新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 少年期 (ヴィレッジブックス)

  • 152人登録
  • 3.53評価
    • (5)
    • (12)
    • (13)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 田栗美奈子 
  • ヴィレッジブックス (2010年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322493

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 少年期 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 主人公が母親から解放されたところから物語は始まる。どんなにひどい目にあわされても、やはり子供は親に好かれたい、認められたいと思ってしまうものだということが、よく伝わってくる描写があった。決して読んでいて楽しい本ではないが、主人公のような想像を絶する環境で育った子供が現実にいるということを、大人も子供も知っておくべきだと思った。

  • 自分の首を絞めることになると分かっているのに、次々と問題を起こしていくのは、やはり虐待が原因で心が歪んでしまったからなのでしょうか。 仲間に認めてもらいたくて・・・という必死な思いが切なかったです。

  • やっぱり胸がしめつけられる本。
    早く幸せになって!と願いながら読んでます。

全4件中 1 - 4件を表示

デイヴ・ペルザーの作品一覧

デイヴ・ペルザーの作品ランキング・新刊情報

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 少年期 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 少年期 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新訂版 “I t”(それ)と呼ばれた子 少年期 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする