナマ帽というのは元々はエクアドルの名産なのだそうだ。パナマ運河を造る際、エクアドルから多くの労働者が出稼ぎに行き、誤った名称となったらしい。

    拾っていくときりがないが、さまざま興味深く、見るたびに新しい発見がありそうだ。細切れ時間にもどうぞ。

  • 海外旅行をすれば必ず市場に行く。そこにその国の文化が詰まっている。東南アジアの国の市場はよく似ているが、売っている商品が少しずつ違っている。ラオスではハリネズミを売っていた。タイでは蛙が人気があるようだった。

  • 一生に一度だけの旅シリーズで一番好きな本。
    写真の構図と、文章の構成が好みだ。
    取り上げられた48ヶ国を、生活に直結している市場の様子からうかがえる、愉しい本。

  • 市場好きだー。
    セネガルのビサップなつかし〜。

  • 一生に一度だけシリーズ。豪華な写真とスカスカの内容は変わらず。

    ⚫️面白かった点
    写真が綺麗。
    ⚫️気になった点
    内容がスカスカ。1箇所にかけるページが少ない。

全18件中 1 - 10件を表示

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)を本棚に「積読」で登録しているひと

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)はこんな本です

一生に一度だけの旅DISCOVER 世界の市場めぐり (一生に一度だけの旅 discover)のKindle版

ツイートする