ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)

  • 93人登録
  • 4.10評価
    • (6)
    • (11)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック  関 利枝子  武田 正紀  倉田 真木 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2013年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863132207

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジェームス W....
村上 春樹
ヴィクトール・E...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)の感想・レビュー・書評

  • ナショジオには『構図の法則』もあるけど、本書とは著者が異なる。ブライアン・ピーターソンは『実践の露出』や『創造力を極める』などの著者でもあり、こちらのほうが著者の思想がそこそこ強く出ている気がする。

    よくある3分割法や前景にフレームを入れるような方法論の他に、ズームレンズの扱い方や縦位置での構図の決め方についての話は面白かった。あと、あえて背景素材を差し込んだり、必要なら演出を加えることも大事だみたいな話もなるほど感があった。

  • 写真の魅力は「何を撮るか」ではない。人の心に訴えかける写真に必要なのは、写真を構成する要素を画面の中でどう配置して見せるかにある。構図が肝。カギは「何を撮るか」ではなく「被写体をどう配置して撮るか」である。基本は「3分割法」と「被写体を画面一杯に撮る」

  • 写真は絵画と同じだ。まず知識は必要だが、それ以上にセンスが要求される。三分割法や黄金分割、縦か横か?それを瞬時にはんだんして撮る。難しいが経験を積むしかない。

  • 構図と色は大事だ

  • 海外で活躍する写真家が、自身の写真に対する考え方や技法、構図についてを語った撮影テクニック本。
    いい、と思うものに対する感性が若干日本とは違う部分もあるのかもしれないけれど、なるほどね、と思わされる部分も多い。
    ありのままでなくていい、場合によっては自分で演出してかまわない、と断言する考え方や、欧米っぽいユーモアを交えた文章などは海外の本だなぁという印象。
    前景から背景まですべてにピントをあわせて撮影するためのテクニックは参考になったので今度試してみよう。

  • 被写体を動かしたり、きれいに写るように工夫したり、印象的な写真を撮るためのセッティングが学べました。

  • 凄い!写真がいい!

全7件中 1 - 7件を表示

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)を本棚に登録しているひと

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)を本棚に「積読」で登録しているひと

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)の作品紹介

世界35万部の『露出』の続編第2弾は「構図」をマスター!300点超の豊富な作例と図版。どんな被写体も構図で写真が見違える!ナショジオの写真撮影本。

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)はこんな本です

ナショナルジオグラフィック プロの撮り方 構図を極める (ナショナル・ジオグラフィック)のKindle版

ツイートする