空の冒険

  • 334人登録
  • 3.27評価
    • (6)
    • (43)
    • (99)
    • (12)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 吉田修一
制作 : 井筒啓之 
  • 木楽舎 (2010年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240285

空の冒険の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編が12、エッセイが11。期待せず読んだせいかスコンと心を持っていかれたエッセイでした。元々ファンだったのがますます大ファンに!吉田修一さんの人やものへの感じ方が好きです。悪人をめぐる旅のエッセイにはただただジーンとしました。短編で好きなのは「桜桃」と「ドライ・クリーニング」誰かを思う気持ちがすごく素敵です。

  • 書店でひときわ目をひく
    水色の装画は
    井筒啓之さんの絵でした
    ANAの機内誌まとめ
    ラ・ボル フランスは
    読んだことありました
    いつかのANAで読んだ話を
    その後忘れていないとは
    なにげない話のようで
    良く出来ているエッセイということでしょうか
    悪人ロケ地や撮影話
    釜山国際映画祭で上映したパレードの話
    タイムリーな話題が満載です
    クレマチスの丘にお出掛けしたらしく
    この夏私も訪れました
    奇遇ですね

  • 同い年の作家という事で、親近感が以前からある。初めて短編を読んだが、テンポ良く面白く読後感も心地よいものであった。ただ登場人物の人生に重みを感じない、作家は結婚等は伏してるようだが、優雅な独り身なのかもしれない。

  • 吉田さんのエッセイって初めて読んだ。
    読みやすいわー。

    短編もすごく好き。
    特に 女が階段を上がる時
    ドライ・クリーニング
    桜桃の味 が好き。
    バッサーって終わるとこが相変わらず好き(笑)

  • ANAだかJALだかの機関誌に連載されていた?いる?短編と、旅にまつわるエッセイを半分ずつ集めた1冊。
    過ぎてしまったら記憶に残らないのではないかと思うような、淡い、感情として心の表面にまで浮かんでこない印象のようなものや、なんていうことのない日々の一場面を描くことの多い作家さんだと思うけれど、その目の付け所がすごく好きだなぁと感じる。
    エッセイも、少し浮かび上がったところから俯瞰しているような、匂いは感じるけれど音は少しくぐもって聞こえてくるような、独特の距離感で物事を見ている感じが面白い。

  • 短編小説とエッセイ集。

    しっかりした生活とすこしの寂しさが短編のなかに収まっていた。日常のなかのドラマ、というと大げさな言葉に思えるが、吉田さんは日常生活の部分の感情を描くのがすごく上手だ。生活があるから人は感情的にも感傷的にもなれる。

    結婚も仕事も平日も週末もぜんぶ人生、日常の積み重ねが人生なんだなあなどと、ぼんやり考えながら車を運転したりしている。そういう心のぼんやりした感情が暴かれてしまったような気持ち、吉田さんの小説を読むとだいたいいつもそんな気分になる。なんなんだろうな、これは。

  • ショートストーリーとエッセイとで編成されている。どちらも面白い。

  • ANAに連載されていた吉田さんのエッセイ。旅行、国内旅行について書かれていて吉田さんの考えている事とか、旅の楽しみとか。

  • サクッと読める短編集。

  • ANAの「翼の王国」を機内で読んだときほどは面白いと思わなかった。飛行機乗ってる高揚感で面白く感じた部分もありそう。

全65件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

空の冒険を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の冒険の作品紹介

ままならない現実の中で、その先にある光をめざして進む主人公たちの物語。ANAグループ機内誌『翼の王国』から生まれた、心に寄り添うようなショートストーリーの数々。映画『悪人』の原作者であり、脚本も手がけた著者の制作エピソードも収録。

空の冒険の文庫

空の冒険のKindle版

ツイートする