忘れえぬ夏を捧げて (ヴィレッジブックス)

  • 33人登録
  • 4.07評価
    • (3)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 矢沢聖子 
  • ヴィレッジブックス (2010年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322196

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

忘れえぬ夏を捧げて (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 放蕩子爵 × 完璧女子
    ヒーローが3.4回はプロポーズするし、追いかける追いかける。ヒロインの姿を見られて「おお!やった!」なんて言う無邪気なヒーローは初めてだよ。結構辛い過去もあるんだけど、2人とも健気でひねくれていないのがイイね。
    シリーズだから、ああ!あのときの!っていうのもあったりして、それも楽しいね。

  • ロンドンの社交界で放蕩者・子爵キット。彼は父親が決めた婚約者との結婚を避けるため自分で相手を探すことに。そしてローレンに白羽の矢を。ローレンはある条件をつけてキットの婚約者になりすますことに同意。その条件とは、思い出に残るひと夏を過ごさせてくれること…。

  • 人の心の機微が繊細に描かれてる作品。戦争の悲惨さや家族の愛憎など盛り沢山だけど、それを超える希望があるから読後感が幸せ。
    ヒーローもヒロインも一筋縄ではいかない、複雑な人物で魅力的。
    ヒロインは子供時代をヒーローは家族の信頼を、それぞれの力を借りて取り戻す姿に感動した。
    もう少し主要じゃない登場人物が減ったら読みやすかったかも。

  • きゅんとした。バログ作品だいすき…。

    ロンドン、アルヴズリー、ニューベリー・アビー。

    木登り、水泳、ワルツ、ピクニック、たのしそう。

    A summer to remember の訳し方もすき。

  • 悪者がいない話でした。

全5件中 1 - 5件を表示

忘れえぬ夏を捧げて (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする