越天の空 (上)

  • 36人登録
  • 3.67評価
    • (3)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 地雷魚
  • イカロス出版 (2014年5月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863208766

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
カルロ・ゼン
有効な右矢印 無効な右矢印

越天の空 (上)の感想・レビュー・書評

  • 頭のタガの外れた連中がとんでもないマネをしてのける痛快さ。特にむさ苦しい男どものイキイキ感。ここに怪物マシンと軍政の群雄割拠ときた。下巻が楽しみで、もう下巻で終わっちゃうの?と寂しくもある。

  • 某戦闘妖精雪風の某深井大尉が好きなので、ずっと、戦闘機乗りの少女を求めていたところに! ようやく!!
    燃えも萌えもたっぷりです。下巻が待ち遠しい。

  • 平野耕太氏推薦文の帯に釣られて購入。国土陥落時に辛くも逃げ切った空中戦艦を新領土として、反旗を翻す少女たちの物語。凄まじくガチな空戦もの。著者の経歴からして予想はしてたけど、8割くらい(主観)は世界観設定やキャラ設定の説明文。それでも、史実や現実のメカを元ネタにした設定は面白かったし、メインヒロイン3人がそれぞれの方向を向いて戦いに身を投じる様は圧巻だった。
    ところで、同出版社の萌え雑誌みたいな肌色多めの表紙にしなかったのは良い判断。

全3件中 1 - 3件を表示

越天の空 (上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

越天の空 (上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

越天の空 (上)を本棚に「積読」で登録しているひと

越天の空 (上)の作品紹介

日宇皇国は空中空母"八洲"を唯一の領土とする国家。かつて外敵の侵攻を受けて本土領土を失陥し、空中に逃れた"大空の皇国"である。飛来越天は妹・蒼天とともに戦闘機に搭乗する日宇皇国のパイロット。彼女は超時代的な性能を持つ特命戦闘機"焔風"を駆って、祖国に仇なす敵と戦いを繰り広げる。越天の使命は、日宇皇国第三皇女・焔宮を護ること、そして、日宇皇国本土を奪還することにあった。戦空の果てに、越天が見たものは-!?

越天の空 (上)はこんな本です

ツイートする