桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)

  • 133人登録
  • 3.93評価
    • (15)
    • (14)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 飯田雪子
  • ヴィレッジブックス (2009年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321380

桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)の感想・レビュー・書評

  • ボーイッシュすぎる見た目のせいで「桃花」という女の子らしい名前にコンプレックスを抱く主人公。
    桃花は自分とは逆で、とても女らしいルックスの雛子とルームシェアをしている。
    くしくも雛子と桃花はおなじ3月3日生まれ。
    雛子は優しくて桃花の一番の友人だが、彼女の存在が桃花のコンプレックスを深くしている部分もある。
    そんななか、桃花はバイト先で知り合った孝紘に恋心を抱く。孝紘は、普段皆から苗字で呼ばれている桃花の下の名前を呼び「似合う」と言ってくれた。
    ゆっくりと進展していく二人だが、孝紘と雛子が以前から知り合いだったことが明らかになる。
    桃花は、孝紘が雛子を好きで、雛子も孝紘を好きなのではないかと思い始める。

    「りぼん」とかに載っていた少女漫画を思い出す。主人公がクール系なので甘すぎず、さらりと読めました。
    私も自分の名前が好きじゃないので、主人公には多いに共感。
    悪い人が出てこないので、読んでいて疲れすぎず良かったです。
    ゆったり読めますが、時折ぴりっというフレーズがあって心にきました。

    P143
    自分の幸福を願うことは、だれかの不幸を願うことだ

    神社にお枚にすることが好きなんですが、これは考えたことなかった。主人公の優しさが眩しくて身に沁みました。

  • 女の子らしい雛子と、コンプレックスから桃花という名前が嫌いな主人公。
    登場人物は大学生だけど、中学生みたいな爽やかで純粋な恋愛ものでした。見た目にコンプレックスあると全力でオシャレするのが気恥ずかしいってわかるなぁ。隣にかわいい幼なじみがいると特に。

  • 青春って感じでしたっ!
    少女マンガほど恋愛って感じでもなく
    題名のようにふわりと甘い感じがすてきな気がします。

  • 名前に自信が持てない女の子。そんな子が恋をし、自信をつけていく。いや正確には自信がついたなんてわからないけれども。でもこれを読むと、自分の自信がなかったころ(今もさほどないけど笑)を思い出して重ねてしまってすごくドキドキしてしまう。軽くてハッピーエンドで読みやすかった。

  • 自分に似合っていない可愛らしい名前が嫌いな桃花。
    幼なじみ以外みんな名字で呼ぶのに、夏休みのバイト先で出会った彼は最初から名前で呼んだ。
    嫌いな名前のはずなのに、彼に呼ばれるとなぜか嫌じゃない。
    その気持ちが恋だと気付き、偶然の再会から桃花の恋が動き始める。

    大切な幼なじみとの三角関係。
    切なく純粋な恋の物語。


    まさに…純愛といった感じです。

    こんな恋のドキドキ感とかときめき、今はもう忘れちゃった…なんてことはないですけど(笑)
    でも、あぁ…恋っていいなぁって思わされるような、そんな物語です。

    名前を呼ばれるだけでドキドキしたり。
    隣を歩いてるだけで幸せだったり。

    そういうの、いいですよね。

  • すごくピュアな気持ちになれる恋愛小説。

    主人公の不器用さがすごくかわいくて、

    青春時代に戻りたくなる。

  • 恋をすることの苦しさ、切なさ、そして想いが通じた幸せ・・・それらがとても丁寧に書かれているお話。この作者のお話は切ない話だけど、流れている空気がとても優しくて好きです。

  • ジャケ買いです。
    当たりです。



    ああそうだ、

    恋ってこんなんだ。



    胸の奥をギュッと握りしめられます。





    息が出来なくなる位
    共感できる、
    恋。

  • 友達と同じ人を好きになる。
    自分ならどうするだろう、と考えました。

    ぜいたくするシーンがすごく綺麗に書かれていて、こういう生活っていいな。と思いました。
    引越し屋さんのバイトがしたくなりました。

  • 主人公は大学生の女の子。桃花。
    自分を「女の子らしくない」と思ってて、だから、ギャップのある
    自分の名前を嫌ってる。

    そんな彼女が夏休みの引越のバイトで知り合った男の子を好きになって、
    でもその気持ちに気づいたのはバイトが終わった後で、
    「また春休みにこのバイトで会おう」という口約束に期待してしまう。

    同じ日に生まれ、ルームシェアしている幼馴染。大学の友達。
    そんな周囲の人の影響も受けながら、恋に向かい合うようになる主人公。

    そんな物語。うーん、ちょっとつまんなかったかな。
    主人公の性格がどうしても気に入らなかったんだよな~
    「どうせ自分は・・・」とか「○○みたいに□□じゃないから」とか
    そんなことばかり言う人はやっぱどうも好きになれないみたい。

  • 飯田さんに出会った作品です。
    なんていうか、可愛い!
    出会えてよかったです。

  • 桃の節句に生まれた桃花。同じ日に生まれた幼馴染の雛子は誰が見てもかわいらしい女の子。それに比べて自分は、可愛らしい名が少しも似合っている気がしない。

    大学生になった桃花と雛子は、束縛せず干渉せずに、自然とよりそいながらふたりで暮らしている。そんなふたりの暮らしぶりがけっこう好きです。

    桃花が夏休みの引越しバイトで出会った孝紘。雛子との友情と、孝紘への恋心、そして自分へのコンプレックスを抱えながら、揺れる桃花。読んでいると心がほんわかする、あたたかい恋物語です。

  • のんびりと進んでいく調子が良く、可愛い内容

  • こんな同棲いいな~と思いました。生活の中に出てくる、ちょっとしたものに気品を感じます。

  • 女の子らしい恋の話。同じ日に生まれたまったく自分とはタイプの違うかわいい雛子を前に、桃花なんていう名前、全然可愛くない私には似合わないとコンプレックスを抱く。同じ相手に恋をして、二人とも玉砕してから、恋の話を二人の中ではできなくなり……。勘違いゆえの恋のアップダウンがあるのですが、桃花は自分で思っているよりずっとかわいいと思うのです。お料理上手だし、気遣いもできて、何よりしゃんと生きてる感じ。
    久々に読んだグロくも痛くもない恋の話でした。

  • この人の本を買うの、3冊目。
    なんか、ベタな感じで展開が予測できちゃったり、最後きれいにまとまりすぎだろって気もするんだけど、全体に流れる優しい雰囲気が心地よくてつい読んでしまう。

全19件中 1 - 19件を表示

桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)を本棚に登録しているひと

桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)を本棚に「積読」で登録しているひと

桃花水 きみを待つ春のほとり (ヴィレッジブックスedge)はこんな本です

ツイートする