女のしくじり

  • 704人登録
  • 3.24評価
    • (27)
    • (78)
    • (118)
    • (34)
    • (16)
  • 121レビュー
著者 : ゴマブッ子
制作 : 小迎裕美子 
  • ヴィレッジブックス (2009年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322004

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
東野 圭吾
夏川 草介
冲方 丁
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

女のしくじりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帯に書かれている「独身と、既婚者なんて紙一重。」の文字が秀逸

  • 結婚が女の人生のゴールだという事を前提に書かれています。
    要するに、結婚したいならこんなことは絶対しちゃダメという、反面教師本。
    結婚するまでなら多少の我慢や演技はしょうがない、というスタンスなので、真面目に読むよりはネタとして読んで、ご本人の言う通り「小さな何か」に気づくのが一番いい読み方かと思います。

    個人的にはブログ本「あの女」のテンションの方が好みですが、実例?を混ぜた説明などはそのままで、楽しめました。

    モテ本ではなく、エンタメとして面白い本です。

  • 負け犬の教祖T子さんに一冊書いてもらいたい(笑)。

  • しくじり内容が偏っていて私の様なキャリアウーマンでもなく、おしゃれでもなく、教養があるわけでもない女からすると違う世界の住人のお話w
    でも所々ドキッとさせられる記述があり心が痛い…

    ゲイ特有の言い回しなんでしょうか。
    何故疑問形でもないのに文末に「?」を多用するのか。
    こそばゆいというかなんというか。
    あとスペース入れたりね!
    読 み に く い わ よ ?

    2013/04/10-13

  • しくじりまくってる私には耳にいたいことも多かったけど、思わず笑っちゃう部分もたくさんあったわ。でもね?文末に異常なほど居座ってる「?」の存在がどうにもこうにもカユくて途中で本を投げたくなったわ?

  • 人気ブロガー ゴマブッ子さんのブログ本。
    ゲイの人が書いてるだけあって、口調とか言い回しが面白く、サクッと読める。
    自身や知人・友人の数々の恋愛しくじりエピソードが書かれていて、本当に面白い!
    「これ、わたしもやってた!」なんて恐ろしい発見も・・・。
    でも、コレを読んで、確かに独身も既婚も紙一重かな、と思う。

    一番良かったのは、最後のあとがきのゴマブッ子さんからの愛ある言葉。
    涙が出ました。

    恋愛で悩んでる女友達にぜひ薦めたい1冊。

  • いろいろ当てはまることがあったけど、結婚できてよかったです。
    後書きの「本当のしくじりは・・・」にゴマブッ子さんの優しさが出てるようで全部読んで笑って&反省した後にうるっとしました。
    何より、ウケます!

  • 相談者でも何でもないのに、読後の「ばっさり斬られた」感が半端ない…。さくさく読めて面白いです

  • 草食男子、なんて言われてるけど、男の本能は「ハンター」。追いかけさせる女になること。重く、しくじる女のエピソードと、「綺麗売り」する方法が笑いも交えて紹介されている。結局は「自分を好きになる、大切にする」という事だとわかった。そして世の女性のしくじりに大変共感(苦笑)自分だけじゃないんだ、と明るくもなれる。そして前向きに人を好きになろう!って思える。バイブル!!

  • 『結婚できない女』の、その理由を読み解く!
    酒井順子『負け犬の遠吠え』以来現れ始めた、逆(?)モテ本の一種。
    ゲイ男性がもともとブログで行っていた連載を、書籍化した一作。

    現役キャリアウーマンの姉から貸し出されました。
    誇張というか特殊要件はあるけれど、なかなか面白く読めました。

    『結婚できない女』の要件を「プライド」「酒」「お笑い」「金」「デキル女」に分けて、具体的例を挙げながら解説していってます。
    めちゃくちゃ簡単に言えば、「プライドの高すぎる女」「酒飲みの女」「お笑いに走ってしまう女」「金遣いの荒い女」「仕事ができすぎる女」はモテないって話。
    最初のプロローグ的な部分にチェックボックスがあって、自分がどのタイプでしくじってしまってるか分かるんですが、自分が一番あてはまったポイントは『プライド』です。
    「プライド」に焦点をあてた項目については、「あ~あるある」と笑いながら読めましたが、他の項目については覚えがなかったもので、「ふ~ん、そういうものなのか」みたいな感じでした。

    口語体でさらっと読めるので、話のネタとして読むには割と面白いと思います。

全121件中 1 - 10件を表示

女のしくじりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女のしくじりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする