ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)

  • 372人登録
  • 3.13評価
    • (12)
    • (37)
    • (54)
    • (23)
    • (10)
  • 61レビュー
制作 : イシイシノブ 
  • ヴィレッジブックス (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (540ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863321977

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとまとまらないので、覚書程度。

    小学生の女の子が殺される痛ましい場面から物語はスタートする。
    スージー(殺された女の子)がいるのは、自分で思い描いたような天国。
    そこから不安でバラバラになった家族をみつめる。
    妹のリンジー、知能指数が高い。クラスメートのルース、見える人。どちらも変わり者だけれど、亡くなってからのスージーにはなくてはならない人。
    特に最後。ルースの体を借りてシンと過ごすひと時はティーンエイジャーの願いがかなえられて、まぁちょっとスピリッチャルな感じだけれども、よかったよかったよ。

    この話は事件の真相をつきつめ、犯人を追うミステリーではなくて、家族と友人たちとスージーの物語。自分は殺され、バラバラにされて骨になっちゃったけれども、一旦はバラバラになった家族はいつかまた一つになって前に進んでいくという救い。

  • 高校の時に原書で手に取って、1ページ目の内容ですっかり読む気をなくしてしまった本を、10年たって日本語で。やっと読めてよかった。
    愛って大切にすべきものだな…と思った。それ以外はうまく言葉にできない。

  • とても感慨深い作品だった。犯罪に巻き込まれた少女の単なるサスペンス仕立てのストーリーではない。多面的な物語が盛り込んである。

  • 映画を観ようとして断念したやつ!

    映画が公開された時は自分はまだ幼かったから
    今このタイミングで読めて良かったなと思った

    必ず映画も観る!

  • 作者の経験から生まれた、秀作。
    アメリカという格差社会の、落とす暗い一面を思う。
    近年、更にアメリカ化されていくこの国の、起こりつつある未来にも見えた。

  • 「私」が殺されたところから話が始まる——。長女である「私」が殺され、バラバラになった家族が、少しずつ何年もかけてゆっくりと絆を結んでゆく物語。映画化された本だったので、期待値が高かった分がっかり。訳が回りくどくて分かりにくいし・・・。
    そして、ラストは、、、結局遺体も見つからないのか?。犯人もつかまらないのか?、氷柱オチ?!とちょっと拍子抜けしてしまいました。

  • ハートフル

  • レイプされ殺されてしまった14歳の少女が天国から語る物語、ときいて、ファンタジー系ミステリーみたいなものかと大きな勘違いをしてました。犯人が捕まり、遺体が家族のもとに帰る、という、わかりやすい「結末」になど、この作家の関心はない。実際に悲劇にまきこまれた人々にとって、明確な終わりなどないのと同様に。少女の悲劇的な死という衝撃を受けた家族の一人ひとりがどのように崩壊し、あるいは衝撃に耐え、そしてその後の生を生きのびていくか、語り手は10年にわたって、ただ淡々と見つめ続ける。
    娘の死が受け入れられない父親は、犯人を捉えられるかもしれないという望みに執着し、母親は、事件の衝撃によって自分自身に明らかになってしまった家族という重荷に耐えきれず逃げ出してしまう。少女が殺された畑にコミュニティの人々がキャンドルをもって集まってくるシーンは感動的だが、父親にとって大きな意味をもってしまったその儀式が、やがて消えていかざるを得ないことも、語り手は冷徹に見抜いている。そうしたすべてをみつめ、傷つきながらも、一つ年下の少女はたくましく生きのびる力を身につけていく。
    悲劇そのものが家族を崩壊させたのではない。事件はただ、無邪気な家族の絵の影で見えなかったひとりひとりの脆さと力を明らかにしたのだ。そのことを、語り手は、死んだ少女がとらえた見知らぬ女としての母親のポートレートに託して語っている。
    これはまた、家族小説であるとともに、暴力の犠牲となった少女や女性たちに捧げられた物語とも言える。天国や霊的体験といったスピリチュアルな設定をとりこんだ点はユニークではあるけれど、シリアスな題材を取り扱うのに効果的かというと、う~ん、どうだろう。特に最後に例となった少女が肉体を借りて思いを遂げるシーンもかなり微妙で、一気に子ども向けになってしまったような感が。語り口を変えれば、もっと心に残る小説になったかもしれない。
    ところでタイトルの「ラブリー・ボーン」は、ぜったいに「愛おしい骨」とすべきだったと思う。

  • 昔映画化されたやつですね。なんか海外ものの気分で。
    とにかく初期設定が重いので、ずっと読んでなかったんですが、ファンタジーな部分とラストの奇跡とやらがどんなもんかと思って…
    …やめとけばよかったです。
    全部で500ページくらいあるのですが、奇跡(かなぁ?)が起こるのは490ページくらいからで、本人は満たされたかもしれませんが、私はなんだか納得がいかないorz

    原題 / "THE LOVELY BONES"(2002)
    ブックデザイン / 鈴木成一デザイン室+草苅 睦子(albireo)
    カバー写真 / 岩田 和美(鈴木成一デザイン室)

  • 少女の殺され方が生々しかった。

    語りが少女という設定なので、
    全体的に可愛らしく、
    風景などの説明がモッタリしているところも子供らしくて良かった。
    死をきっかけに崩壊する家族、
    それを乗り越えてのハッピーエンド。

    犯人は捕まらなかったけど、
    それはそれでありかなと思える話だった。

全61件中 1 - 10件を表示

アリス・シーボルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)の作品紹介

スージー・サーモンは14歳。初恋にときめき、将来を夢見るふつうの女の子。だけど、ある冬の夕方、学校から帰る途中、近所の男に殺されてしまった。どんな願いもかなう天国へ行ったスージー。でも、たったひとつの望みはかなわない。それは大好きなみんなと一緒にいたいということ。突然彼女を失った悲しみでおかしくなった家族を助けたい。もっと恋をしたい。自分を殺した犯人はあいつだって教えたい-届かぬ想いを抱きながら、せつなく地上を見守るスージーに、ある奇跡が…。冒頭の衝撃と、ストーリーの素晴らしさで異例のセンセーションを巻き起こした感動作。

ラブリー・ボーン (ヴィレッジブックス)のハードカバー

ツイートする