絶対に明かされない世界の未解決ファイル99

  • 76人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック  小野 智子  片山 美佳子 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2015年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863133327

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナショジオの絶対シリーズ、中にはえーってのもあるがそれぞれ1本のノンフィクションが書けるネタがそろっており、実際何冊かは読んでいるし映画の元ネタも多い。しかしネタが欧米寄りなこともあって知らないものも多い。

    有名な所ではマヤの古文書、ファティマ第三の予言、マイケル・フェアティの炎上(人体発火)、切り裂きジャック、宇宙人解剖記録映像、サンジェルマン伯爵、メン・イン・ブラック、フライング・ダッチマン、クリスタルスカル、ギザの大スフィンクス、ストーンヘンジ、フィラデルフィア計画など。

    ちょっと怖い話がfile43「漂着する足首」2007/8/20カナダの太平洋岸ジェデダイア島の海岸に片方の大きなスニーカーが打ち上げられた。中にはソックスと男性の足が覗いていた。3週間後に少し離れたガブリオラ島、2008年2月にはバルデス島に3つ目の足首が漂着し、その年の終わりまで米国の海岸も含め次々に4つの足首が見つかった。2014年5月までに見つかった足首はカナダのブリティッシュコロンビア州で10個を超え、アメリカのワシントン州沿岸で4個となった。たいていは腐敗しており唯一の共通点はスニーカーを履いてることだ。いくつかの足首は自殺者や事故の犠牲者など持ち主の身元が判明したが中には1987年にまでさかのぼるものもあった。実際には水死体では足がちぎれていることは珍しくないという。条件が揃えば永らく漂い続けるのかもしれない。しかし・・・

    なんじゃそりゃと言うのがfile52のボーデン夫妻殺害事件。1892/8/4マサチューセッツ州フォールリバーと言う街でメイドのブリジッドはこの家の娘リジーが叫ぶ声を聞いた。リビングでは父アンドリューが2階ではその妻アビーが斧で滅多打ちにされ殺害されていた。いったんはリジーが逮捕されたが証拠不十分で陪審は無罪の評決を下した。犯人は誰か。・・・こんなんまで入れてたら未解決ファイルはなんぼでも増えるやん。

    もひとつ笑えるのがfile61バネ足ジャック。19世紀のロンドンかぎ爪のある手で服を引き裂き、逃げるときには3mの塀の上に瞬時に飛び上がり悪魔のように笑いながら去っていく。黄金バットを思い出してしまった。ゾーンブローゾー

    そして唯一日本が出てくるのがfile75真珠湾攻撃の真相。ルーズベルトは奇襲攻撃を知っていたという陰謀論は昔から喧伝されている。イアン・トールの太平洋の試練(続編が出た!)を読む限り、日本軍が港の燃料タンクを破壊していれば、ハワイの軍事基地としての機能は相当長く麻痺していたかもしれない。挑発し、日本の参戦を予測していたのは事実としても掛け金が高すぎてこれが陰謀だったとしたらもっとうまくやれそうなものだ。CIA秘録を読んでもアメリカの諜報機関の工作は結構行き当たりばったりでミッション・インポッシブルとはほど遠い。

    次は絶対に行けない世界の非公開区域99が気になるところ。

  • まずトピックが英米に偏っているし、数を99に合わせようとしたせいか、些少な"ミステリー"も混じっている。現在、ほぼ否定されている「謎」も少なくない。(但し最新の調査結果には触れられていはいる) 世界の、と銘打つにはかなり物足りない内容だったが、自分なりに興味深い話題を多く見つけられたとしたら、読んで良かったという事かと思う。

  • 驚くような事件もあるにはあるのだが、全体的にゴシップや作り話としか思えないようなものも多く、あまり楽しめなかったな〜。ただ、読み手にそう思わせることで真実から目をそらせようとしているのだ、というフレーズが随所にあり、信じる信じないはあなた次第ってヤツか。

  • すっごいおもしろい!おら、わくわくすっぞ!

  • 前2作(「絶対に行けない世界の非公開区域99」「絶対に見られない世界の秘宝99」)よりはだいぶ面白い。1項目あたりはせいぜい1〜2ページなのだが、そう聞いて想像するのよりははるかに読みごたえがある。論調は煽り成分少なめで冷静、(少なくとも日本語で近年出版された中では)本書にしか収録されていないような事件も多々あり、とても楽しく読むことができた。
    2015/12/30〜2016/1/1読了

  • 知っている話、知らない話、色々あって楽しめました。ただ、詰め込みすぎなので、一つずつのツッコミが弱いのが寂しいかな。

全7件中 1 - 7件を表示

ダニエル・スミスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
メンタリストDa...
三谷 宏治
米澤 穂信
辻村 深月
田中正人
有効な右矢印 無効な右矢印

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99を本棚に「積読」で登録しているひと

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99の作品紹介

古代から現代まで人類の未解決事件簿。迷宮入りの猟奇殺人事件、著名人失踪。歴史を変えたスキャンダル、二重スパイ。未解読の古文書、暗号、意味不明の古代遺跡。超自然現象とUFO、未確認生物。未解明の犯罪事件から超常現象まで、世界のミステリー事件を集大成!1話読み切りの大人の冒険小説。

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99はこんな本です

絶対に明かされない世界の未解決ファイル99のKindle版

ツイートする