もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったら

  • 114人登録
  • 3.76評価
    • (10)
    • (15)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 架神恭介
制作 : おぐし篤 
  • イカロス出版 (2010年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863203693

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • むしろダンゲロスに必携の書かもしれない。

    ネタに走っているようでいて実は真面目に解説してるのか、実用性は捨てて全力でネタに走っているのか、両極端に見えますがどっちに転んでもやっぱりネタに投球していることに変わりはない架神恭介の実用書/宗教解説書シリーズのひとつです。

    ふざけていることに変わりはないのでやっぱりすごく真面目な方にはお勧めしがたいんですが、案外政治的に色はなく注意を払っているのがわかるので意外と慎重かつ丁寧、誠実に論を進めているかなといった印象です。
    「シリアスな笑い」と「謎の感動」が同居する作家架神恭介の作風にハマれる人には実用書としての枠組みを越えた物語としての面白ささえ提供できるかもしれません。

    仏教思想についてどう語ってくれてるのかなー? って疑問については他の人が回答してくれていると思うので、その辺の説明は放棄して別のプレゼンをします。

    この本、架神恭介って作家を読む上では結節点に当たるかもしれない結構重要な著作です。
    後年に出た代表作である『戦闘破壊学園ダンゲロス(ダンゲロス・シリーズ)』はこの本でも語られた仏教の縁起観(言葉による世界の切り分けが認識だとかうんらかかんたら)が世界観の構築に密接に関わっています。
    漫画版、小説版を読んだ後、手ごろな本はないかなーって見つけて読んでみたところ、そっかー! って腑に落ちました。元ネタはこれか、って言うと不誠実な動機かもしれませんがそういう切っ掛けもあるということでご容赦を。

    政治面から成立する宗教の観点については『完全教祖マニュアル』で補完されていると思うので、その辺が弱いと思った既読者はそちらをご参照を。

    あと、この本のストーリーラインの主人公は『よいこの君主論』で覇権確立を阻むライバルのひとり「まなぶ」くんと同一人物かはともかく同名だったりします。
    同一人物だと仮定して、彼がパンクロックに走ったきっかけはネットの海のどっかに転がっていると思うのでお手隙の時にでも探してみてください。

    パンクロックについてはセックス・ピストルズを軸に精神性を語った『完全パンクマニュアル』があります。
    実用性?(パンクロックに実用性なんざ求めんな、タコ!)はともかく、その辺作者の中で噛み砕いて乱暴でも自分のモノにしているので、説得力は大いにあります。
    たぶんその結果、この本でパンクロックと仏教思想ってものを精神論として同列に並べて語ることになったと考えると、あっちの方も必読かはともかく、楽しむ上では外せないかなと思います。

    この後に世に送り出すことになる『仁義なきキリスト教史』など一連のキリスト教と謎要素のハイブリッド本もこの『もしリア』の文脈を踏まえ、加えて仏教への架神流理解を踏まえてのものと考えると興味深いです。

    で、ほかの紹介もそこそこに、この本に戻りますと。
    この手の本にしては意外と字が多いですが、ストーリーパートと解説パートのメリハリが意外とついてるのと、太線表記とかQ&Aのやり取りが親切なこともあって他の著作の例に漏れずとても読みやすいです。

    気楽に仏教のことを学べるじゃなくて知ることが出来るので、単純な知識のみならず、物事の観点が変わります。ちょっぴり怪しい言い方をすれば世界が広がるってのはこのことなのかもしれません。どっかーん!
    「まなぶ」のはのちほど、とりあえず知るってことで。

    で、最後に繰り返しますと。
    この本、おふざけとおまじめの境界線がすごくあいまいですが、「そんなのいいじゃねーか」「ありのままに」って作者のメッセージは否応なしに伝わってきます。
    そんなパワーあふれる一冊だと思うので、むしろダンゲロス関係なくいろんな接点から読んでほしいかなーって思う次第です。

  • そもそも、仏陀ってどんな人で、どんな風に神格化され、宗教はどのように進化してきたのかを、超ざっくり、下品にリズミカルに書いた本。

    日本人の仏教感は、既に仏陀がやってた事の片鱗もない事がよく分かる。

  • 仏教の入門として楽しめる一冊。
    堅苦しい単語も一応出てくるけど、
    『菩提心(仏になりてえという気持ち)』
    みたいなよく噛み砕かれた説明がされるので、すんなり読める。

    仏教の話となるとどうしても仏陀=偉いみたいなイメージがつきがちだけど、この本を読むと「なんていい加減なやつなんだ」って思えてくる。
    でもそれは悟りとして間違ってないという、スタンスが変わることでよく理解出来る面がある。

    ちなみにパンクロックはほんの少しだけしか関係ありません。

  • 資料ID: W0159142
    請求記号: 180||Ka 16
    配架場所: 本館1F電動書架A

  • 面白かった。仏教関係の本堅苦しいのが多いので余計に面白かった。仏教はパンク

  • 非常にユニークな表紙、タイトル、そして文体、ストーリーを有しておきながら、内容は意外にも真面目でわかり易い仏教解説でした。
    現代的な喩えやブラックユーモアが丁度良い潤滑剤となり、本当はちょっと難しいはずの仏教思想をするすると読ませてくれます。よって、それらの特徴を素直に楽しめる人ならば、一読して損は無い一冊でしょう。
    少なくとも、表紙とタイトルのパロディ色だけで侮り、スルーするのはとても勿体無い。そんな本であることは間違いありません。

  • パンクロッカーと仏教の取り合わせは奇妙な物に思え、奇を衒ったネーミングだと思いましたが、中身はかなり真面目な仏教の、概説本です。一般的に膝宗教観を持って読むと読み進みにくいですが、仏教を思想や哲学と位置付けて読んでいくとかなり面白く読めます。

  • (推薦者からのコメント)「教養として仏教を知っておきたい」人向けに,崩した文体で分かりやすく解説している一冊とのこと.教養として得たいので是非読んでみたいです.

  • 筆者が正確性を捨てていると本文で言っているので正確性には欠けているのだとは思いますが、それでも仏教の入門書としては破格の出来栄えなんじゃないかと思います。いや知りませんけどね。
    少なくとも私はこの本を読んで仏教に多少なりとも興味を持ちました。しかし興味を持ったところで次にどの本を読めばいいのかが分かりません。
    だってこんなに分かり易く書いてくれてる本が他にもあるのかしらん?てことですよ。

  • 信頼と実績のリアルパンクロックとガチ仏教(褒め言葉)。
    相変わらず筆者のハードコア哲学者っぷりに脱帽。

    「クソ難しいことを面白く」することに関しては
    右に出るものはいない。
    右に誰も出たがらない。
    それが架神先生である。



    自分はそんな筆者の平常運転の筆を期待して買ったので
    期待は良い方向にぶっちぎって貰えました。
    「これはこういうものなんだ」と受け入れられる人のみ買えばいいと思います。





    蛇足として言うならパンクロッカーは結局仏門に入りません。
    最後の最後まで坊主と殴り合ってます。
    流石です。

全22件中 1 - 10件を表示

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらを本棚に「積読」で登録しているひと

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらはこんな本です

もしリアルパンクロッカーが仏門に入ったらの文庫

ツイートする