トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)

  • 883人登録
  • 4.13評価
    • (115)
    • (86)
    • (55)
    • (7)
    • (4)
  • 68レビュー
制作 : 小原亜美 
  • ヴィレッジブックス (2010年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (521ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322332

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ファンタジーもラブロマンスも苦手だった私ですが、このシリーズは楽しめました。
    古本屋で何となく一巻目を買って、あまりの面白さに数日後に全巻購入。
    途中あんまりなところもありましたが、全多的には大満足な面白さでした。
    エドワードの台詞と態度が甘々過ぎて、ちょっと苦笑いの部分もあったけどね 笑
    ヴァンパイアという設定だからこそ許せる態度だなぁなんて思ったりもして…^^;

  • トワイライト・シリーズ第4作。

    ヴァンパイアとして覚醒したベラ。新たな生活へと踏み出すが、生まれた子供をめぐって危機が訪れる。

    母は強しというけれど、ベラの強靭さにはびっくり。か弱い女の子を強い男が守るという図式がひっくり返り、エドワードとジェイコブの存在が希薄になってしまった。

  • 映画視聴済。
    ラストのヴォルトゥーリとの対峙シーンは小説・映画それぞれの見せ方でよかったなぁと思う。
    ジェイコブ、ようやく落ち着けるね…よかった…。

  • トワイライト最後。
    おもしろかったけどあまりに呆気ない戦いだったかも。ミステリーというか謎解き要素もあったけどさすがに少し荒い感じはした。
    レネズミの今後が気になります。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    「あたし、吸血鬼になるために生まれてきたのね…」転生のときを迎えたベラ。そこには予想を超える壮絶な苦しみが待っていた。命をかけてベラが守りぬいた運命の子は、魔性の存在なのか天使なのか…。禁断の「不滅の子」に裁きを下そうとヴォルトゥーリが訪れることを知り、エドワードたちは仲間となるヴァンパイアを世界各地から集め、ある賭けにでる。掟を破ったカレンたちの命運は?そしてジェイコブの意外な“刻印”の相手とは?運命の出会いに始まったヴァンパイア・ロマンスは衝撃のフィナーレへ。感動の最終章。

    【キーワード】
    文庫・吸血鬼・恋愛・ファンタジー・映画化

    【映像化情報】
    第1作:トワイライト〜初恋〜 Twilight(2008年)
    第2作:ニュームーン/トワイライト・サーガ New moon(2009年)
    第3作:エクリプス/トワイライト・サーガ Eclipse(2010年)
    第4作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1 Breaking Dawn - Part 1(2011年)
    第5作:トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2 The Twilight Saga: Breaking Dawn - Part 2(2012年)

    出演:クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン 他



    4+1+++1

  • シリーズ9冊目、最終巻♪
    IIIまでは文句なしに楽しかったです。
    IVは内容が重かったです。
    この辺でハッピーエンドで終わってちょうどよかった(笑)
    末永くお幸せに♪

  • 今まで読んできた本の中で1,2を争うくらい読み直した、それだけ好きなシリーズです。作者の(と言うか和訳者?トワイライトの和訳は原作の雰囲気そのままだと評判ですね)書き方が柔らかく、それでいて幼稚さを感じない文体で好きです。また、途中途中の描写でベラが来ていく洋服に迷ったりなど、本当に一般の、どこにでもいる恋する女子高生、と言う感じが違和感なく、それでいて煩くもなくさりげなく描かれていて個人的にはツボです。

  • 面白かった〜♪
    けど、結構都合がいい展開ばかりで、もう少し深みがほしいところでした。
    これもひとえに、作者のキャラクターへの愛ゆえだったのかな。
    私も、どのキャラクターも好きだったのでこの結末には満足。レネズミの物語ができたら是非読んでみたいです。

  • 最終章まで読んでみてよかった。

  • いったいいつから読んでたんだ?と思って、調べてみたら、2010年11月末に最初の上下巻を購入してた。
    それから丸2年か、、

    最初はDVDのレンタルからで、吸血鬼に狼男か…って感じであまり期待せずに観たら、一気にハマり、原作読もうと購入。

    それが読み終わるかってところで、東日本大震災が発生。
    ライフラインや交通機関が通常に戻ったのが1ヶ月後で、それから恋愛ものを読む気が起きなかったけど、またいつ物が手に入らないことが起きるかわからないし、読めるようになったら最後まで読みたいしと思って、交通機関が戻った頃に、最終章まで書店で一気に購入した。

    その後はやっぱり読む気が起きず、いろいろ文庫買っては中途半端に読んで、買って、を繰り返し、今年の夏ごろからまた読み始めた。

    きっと女子なら、いくつになってもハマる本と思う。
    映画はまだ終わってないのでそっちも楽しみ。

全68件中 1 - 10件を表示

ステファニー・メイヤーの作品

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

「あたし、吸血鬼になるために生まれてきたのね…」転生のときを迎えたベラ。そこには予想を超える壮絶な苦しみが待っていた。命をかけてベラが守りぬいた運命の子は、魔性の存在なのか天使なのか…。禁断の「不滅の子」に裁きを下そうとヴォルトゥーリが訪れることを知り、エドワードたちは仲間となるヴァンパイアを世界各地から集め、ある賭けにでる。掟を破ったカレンたちの命運は?そしてジェイコブの意外な"刻印"の相手とは?運命の出会いに始まったヴァンパイア・ロマンスは衝撃のフィナーレへ。感動の最終章。

トワイライトIV 最終章 (ヴィレッジブックス)の文庫

ツイートする