赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)

  • 93人登録
  • 3.97評価
    • (12)
    • (7)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : J・D・ロブ
制作 : 中谷ハルナ 
  • ヴィレッジブックス (2009年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (580ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321427

赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第20弾。イヴがピーボディに自分の過去トラウマを打ち明ける、イヴにとっては決して簡単なことではなかったはずでこれまた涙涙で家で読んでてよかった。そしてピーボディが犯人に襲われ重体となり、見舞いに行った帰りにトイレでひとり号泣するイヴ(私も泣く)。1作目から比べるとイヴを取り巻く人間関係やイヴ自身もかなり変化していることがわかります。ラストはえぇぇぇ〜と声に出してしまうほど衝撃的でした。今回ロークの活躍が少なかったのが残念だけど、メイヴィスに出産手伝って依頼にうろたえるのが可愛かったな。

  • 【イヴ&ローク20作目】読みごたえ抜群。ピーボディが早く元気になって欲しい。子供みたいな大男と能力のある女。ラストはけっこう衝撃的な展開でビックリした。

  • 大人気の近未来ロマンティック・サスペンス、待望の第20弾!

    秋を迎えるニューヨークで残虐なレイプ殺人事件が発生した。被害者の女性は全裸で、凶器として使われた赤いリボンを首に巻かれ、両目をえぐり取られていた。ピーボディを連れてただちに捜査を開始するイヴ。そんな彼女のもとを、セリーナという名の美貌の女性霊能者が訪れた。セリーナは、自分は犯行の様子を夢のなかで見たと主張し、捜査への協力を申し出る。イヴはセリーナの身元を調査した結果、捜査陣に加える決意を固めた。が、その間にも、姿なき犯人は新たな犠牲者を求めてマンハッタンを徘徊していた……。人気シリーズ、第20作!

  • 2013年12月26日読了。
    シリーズ20作目。
    実は19作目を読んでないのに、先にこっちを読んでしまった…。
    でも、全く問題なし。

    相変わらず面白いです。
    今回、連続レイプ殺人魔相手で、ミステリーとしてはちょっとスケールダウンでしたが・・・。

  • 秋を迎えるニューヨークで残虐なレイプ殺人事件が発生した。被害者の女性は全裸で、凶器として使われた赤いリボンを首に巻かれ、両目をえぐり取られていた。ピーボディを連れてただちに捜査を開始するイヴ。そんな彼女のもとを、セリーナという名の美貌の女性霊能者が訪れた。セリーナは、自分は犯行の様子を夢のなかで見たと主張し、捜査への協力を申し出る。イヴはセリーナの身元を調査した結果、捜査陣に加える決意を固めた。だが、その間にも姿なき犯人は新たな犠牲者を求めてマンハッタンを徘徊していた…。

    原題:Visions in Death (2005)
    訳者:中谷ハルナ

    ヴィレッジブックス(2009.04)

  • 秋を迎えるニューヨークで残虐なレイプ殺人事件が発生した。被害者の女性は全裸で、凶器として使われた赤いリボンを首に巻かれ、両目をえぐり取られていた。ピーボディを連れてただちに捜査を開始するイヴ。そんな彼女のもとを、セリーナという名の美貌の女性霊能者が訪れた。セリーナは、自分は犯行の様子を夢のなかで見たと主張し、捜査への協力を申し出る。イヴはセリーナの身元を調査した結果、捜査陣に加える決意を固めた。が、その間にも、姿なき犯人は新たな犠牲者を求めてマンハッタンを徘徊していた…。人気シリーズ、第20作。

  • 購入済み

    あらすじ
    ニューヨークで残虐なレイプ殺人事件が発生した。被害者の女性は全裸で、凶器として使われた赤いリボンを首に巻かれ、両目をえぐり取られていた。ピーボディを連れてただちに捜査を開始するイヴ。そんな彼女のもとを、セリーナという名の美貌の女性霊能者が訪れた。セリーナは、自分は犯行の様子を夢のなかで見たと主張し、捜査への協力を申し出る。イヴはセリーナの身元を調査した結果、捜査陣に加える決意を固めた。が、その間にも、姿なき犯人は新たな犠牲者を求めてマンハッタンを徘徊していた……。

    人間関係が構築されてきてイブのいろんな面が見えてくる。
    ピーボディーが今回はどれだけイブの大事な人になっているかがよくわかる。
    それにしてもよく計算されて書かれています。
    最後に、おお!そうか!とうなったのは久しぶり。
    次回は赤ちゃん産まれそうですね。

    Visions in death by J.D.Robb

  • 最後の真犯人が、うならせました。
    なるほど。

  • おなじみのシリーズなので、好きな人はぜひ。

  • チームワークの良さは相変わらず、読んでいて安心できます。
    後半途中の山場はやはり、チームであるがゆえに知った不安と
    恐れなんでしょうね。犯人への突っ込みが甘いなぁと思えるのは
    最後のどんでん返しが本当の作者の狙いだからでしょうか。

全11件中 1 - 10件を表示

J・D・ロブの作品一覧

J・D・ロブの作品ランキング・新刊情報

赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤いリボンの殺意 イヴ&ローク20 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする