1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)

  • 28人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 越智 道雄  Mark Kurlansky  来住 道子 
  • ヴィレッジブックス (2008年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863320161

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

世界各国で民衆にとって激動の年であった1968年、ベトナムでは最悪の戦死者を出し、キング牧師もロバート・ケネディも暗殺され、プラハの春は踏みにじられた。英雄カストロと社会主義を選んだキューバ、メキシコシティの大虐殺…。そしてその一年を象徴的にしめくくるかのように、年の終わりにはアプロが月に到達する。手に石を持ち、バリケードを築いた学生たちは、そのとき何を見つめていたのだろうか。独自の視点で、世界のうねりを鋭くえぐり、臨場感あふれる筆致で1968年を再構築する構想十年、当時20歳だった著者の時代への熱い思いを感じされる渾身の一作。

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)の単行本

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)の単行本

1968―世界が揺れた年〈後編〉 (ヴィレッジブックス)の文庫

ツイートする