フェルメール 光の王国 (翼の王国books)

  • 532人登録
  • 3.92評価
    • (47)
    • (47)
    • (46)
    • (5)
    • (1)
  • 76レビュー
著者 : 福岡伸一
制作 : 小林廉宜 
  • 木楽舎 (2011年8月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863240407

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
シーナ・アイエン...
ヴィクトール・E...
高野 和明
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)の感想・レビュー・書評

  • フェルメールが好きで借りてみた一冊。著者がフェルメールとゆかりがあると見られる人、国々を辿る。著者と共に旅をした気分になれ、よりフェルメールが好きになれる一冊。

  • これ、☆10個つけることが出来るなら、それでも15個つけたくなるぐらい面白い本でした。
    ヨーロッパ、アメリカの美術館に点在するフェルメール作品を辿る紀行文なんですけど、超絶に楽しいのです。生物学者である作者が、自らの専門分野の知識を活かし、各地ゆかりの学者のお話をからめつつ、フェルメール作品に隠されたナゾを推理してくんですけど、なんというか、それ以上に、各都市の空気感みたいなのが行間からにじみでてて、チョーー旅行に行きたくなるという。って、これ、もとはANAの機内誌の連載だったんですね。たまらんわ!!

  • 大好きなフェルメールと福岡氏、しかもオールカラーでたっぷりの写真、それだけで大満足。オランダ行きたいな。

  • 光が、音や電波のような振動、というよりはむしろ粒子であることを理論的に予言したのは、ほかならぬアインシュタインである。しかし、アインシュタインに先立つこ300年近く前、すでに光が粒子であることを、確かに認識していた人がいるという。それが、17世紀オランダ美術を代表する画家ヨハネス・フェルメールである。

    細部に秩序ある調和として現れている「光のつぶだち」が印象的なフェルメールの作品は、現存するものが37点。世界中に散らばっているフェルメールの作品の展示場所が、本書のインデックスでもある。登場人物は、レーウェンフック、エッシャー、野口英世、ガロア、ライアル・ワトソン、シェーンハイマーなど多士済々。本書は、分子生物学者 福岡伸一が「フェルメールの作品が所属されている美術館に赴いてフェルメールの作品を鑑賞する」というシンプルな原則に則って、思索を巡らせた美術紀行である。

    ◆本書の目次
    第一章 オランダの光を紡ぐ旅
    第二章 アメリカの夢
    第三章 神々の愛でし人
    第四章 輝きのはじまり
    第五章 溶かされた界面、動き出した時間
    第六章 旅の終焉
    第七章 ある仮説

    ワシントンの国立美術館の中にある作品『フルートを持つ女』。この絵はほかのフェルメール作品と違って、例外的に、板の上に描かれている。サイズも格段に小さく、意匠も、絵のタッチも、筆遣いも、光の角度もフェルメール的ではない。そのため、多くの研究者がこの絵をフェルメールの真作と認めていないともいう。

    その絵に関して、とある学芸員がこのように言う。「絵を見るとき、あなたは何を見ますか。相違する何かを探しますか。それとも相補する何かを探しますか」この台詞が、本書における著者のスタンスを決定付けたかのような印象を受ける。著者はフェルメールの絵画と、自身の専門である科学との間に、相補する何かを見出そうとするのである。

    例えば、ルーヴル美術館にある『レースを編む女』。この絵の特徴は、「コンピューターのICチップスの組み換え作業だといわれても納得するような、この絵にみなぎる時代を超えた精密感」というものである。数学的な美しさにも満ちたこの絵は、カメラ・オブスクーラという光学器具を使って、部屋の三次元的構図をキャンパスの二次元平面に正確に写し取られたとされている。フェルメールは、つねに空間の測定と幾何学の実現を企図していたのだ。

    ここで、著者の思索は、同じくフランスに生まれた天才数学者ガロアの方へと巡らされる。ガロアは『幾何学言論』を読み、幾何学の建築がギリシア神殿のような単純さと美しさで建立されてゆくのを目の当たりにし、幾何学構造の偉容を理解した人物。フェルメールもガロアも、この世界には、目に見えないながらも、美しい構造があると信じていたという点で、つながっていたのである。

    また、著者の専門領域である分子生物学に関する記述も興味深い。著者が好んで使うキーワードに「動的平衡」という言葉がある。私たち生命を外的な環境から隔てているように見える界面が、実は私たちを環境とつなげるためにある、という事実のことである。食べ物の元素は、めまぐるしいほどの高速で、体を構成する元素と交換されており、私たち生物は、絶え間のない流れの中にある元素の淀みにすぎない、そして生命にとっては、つねに変わり続けることが、できるだけ変わらないための唯一の方法であるという生命観だ。

    この「動的平衡」という概念を、著者はフェルメールの絵にも見出す。ベルリンに『二人の紳士と女』という絵がある。この絵に描かれている二人の男は、光の当たり方は違うのだが、同じ髪型、服装をしている。著者は、彼らを同一人物ではないかと夢想する。これは推測の域を出ていないのだが、これが事実だとすると、一枚の絵に二つの異なる... 続きを読む

  • フェルメールと顕微鏡開発者のレーウェンフックの交差に関する推察は、動的平衡にも記載してある。現存する37作品中の34作品を現地で鑑賞した紀行文。

  • 20151026読了
    2011年出版。フェルメールの絵画を見るために美術館を巡ってゆく。2007年から2011年にかけてANA機内誌「翼の王国」に連載された記事をまとめたもの。こないだANAで福岡さんの記事を読んだ記憶があるので、2011年以降も続いてるみたい。●ドレスデンアルテマイスター絵画館:「取り持ち女」(1656)、「窓辺で手紙を読む女」(1657) ベルリン国立絵画館:「紳士とワインを飲む女」(1658~1660)、「真珠の首飾り」(1664)●lined・・・ライン処理。古来、劣化を防ぐためキャンパスの裏にもう一枚キャンパスを貼りあわせ補強した。その際、両側から熱をかけて接着していたため、絵の具が溶けて凹凸をなくしテクスチャーがフラットになってしまう。現在私たちが目にする絵画の多くがこの人為的な介入を受けている。フェルメールの「ギターを弾く女」(1672)はライン処理が施されず、オリジナルにもっとも近い作品。●美術作品の修復における立場はいろいろで、国によっても学校によっても違う。表面の汚れをクリーニングするのか、くすんだ色をはがして鮮やかな本来の色を塗り直すのか、修復せず現状を保ち維持する、つまり時間の流れをも取り込むのか。

  • おすすめ資料 第130回 専門以外の領域へのまなざし~フェルメールと生物学者の出会い~(2011.12.16)
     
    オランダの画家フェルメールの名を知らない人はいないのではないでしょうか。
    おそらくは、美術の教科書で一度くらいはお目にかかっているはずです。
    本書は、およそ30点強しか現存しないフェルメールの作品を、所蔵するアメリカ、オランダ、イギリスなどそれぞれの国の美術館に実際におもむいてつづられた紀行文です。

    今回この本をおすすめする理由は、フェルメールの絵の素晴らしさゆえではなく、著者とその文章に注目してほしいと思ったからです。
    著者は分子生物学が本職であり、美術が専門ではありません。
    『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書 2007年刊 )で「生命とは」という問題をわかりやすく展開され、一躍有名になった科学者です。
    その福岡氏が、今度は専門の生物学ではなく、芸術の世界を科学の目を通して解するという大変スリリングな試みをされました。
    もともと美しい文章で定評がありましたが、今回、氏が敬愛するフェルメール作品を語ることで、それは以前よりきわだって感じられます。

    すばらしい随筆をものし、人を魅了した科学者としては、日本では寺田寅彦などが知られています。
    自分の専門に基づきながらも、それを超えた広い興味と視野で物事をとらえ、かつ、たぐいまれな文章力で表現する。
    専門を超えた知の「深み」と「幅」を感じさせる本書をぜひご一読いただきたいと思います。

  • 画家フェルメールの全作品を追いかけて世界を旅行した福岡氏が、フェルメールの作品を秘密を、まるで推理小説のような面白さで解き明かしています。

  • フェルメールの絵の謎解きをするように、作者は世界中に点在する絵画の所有地にまで足を運び、当時の時代背景とともに紐解いていく。
    大変奥深いお話であった。

  • フェルメールの全作品を見て回る旅は珍しくないし、個人のブログから美術書まで色々なテキストが出回っている。しかしこの本はユニーク、「生物と無生物のあいだ」の著書が、科学者としての視点からフェルメールとその時代を描いている。
    登場するのも芸術家ではなくガリレオ、ライアル・ワトソン、野口英世など科学者だ。フェルメールの精密で理知的な画風と、科学の視点は合致するから、福岡教授はフェルメールに惹かれたのだろうか。とはいえ語り口は淡々としているどころか、イマジネーションが時に飛躍しすぎるくらいである。
    美しい写真豊富でビジュアル本としても楽しめる。ただアマゾンの書評にあったが写真に著者の姿が要らないな・・・
    2012年冬に東京でまたフェルメール展がある。じゃんじゃん来日するので「東京にいれば相当網羅できるんじゃない」と思っていたが、この本によると、門外不出で現地に行かないと絶対見られない作品もあるようだ。福岡教授は「現地で見ることに価値がある」という・・・もう少し歳を取ったらフェルメール巡りもいいかもしれない。

  • 福岡伸一さんのフェルメール愛!感じる一冊。
    当時の科学と作風の関連など興味深い内容多数。

  • フェルメールに関する書籍の中で、面白さはトップクラス。
    基本的な所は研究者の引用だが、研究者としての新たな仮説の提示に独自性。多様性。

  • 大好きなフェルメール...時代によって変わるもの、変わらないもの。素敵な作品たちを見に行きたい!

  • フェルメールも、福岡先生の文章も、どちらも好きなので、この本は全くもって最高ですね。大胆な仮説も興味深い。

  • フェルメールの作品をその制作年の順番を意識しながら見る。所蔵している美術館へ赴き、そこの学芸員に話をききながらの鑑賞は美術品に対する美術館の考え方の相違が明らかになってくる。古い絵画に対する修復は避けられないが、描かれた当時の鮮やかな色を再現するのか、経年劣化もふくめ、振リ積もる年月さえもその作品の一部とみなすのか、展示する場所も各館がそれぞれの思いで決めている。画家は一瞬を切り取り、永遠を描いた。

  • フェルメールへの愛(そして野口英世への尊敬の念?)が隅々にまで行き渡る本書、ANAの機内誌に掲載されていたものとは全く知らなかったけど、言われてみれば確かに機内で読むには良い気がする。
    確かにフェルメールって魅力的なんですな、色々思考を巡らせたくなる気持ちはよく理解できる。
    さて本書の出来とは全然関係ないけれども、この手の仕事を引き受けているということは、著者の学者(研究者)としてのキャリアは基本的には下り坂にあることを御本人が自覚しているのかもしれないですな。

  • 「アインシュタインに先立つ300年近く前、
    すでに光が粒子であることを確かに認識していた人間がいたのだ。それがヨハネス・フェルメールである。」
    生物学者の著者が、世界に散らばっている彼の絵画を訪ねて
    壮麗な美術館を巡り、その街並みの空気を感じ、
    そこを行き来した偉人達に思いを馳せる。そして…
    驚くべき仮説を立てる。

    手書きPOPより抜粋

  • (2013.07.03読了)(2013.06.29購入)
    「世界は分けてもわからない」等でも、絵画について述べている部分があったので、西洋絵画が好きな方らしいと思ってはいたのですが、美術紀行を書くまでの方とは思っていなかったので、ビックリです。ましてや、フェルメールの全作品の模作を一堂に会した美術展を東京・銀座で開催し、余勢をかって全国各地をめぐっているとは。
    世界各地の美術館に展示されているフェルメールの作品34点を見てあるいた紀行文集です。事前に美術館に連絡して、学芸員に直接説明を聞きながら、その内容をまとめています。カメラマンも同行して、絵の写真はもとより、取材中の写真なども掲載されています。
    絵の話だけでは足りない部分は、野口英世、ガロア、レーウェンフック、等で補われています。レーウェンフックについては、顕微鏡で観察した研究結果の発表用の絵がフェルメールの描いた物ではないだろうか?というのですが。
    ついでに、「地理学者」「天文学者」のモデル及び発注者がレーウェンフックではないかとも言っています。
    コレクターの収蔵品リストにはあるけど、現在所蔵先不明の作品もあるようです。盗難にあったけど戻ってきたもの、未だに行方不明のもの、色々あるようです。

    【目次】
    第一章 オランダの光を紡ぐ旅
    第二章 アメリカの夢
    第三章 神々の愛でし人
    第四章 輝きのはじまり
    第五章 溶かされた界面、動き出した時間
    第六章 旅の終焉
    第七章 ある仮説
    あとがき

    ●アメリカに15点(43頁)
    現存するとされる37点のフェルメール作品のうち、現在までに実に15点がアメリカにある。ワシントンD.C.に4点、ニューヨークに8点、そのほかに3点。
    ●絵筆(49頁)
    フェルメールの絵筆は。遊ぶように、踊るように、あるいははかない祈りのように、さりげない光点を載せるだけで、動きの効果をそこにとどめる。

    ☆福岡伸一さんの本(既読)
    「生物と無生物のあいだ」福岡伸一著、講談社現代新書、2007.05.20
    「できそこないの男たち」福岡伸一著、光文社新書、2008.10.20
    「動的平衡-生命はなぜそこに宿るのか-」福岡伸一著、木楽舎、2009.02.25
    「世界は分けてもわからない」福岡伸一著、講談社現代新書、2009.07.20
    「ルリボシカミキリの青」福岡伸一著、文藝春秋、2010.04.25
    (2013年7月3日・記)
    (「BOOK」データベースより)
    生物学者・福岡伸一がおくる極上の美術ミステリー紀行。
    --------------------------------------------
    【展覧会】
    フェルメール光の王国展
    主催:フェルメール・センター銀座 実行委員会
    (木楽舎、廣済堂、読売新聞社、電通)
    会場:フェルメール・センター銀座
    会期:2012年1月20日(金)~7月22日(日)
    入館料:大人(高校生以上)1,000円
    入館日:2012年2月14日(火)

    「このほど私たちはフェルメール理解へのひとつの試みとして、現存する全フェルメール作品を最新のデジタルマスタリング技術によって、彼が描いた当時の色調とテクスチャーを推測して、原寸大で、所蔵美術館と同じ額装を施して一堂に展示する場所を作ろうと考えました。それを可能としたのが、リ・クリエイト画像技術であり、それを実現したのがここ、「フェルメール・センター銀座」です。」(ホームページより)

    本物じゃないものを見てもしょうがないのじゃないの、と思いつつも、話のタネにと思い見に行ってきました。
    会場の建物に到着したのですが、入口が分からず、大分うろうろしてしまいました。入口は右手です、の意味がよく... 続きを読む

  • フェルメール 光の王国

    ANAのフライトの乗るたびに機内誌「翼の王国」を楽しみにしていたのは、これが連載されていたからだった。
    赴任時代に美術館巡りに目覚めてあちこちと回ったお陰で、好みだったフェルメールの本物にも随分と出会うことが出来た。
    生物学者でもある著者の福岡伸一氏は、彼の絵が所蔵されている美術館で鑑賞することを目的として、現存する37作品中34品を見て回ったらしい。
    これは本当に羨ましい限り。
    本書では、各地の美術館でそこに展示されているフェルメールの絵にまつわる話が静かに繰り広げられたり、現地に関わり合いのある科学者の話に絡められたりと興味をそそるエッセイ風の仕上がりになっている。
    最後の仮説がまた魅せる内容であり、読む者を唸らせる。
    冒頭に取り上げた顕微鏡の発明者レーウェンフックとフェルメールは、一時共同作業をしていたのではという仮説である。
    何とも絵を見る楽しみを盛り上げてくれるではないか。

    フェルメール好きの方は一読を勧める。
    そして、ぜひ一度、デルフトを訪れて彼らの話を思い浮かべながら歩いて欲しい。
    中世の面影を残す街の光景が、フェルメールの絵、レーウェンフックとの話などど相俟って素敵な思い出となって心に残ることは間違いない。

  •  フェルメールに日本で人気の高い画家のひとりですね。
     本書は、ANA機内誌「翼の王国」に連載されていた紀行文の書籍化とのこと、フェルメールと生物学者の福岡伸一氏の組み合わせに惹かれて手に取ってみました。
     フェルメールの作品は「光」と切り離すことができません。光が差す瞬間を、著者は「微分」と表現しています。こういった科学者的な視点からのとらえ方に加え、作品を訪ねる旅程を記す著者の筆は、その多才さをいかんなく発揮しています。いろいろな意味でとても興味深い著作でした。

  • 誰も見たことのない、フェルメール作品だけのアートギャラリー
    フェルメール全37点のリ・クリエイト作品を一堂に展示。

    *「フェルメール・センター・デルフト」より提供を受けた画像素材を最新技術により、350年前の色彩を求めて美しく再創造。 この作業を「re-create」と呼ぶ。

    ■開催会場
    阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
    ■開催期間
    6月26日(水)~7月15日(月・祝)
    ※休館日なしの20日間
    http://www.ktv.jp/event/vermeer/index.html

  • 2013/03/26Amazonから購入

  • 題材に興味があり、著者に興味があり読み始めた、、、。資料的価値を期待。

全76件中 1 - 25件を表示

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)に関連する談話室の質問

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)を本棚に「積読」で登録しているひと

フェルメール 光の王国 (翼の王国books)の作品紹介

生物学者・福岡伸一がおくる極上の美術ミステリー紀行。

ツイートする