エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのか

  • 151人登録
  • 3.78評価
    • (9)
    • (12)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
制作 : 福岡伸一  高橋紀子 
  • 木楽舎 (2009年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240155

エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 福岡伸一さんの訳

  • 昔《生命潮流》や《未知の贈り物》や
    絵本のような《水の惑星》を
    読んで以来のワトソンさんである

    この本は永遠のゾウとの巡り合いを書き起こすと同時に
    ワトソン自身の歴史を綴るというもう一つの姿を持ち
    最後の執筆とされている本でもある

    フロリダに栖む7歳の少年ルーキーの話から始まる
    その内容はこの本の本題の一つでもある
    時空を超えたコミュニケーションに付いてである
    ルーキーは鋭い感性を持ったダウン症の男の子である
    湿地の散歩とそこに住む生き物達との出合いを
    父親とともに愉しんでいた
    言葉が苦手でボディーランゲージを使っていたが
    ある日父には見えない動物が登場して通じない会話に落ち込み
    TVに登場したゾウを見たことでそれがゾウであると判明したけれど
    アメリカでは1万年も前に鼻の長い動物はいなくなっていた
    つまりルーキーは時折1万年越しの幻を見ていることになる

    ワトソンは南アフリカの喜望峰で生まれ育つ
    いたずら盛りの10才から13才までの4年間の夏休み
    1ヶ月の間親から離れて町の男の子だけで
    海の合宿生活をすることになっていた
    それは自給自足の生活で水と食材を自分達でまかなっていた
    2年生の時に三人で水を探しに遠出をすることになり
    そこで運命を変える幻の白いゾウと出合い釘付けになる事件が起こる
    それと同時に弓矢を持って羊の皮をまとった人と巡り合う
    彼は先住民のホッテントットとかコイサン族であり
    年寄りなのか若者なのか分からなかった
    本物のストランドローバーだった
    彼の名前は「!カンマ」
    サバイバルの知識と技術を教わりながら
    言葉の交換をしてしばらくの間毎日いっしょに暮らしたが
    ある日忽然と消えてしまう

    この二つの出逢いが彼の一生を形成する大きな転機となる
    ここで意識や五感以上の感覚や存在との出合いを求める
    生き方に強く惹かれることになる
    ネルソン・マンデラが27年間閉じ込められた初めの頃である

    《名前は単なる記号でない・重みと歴史を持ち支配の扉ともなる》
    《答えのない答えを探せ・それこそが大事な問だ》
    《母性は個であり得ず共同体の中心であり太母と呼ばれる》
    雌のゾウはいつも大きな存在の一部として自分を認識している
    単独の太母(母系制)は存在し得ない
    雌が一頭だけになったらもはや何者でもない

    最後の7章《時空を超えて》で語られるコミュニケーション
    というものの無限性は全体観を理解する
    個意識の悟りへの入り口となるかもしれない
    集合意識と繋がる道程なのかもしれない

    バーニークラウスは「野生の聖域へ」で音の棲み分けという考えを
    持ち出しているという
    それぞれの種は音響的領域を持っている
    生命の全ては自分達専用の周波数帯を分け持っている
    地球中に広がって交信できる
    クジラとゾウは超低周波や高周波を使って
    種を超えたコミュニケーションをしているかもしれない

    可能性が無限に広がる何ともロマンのある話ではないか

  • ライアル・ワトソン氏が南アフリカの少年時代に出会った謎の白象とコイサン族(ブッシュマン)の!カンマ。
    滅びゆく象達の深い話が語られる。クニスナの最後の一匹の雌象が海岸でシロナガスクジラと交流するくだりは忘れられない。
    読みやすいし、下手な小説よりもスリリングだった。
    他の著作も読んでみたいと思う。
    ただし、科学のカテゴリに入れていいかどうかは正直迷うところ。

  • 象の神秘的な側面、個と全体が密接に絡み合う生態圏について考えさせられます。

    過去に酷い迫害があって、縮小に縮小を重ねる象の生息地と現在の生体数を思うと心が痛む。

    人間にも象のようなコミュニケーション能力があれば、犯罪や戦争、環境破壊なんて消えてなくなるのにねぇ。

  • 茫洋としていて、ノンフィクションとして読むべきか物語と捉えるか迷う。

  • 面白い本。癒される。すべてのものは生きるべくして生きている。象の鼻という特殊なもの。ヤコブソン器官、低周波、普段意識されていないものが生きていくうえで重要な働きをしている。

  • 象は、ときに攻撃的で残酷だが、知能が高く、慈悲深い…、
    私が本書を読んで象に抱いたイメージです。

    太母と呼ばれる象とシロナガスクジラとの邂逅の場面は実に感動的でした。
    こういう場面に立ち会うことができたなら、何事にも代え難い宝になるでしょう。

  • 象と鯨のつながりが興味深い。

  • 象は凶暴で狡猾で優しい。

全13件中 1 - 10件を表示

ライアル・ワトソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
村上 春樹
ヴィクトール・E...
冲方 丁
ライアル・ワトソ...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかを本棚に「積読」で登録しているひと

エレファントム 象はなぜ遠い記憶を語るのかの作品紹介

2000年、ワトソンが少年時代を過ごした南アフリカ、クニスナの森で大母(メイトリアーク)と名づけられた一頭の象が姿を消した。最後に残された象を探し、彼が向かった先は…。幼少期の不思議な体験と、アフリカに込めた思いがここに結晶する。象の魂(エレファントム)が漂う大地を舞台にした、ワトソン渾身の作品。

ツイートする