新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)

  • 176人登録
  • 3.69評価
    • (6)
    • (10)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 田栗美奈子 
  • ヴィレッジブックス (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322486

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 確か、中学か高校生のときにぼろぼろ泣きながら読んだ記憶があります。優しい家族の思い出が苦しいです。

  • 心が痛くなりました。

  • 主人公が可哀想すぎて、続編が読めない。

  • 友達の司書さんにすすめてもらった本です。
    まだ幼年期しか読んでいないので、最後の巻まで読んだら感想を書きたいと思う。
    読み終わった後、涙がとまらなくて、気持ちを切り替えるのが大変だった。

全5件中 1 - 5件を表示

デイヴ・ペルザーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

「なぜ、ぼくだけがこんな目に?」-母親に名前さえ呼んでもらえない。"That Boy(あの子)"から、ついには"It(それ)"と呼ばれるようになる。食べ物も与えられず、奴隷のように働かされる。身の回りの世話はおろか、暴力をふるわれ、命の危険にさらされ、かばってくれた父親も姿を消してしまう-児童虐待の体験者がその記憶をたどることは、きわめて苦痛と困難をともなうものだ。本書は、米国カリフォルニア州史上最悪といわれた虐待を生き抜いた著者が、幼児期のトラウマを乗り越えて自らつづった、貴重な真実の記録である。

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 幼年期 (ヴィレッジブックス)の文庫

ツイートする