カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書)

  • 77人登録
  • 3.59評価
    • (8)
    • (4)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 辻信一
  • 木楽舎 (2007年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240001

カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スローライフの提唱者、辻さんの一冊。世界のいろんな場所でスローでクリエイティブな生き方をしている人たちを紹介しながら、その生き方や考え方について触れています。自分らしく、できる範囲で楽しみながら働いて生きていく、そんな消耗しにくい暮らし方で暮らしている人たちのことを知って少し世界が広がる一冊だと思います。

  • すごくたくさんの視座を学ぶことができる
    ちょっとした哲学書かも。

  • 新しい価値観として、社会的な地位より自己実現、外からの評価より内面的な成長、お金より時間、物質的満足より創造的でスピリチュアルな経験、結果よりプロセスの重視、などがあり、それらを求める人たちと著者の対談。
    このような価値観の世界では、世界を引っ張るような国は現れるのだろうか。それぞれがそれぞれの国のオリジナリティを重視する世界になりそう。
    あた、このような価値観の中での途上国支援のあり方を考えさせられた。
    ガンジーの言葉、be the change,世界を変えたければまず自分が変われという意味。
    ナマケモノは筋肉を鵜sくなくして高い、細い木でぶら下がれるようにしている、一方で糞は木の根元まで下りて、埋める。木の成長をわかってやっているのか。
    ヤギは酪農だと草を食べるだけなので、人間の食べ物と食べ物の点で競合しない。牛よりもヤギの乳を普及させてみては。
    何かを思い出そうという人の歩調はゆっくりだが、忘れようとしている人の歩調は速い。

  • 各国で素敵な活動をしている52人の紹介。

    ひとつひとつが短いので、読みやすい。
    キーワードもわかりやすく説明されている。

  • 世界のあちこちで、新しい社会が芽生え、それを支える新しい文化が生まれている。
    その担い手がカルチャー・クリエイティブ―文化を創る人々だ。
    辻信一が世界中で出会った彼らの声を伝える。

  • ソイル(土)、ソウル(魂)、ソサエティ(社会)

  • 環境の考え方は変わります。

  • <a href="http://loggedreviews.blogspot.com/2009/03/slow-and-slower.html" target="_blank">read review: レビューを読む:</a>

  • カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書 7)

  • 未読

全13件中 1 - 10件を表示

辻信一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書)はこんな本です

カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書)を本棚に登録しているひと

カルチャー・クリエイティブ―新しい世界をつくる52人 (ソトコト新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする