シロクマの風景―Polar bear landscape

  • 11人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 丹葉暁弥
  • 春日出版 (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863211049

シロクマの風景―Polar bear landscapeの感想・レビュー・書評

  • 2008年発表。


    シロクマが昔から大好きで
    今でもよく晴れた休日には
    1人で動物園に行きます。

    大きなカラダで水の中を優雅に泳ぎまわる姿や、
    夏の暑さにバテて
    グッタリしてる情けない姿も、
    不思議と何時間見てても飽きないんです(笑)


    晴れた日に
    動物たちと一緒に光を浴びていると、
    日頃の疲れなんて吹っ飛んで
    心が真っ直ぐに起き上がる感じがします。


    しかしそんなシロクマ(ホッキョクグマ)も、
    地球温暖化の影響で氷が張らないために、
    今から僅か30年後には絶滅するだろうと言われています。

    氷が張らないと
    狩りの足場がないために
    主食であるアザラシを捕獲することができなくなり、
    体調を維持できなくて
    餓死してしまうケースも。
    (シロクマは水中では俊敏なアザラシを捕らえることができないのです)


    あとは温暖化によって北極の気温が1℃上昇すると、
    シロクマのメスは
    体重が22キロも減少すると言われています。

    最近では足場になる氷の減少で、
    次の足場までに
    とても長い距離を泳がなければならなくなり、
    途中で溺れ死んでしまうケースも報告されています。


    そんなシロクマの姿を長年撮り続けてきた
    写真家の丹葉さんは言います。


    『自分がシロクマたちの姿を撮り続けるのは、絶滅していく彼らの姿を記録することが目的ではない。
    彼らの優雅で綺麗な姿を
    できるだけ多くの人に見てもらい、
    そして何かを感じてもらいたいのだ』と。



    地球温暖化は
    あきらかに人間のエゴが原因の
    環境破壊です。


    この写真集を見て、それぞれが
    『自分にもできること』を
    今一度考えるきっかけになってくれたらと
    願ってなりません。

  • 超かわいい~(*^_^*)

全2件中 1 - 2件を表示

シロクマの風景―Polar bear landscapeを本棚に登録しているひと

シロクマの風景―Polar bear landscapeを本棚に「読みたい」で登録しているひと

シロクマの風景―Polar bear landscapeはこんな本です

ツイートする