トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)

  • 1223人登録
  • 3.87評価
    • (134)
    • (131)
    • (151)
    • (16)
    • (3)
  • 78レビュー
制作 : 小原 亜美 
  • ヴィレッジブックス (2009年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321328

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 185

    2016年では65冊

  • トワイライト・シリーズ第2作。

    ある事件がきっかけで、エドワード一家が町から姿を消してしまう。残されたべラは悲しみのあまり無気力状態に。そんな彼女を立ち直らせたのはキラユーテ族のジェイコブだったが……!?

    ストーリー上、エドワードの出番が少ない。相手を思うあまりにすれ違いが生じてしまうのだが、もどかしさにじりじりさせられる。それにしてもベラってもてすぎ。

  • トワイライトシリーズ、3作目。
    人間とヴァンパイアと狼人間なパラノーマル。

    エドくんとハプニングをきっかけに別れることに。
    この巻はベラの失恋の辛さが心に突き刺さる…
    そんな中心の拠り所を見つけて楽しい日々を見つけたのもつかの間、その少年には何か秘密があって…ベラの周りで色んな事が起こり始めて…
    禁断の恋はこの先どーなるんだ。。。

  • ジェイコブか良いやつすぎて、どうしたら…(´・ω・`)
    映画を見てもずっとそう思ってた気がしますが。
    ジェイコブ、良いやつ…。

  • 個人的には前作の方が好き。
    エドワードがいなくなってほぼ出てこない。
    前作みたいなドキドキ感がなくてとにかくベラが危うい感じがダラダラ続く。
    下に期待したいところ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「ぼくはきみにふさわしくない。きみは人間で、ぼくはヴァンパイアだ…」ベラが恋に落ちた相手は、100年近くも孤独な魂を抱えて生きてきた吸血鬼だった。人間を愛してしまい苦悩する吸血鬼エドワードと、愛のために自分も吸血鬼になることを決意するベラ。たがいの気持ちを確かめ合ったのもつかの間、突然エドワードが冷たい別れの言葉を残して姿を消した。ひとり残されたベラを支えるジェイコブからも驚くべき秘密が明かされ…。

    【キーワード】
    文庫・吸血鬼・恋愛・ファンタジー・映画化

    【映像化情報】
    第1作:トワイライト〜初恋〜 Twilight(2008年)
    第2作:ニュームーン/トワイライト・サーガ New moon(2009年)
    第3作:エクリプス/トワイライト・サーガ Eclipse(2010年)
    第4作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 Breaking Dawn - Part 1(2011年)
    第5作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2(2012年)

    出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他



    4+2++1+1

  • シリーズ3冊目♪

  • 今まで読んできた本の中で1,2を争うくらい読み直した、それだけ好きなシリーズです。作者の(と言うか和訳者?トワイライトの和訳は原作の雰囲気そのままだと評判ですね)書き方が柔らかく、それでいて幼稚さを感じない文体で好きです。また、途中途中の描写でベラが来ていく洋服に迷ったりなど、本当に一般の、どこにでもいる恋する女子高生、と言う感じが違和感なく、それでいて煩くもなくさりげなく描かれていて個人的にはツボです。

  • 映画が4部作で公開されるベストセラー!!
    ヴァンパイアとの禁断のファーストラヴを描いています。
    女性にオススメ
    恋心がキュンと動かされる恋愛描写がオススメ
    男性にオススメポイント
    女性が喜ぶ恋愛観を学べ、こういうことをするとこんな反応がえられる

  • トワイライト第2弾ですよ~。
    結構、面白いじゃ~ん。映画はそうでもなかったけど。。。
    映画でかなり見落とし聞き落としてたとこがあって、それが分かったからかな~?

    やっぱりね、ちょっと照れてしまうほどのくさーーーい台詞がチラホラ。
    なーんか、こう言うかな~?
    って思うんだけど、そういうとこがやっぱりイマドキの女の子たちを魅了した一つでもあるのかな?
    牙を持った二人の王子。
    まったく、ベラったら~、二人の男に愛されていいよな~。
    ま、その二人の男は、一緒にいたら危険な存在なんだけどね~。

    やっぱり第3弾が楽しみになってくるね~。

  • 人間と吸血鬼の恋。彼に去られたベラは。

    シリーズ第二弾。
    晴れて恋人同士となった二人。二人が永遠に一緒にいるためには、ベラが吸血鬼になるしかない。けれどエドワードは激しく反対する。
    愛する相手が美しいままで老いることもないのに、自分は一日一日年をとっていく。今はお似合いな二人でも、10年後、20年後は…?ゾッとするベラの気持ちがよくわかる。

    苦悩するエドワードはベラの前から姿を消す。それがあまりにもあっさりというか、え?という唐突感。この小説の慣れないところ。もう少し余韻が欲しい。
    しかし、エドワードを失ってからのベラの様子は痛々しくリアル。失恋を経験したことのある人なら、胸が痛むと思う。

    そしてジェイコブ。まさか、第二弾で恋の相手が変わることはないだろう…と思いつつ、オイオイな展開。でもただのライバル役というだけで終わらないのが面白い。

  • おもしろい!
    ちょっとよんでて
    苦しい気持ちになる。

  • 「認めるよ。この場面のロミオはうらやましい」「きみたち人間はたやすくやってのける!植物のエキスが入った小瓶ひとつ飲みくだせばいいだけだ」
    吸血鬼の自殺って確かにむずかしそう。。。今まで考えたことがなかった。

     ちょっとしたことがきっかけでカレン一族はベラから離れていってしまう。
    一人残され、空っぽのベラにはジェイコブの癒しがいつの間にか支えとなって。。
    しかし、ジェイコブもなぜかベラを避け始める。
    学校でも孤独だし、今回はベラが一人のことが多い。
    彼女に感情移入していたら、つらいなこの1冊は。
    でも、こんな子はやっぱ友達付き合いは大変だよね。急にスイッチ切り替わってるし。何が地雷かわからない。
    なんでベラがモテるのかも相変わらず謎!

     ジェイコブはいっきなりマッチョになって登場。機械が得意で作業に夢中な様子、一緒にいても優しくて楽しくて、何が不満なんだー!
    エドワードの王子ぶりとは対極な感じ。ピアノの才能があり、労働とか汗とか熱とか無縁だもん。
    そうか私はジェイコブ派なんだな。

  • 〔「トワイライト」シリーズ 溝端淳平君イメージキャラクターキャンペーンCM(公式サイト配信中)紹介著書[本編(四期構成)9冊・外伝1冊。順次、不定期読込]図書館貸出〕

    【モバイルサイト 動画閲覧は有料登録必須】

    http://twilight-saga.jp/mobile/

    【PC】

    http://twilight-saga.jp/

  • 悲しい章です(T.T)

  • ジェイコブとベラの関係にヤキモキ・・・優しい癒し系と一緒になる方が絶対幸せになれそうだけど、エドワードのことは忘れられそうにもないな。
    カレン家との幸せな団らんが懐かしいです。
    いつ戻ってくるんだろ?

  • 少女漫画あああああ!

  • どちらかといえば、エドワード派です。

  • 愛する恋人に置き去りにされた苦悩な親友のと関係を描く、ヴァンパイアロマンス第二弾。

    一巻と比べてエドワードの登場数がすっかり減ってしまって残念。でも、年下で無邪気ながらも明るくて頼りになる、だなんて恐ろしくチャーミングな設定のジェイコブがたくさんでてくるからそれはそれでいいかも。誠実な好青年である。
    それにしてもあの森の中でのお別れシーンでは、自分で自分の腕でも切って血を出せば良いいのに、とすごく思った。
    エドワードの幻想が本当に幻想なのか、テレパシー的な何かなのか、映画でははっきりしなかったから後半が楽しみ!

  • トワイライトの続編。今回はベラとジェイコブの話。いやぁ、最初のカレン家でベラが大けがするシーンは想像して若干吐きそうになった(苦笑)でも、その後の悲しいシーンを考えると…序の口だったなぁ。

    この後、ジェイコブがどうなっていくのかが気になる展開。そしてエドワードは?…続きを早く読まなきゃ。

  • 誕生日を迎え、18歳となったベラ。
    エドワードより年上になってしまうことに苛立ちと焦りを隠せない。
    そんな中、カレン家のみんなが開いてくれたパーティーで、事件が起こる。
    事件を機にエドワードはベラを避けるようになり、ベラの前から姿を消すことを決意する。
    「きみがぼくの姿を見るのはこれが最後だ。ぼくなんて最初から存在しなかったかのように。」

    空っぽになってしまったベラ。
    でも本人は本気の本気なのに、抜け殻ベラは何かコミカルでかわいい。

    もう、無茶をしないという約束なんて知らない!
    そう思い立ち、ジェイコブにバイクを修理してもらい、レクチャーを受ける。
    ベラに幻聴が聞こえる・・・。

    “「・・・すごい。」とつぶやく。ぞくぞくする。これが“幻聴のレシピ”にちがいない。アドレナリンと危険と無鉄砲な行為。とにかくそんな感じ”

    狂気にとりつかれるように壊れていくベラも何かコミカル。

    なかなか、すごい展開でした。
    抜け殻のときに、恋人未満であっても、優しくしてくれる男性に救われる気持ちはわかるなぁ。
    傍らのジェイコブは優しくて男前だし。
    しかし、そのジェイコブにも秘密があって・・。というところが、そうは問屋が卸さぬ!って感じでしょうか。続きが楽しみ。

  • エドワードが不在の巻
    読者に対してもひどいくらい不在
    視点であるベラが怖い。
    狂気と鬱と躁を行ったりきたり。
    アンジェラが心のよりどころ、もっと出て来い
    ジェイコブは年下男子の魅力満載

  • かなりイライラさせられました。
    エドワードがいなーい。早くもどって来て。ベラが痛々しいです。

全78件中 1 - 25件を表示

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする