惨影 (ヴィレッジブックス)

  • 15人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 嶋田洋一 
  • ヴィレッジブックス (2009年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (590ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321670

惨影 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 『死影』『孤影』に続くストローマン三部作完結篇の登場であり、本来待ちに待ったというべきなのだろうが、続編出版の度に相当に時間が空いてしまうので、せっかくの凝りに凝った複雑なストーリーを、記憶掘削から開始して理解してゆくのが実のところ大変である。

     主人公は三部作を通してずっと捜査側の三人である。元CIAのウォード・ホプキンス、連邦捜査官のニーナ・ペイナム、そしてしばらく地の底にもぐって時々足跡だけを見せる謎だらけの元刑事ジョン・ザント。

     二作目『孤影』では、地下に潜るザントを置いて、ウォードとニーナを主体に描いていた。ザントは、とても謎めいていて、影だけを残す存在として敵か味方かも定かではない。本来追跡すべき歴史的殺人者集団ストローマンの一団と『死影』で逃げられたアップライトマンの創作以上に、捜査側の三人による互いの駆け引きのほうが気になるようになってしまった。

     スティーヴン・キングが絶賛した、と帯にあるように、その書きぶりはミステリーというよりホラーのジャンルに近いスリリングなものであったかもしれない。けれん味たっぷりの筆致で迫る善悪両者の対決はもちろん、情念を基調にして、それぞれの存在意義を賭した三人の、そして殺人集団との対決構造は、とても迫力に満ちたシリーズだった。

     ここまで広げてしまった風呂敷をどう収めるのだろうかと心配になるくらい殺人者の数も犠牲者の死体の数も、世界構造の異色ぶりについても、実に圧倒的である。

     しかし三部作というと大抵のシリーズがそうであるように、完結篇というものは、あっけないほどに綺麗な幕切れを見せてしまうものだ。だからこそ、小じんまりとした印象を拭えないのが、完結篇の存在である。本書においてもそのイメージを脱することはできていないと思う。

     世界の歴史を作ってきた殺人結社の存在と、これを倒す三人のヒーロー&ヒロインの存在。こんなシンプルさが、これまで善悪の彼岸さえわかりにくかったサスペンスの醍醐味をおよそ消し去ってしまうのである。サイコスリラーの恐怖から、単純な勧善懲悪の構造へとスライドして閉じてしまいがちな円環のなかで、終わってゆく緊張感の空しさを禁じ得ない。

     文体、翻訳、作品、すべてにおいて良質の三部作である。それであってもこれほどの不足感を訴える読者とは、何と我儘な存在であろうか。

  • 何も解決しないで終わった感が…。

  • やっと最終巻。長かった…でも満足です。
    前作は3部作にありがちな中弛みな感じもしましたが、さすが最終巻。今までの伏線もちゃんと回収されたたし。
    一部、歴史の苦手な私には少々混乱する先住民(?)の話もありましたが…

    ジョンとポールの最後はどうなったのか?普通に考えたら無事ではないと思う。でも続編があるなら助かってるとも思うんだけど、続編自体が難しいんじゃないかな。って事で、生きてても死んでてもどっちでも有り得るなと思った。

    ウォードとニーナには幸せになって欲しいですな!

全3件中 1 - 3件を表示

惨影 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

惨影 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

惨影 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

惨影 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする