トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)

  • 1080人登録
  • 3.95評価
    • (125)
    • (120)
    • (104)
    • (17)
    • (2)
  • 73レビュー
制作 : 小原亜美 
  • ヴィレッジブックス (2009年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (447ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321649

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
畠中 恵
有川 浩
畠中 恵
有川 浩
湊 かなえ
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トワイライト・シリーズ第3作。

    ベラとエドワードとジェイコブの三角関係やいかに?

    1作目、2作目にくらべると物足りない出来。ステキなふたりの男性に思われる女性というには、ベラの言動が欲張りな子どものようで残念。

  • トワイライトシリーズ3の上。
    ロザリー、ジャスパーの過去やらキラユーテの伝説の話が詳しく書いてあった。みんな過去はあまりいい思い出ないみたい。。。カーライルとの出会いでみんな幸せになれたんだね。

  • 映画視聴済。
    キラユーテ族の”刻印”の件、だいぶ忘れていたのでそうでした、という感じでした。
    おせおせジェイコブ。
    ロザリーとジャスパーの過去は壮絶…。

  • Ⅱよりは話の流れが好き。
    ベラとジェイコブがくっつきすぎな気がするしエドワードの中に本当に嫉妬がないのか不思議。
    Ⅱよりはエドワードや他の吸血鬼などの話が出てきて面白い展開になっていきそう。
    下が楽しみ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「運命の人は“刻印”されている。ひと目ぼれよりももっと強烈で決定的に」吸血鬼エドワードと禁断の恋に落ちたベラは、すべてを捨てて自分もヴァンパイアになろうと決意していた。しかし、ベラをあきらめきれない人狼のジェイコブが「吸血鬼になるな、おれが幸せにする」と情熱的にひきとめる。ふたつの愛、ふたつの未来のあいだで、揺れ動くベラの心の行方は…?さらに、カレン一族のロザリーやジャスパーの哀しく壮絶な過去があきらかに。

    【キーワード】
    文庫・吸血鬼・恋愛・ファンタジー・映画化

    【映像化情報】
    第1作:トワイライト〜初恋〜 Twilight(2008年)
    第2作:ニュームーン/トワイライト・サーガ New moon(2009年)
    第3作:エクリプス/トワイライト・サーガ Eclipse(2010年)
    第4作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 Breaking Dawn - Part 1(2011年)
    第5作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2(2012年)

    出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他



    4+1+++1

  • シリーズ5冊目♪
    ジェイコブカワユイなぁ~。。

  • 今まで読んできた本の中で1,2を争うくらい読み直した、それだけ好きなシリーズです。作者の(と言うか和訳者?トワイライトの和訳は原作の雰囲気そのままだと評判ですね)書き方が柔らかく、それでいて幼稚さを感じない文体で好きです。また、途中途中の描写でベラが来ていく洋服に迷ったりなど、本当に一般の、どこにでもいる恋する女子高生、と言う感じが違和感なく、それでいて煩くもなくさりげなく描かれていて個人的にはツボです。

  • トワイライトの第3弾。
    なんか、ちょっと退屈になりつつある『トワイライト』
    でも頑張って一気読みした。

    なんかね~、Bella の立場って羨ましいんだけど、二人の男がね~一人の女を争奪する、語り合うってのは、なんだかGive me a break.って感じ。
    そこまで言い合うか~?って思っちゃう。
    なんかしらけちゃう感じ。
    もっと、ほかに語ることないのかよ~~。ってね。
    それだけ情熱的っていえば、そうなんだろうけど、でもさ、男がさネチネチ言うなよ~。女じゃないんだしさ。
    って思い、中だるみしたけど、第四弾からはBellaの人生が変わってくるので、やっぱり引き続き読まなきゃね。

  • 早く吸血鬼になりたいベラ。そんな彼女を情熱的に引き止めるジェイコブ。

    日々、老いることに焦りを感じるベラ。しかし、吸血鬼になるためには数々の問題がある。愛する人のそばにずっといたいという気持ちは本物。でも、迷いがない訳じゃない。ベラの正直な気持ちに共感が持てる。この人だけがいれば他に何もいらない、そんなのは詭弁でしかない。

    ジェイコブのしつこさが楽しくなってきた。この巻は、エドワードよりジェイコブが目立っているから、ラブシーンもいいなーと思って読んでしまう。しかし、ジェイコブの刻印の相手はベラではないのでは??新しい相手が出てきたら、それはそれで興味深い。

    ロザリーやジャスパーの過去を聞くと、好んで吸血鬼になろうとするベラは馬鹿なのかもしれない。今後どうやって納得いく方法でベラが吸血鬼に変身するのか、気になる。

  • シアトルで殺人事件が連続しておき、不穏な空気がしてきた。
    じんわりと何かが近づく中、カレン一族のメンバーの過去が徐々にあきらかになる。
    ロザリーの過去が切ない。ジャスパーもだけど。
    ジェイコブ達キラユーテ族の伝説も語られる。
    カレン一族といるより、ラプッシュにいるほうがのんびりと穏やかでいいんだけどなあ。

    「あたしはだれが吸血鬼でだれが狼人間だろうとかまわない。関係ないの。あなたはジェイコブで、彼はエドワード。あたしはベラ。ほかのことはどうでもいい。」
    たぶん、二人がベラをすきなのはこういうところなんだろう。

    「きみを置いて去った自分をぼくは絶対に許さない」「この先、十万年生きたとしても」
    エドワードの過保護ぶりがすごい。孫を溺愛するおじいちゃんのよう。
    「ささやく・・・というか、甘く歌うように。エドワードの声はシルクよりしなやかだ。」ベラは相変わらず、エドワードにメロメロなんだけど、決心した心が変身後の自分を考えることでゆらいでいる。
    エドワードが長く生きてるということをわかっているつもりなんだけど、15,6歳での結婚が当たり前だった時代を生きてきた彼と現代の女性のベラとの考え方の違いは面白い。
    オースティンの本に出てくるような女の子の考え方には今更なれないもんなあ。。。

    「・・・引力がはたらくてって感じなんだ。運命の女を一目見たら、とつぜん、自分をこの場所にとどめているのは地球じゃなくなる、彼女になるんだ。」
    キラユーテには「刻印」と呼ばれる運命の出会いがあるそう。
    エドワードのもたぶんこういうものなんだろう。
    ジェイコブの「刻印」はだれ?

     今回は人物の背景説明が多かった。でも、そこが面白かった。いよいよジェイコブも始動したし。

全73件中 1 - 10件を表示

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トワイライトIII 上 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする