眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)

  • 40人登録
  • 3.72評価
    • (3)
    • (7)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : 松井里弥 
  • ヴィレッジブックス (2010年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322745

眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • ダーク&スティールシリーズ2
    前作にも登場したサイコメトラーヒーローと不思議な力で傷や病を治すことができるヒロイン。
    前半は誘拐、監禁、殺人、レ○プ等暗い出来事ばかりなので、ヒーローとヒロインが監禁先で出会った時には思わず安心した。
    それでも半分以上監禁先の施設で話は進む。
    なのでロマンスどころじゃない!
    とは言えヒーローとヒロインの心が触れ合うシーンはなんとも素敵。文字通り心が通じ合っている二人。
    回復系ヒロインだけど強い女性で何度ヒーローの命を助けたことやら。
    シリーズものらしく色んな謎や伏線を残したまま終わったので続きが気になる。

  • 内容はエグいが、ストイックに闘うヒーロー・ヒロインが◎

  • 2011年9月4日読了。

    ダーク&スティールのシリーズ2作目。
    今回のヒロインは、能力が癒し系の割に、気が強くて前向きで結構好きでした。
    謎の組織が出てきたけど、謎は中途半端に解明されないまま、黒幕が死んじゃってちょっと消化不良ではありましたが、登場人物が生き生きしてて、読みごたえはあったかな。

  • 心に秘めている気持ちまで全て聞こえてきたら、生きるのもしんどいでしょうね。

  • 〈ダーク&スティール〉シリーズ2作目

  • 小児病院でボランティアとして働くエレナには、ある秘密があった。それはふれただけで重い病や傷でも治癒できるというもの―その力で、これまで数多くの命を救ってきた。だが、ある日何者かによってエレナは拉致される。目覚めたのは、彼女同様、特殊な能力を持つ者たちが実験動物のごとく囚われた研究施設。そこでエレナは、憂いを帯びた魅力的な男アルトゥールと知り合う。かつてマフィアの殺し屋だったという彼もまた、人知れぬ“力”の持ち主だった。いったい謎の組織による能力者狩りの目的は何なのか?エレナはアルトゥールと共に強大な陰謀に巻き込まれてゆくが…。絶賛パラノーマル・ロマンス。

  • 〈ダーク&スティール 2〉治癒能力をもつヒロイン。ダーク&スティールメンバーでサイコメトラーのヒーロー。1は未読。違う場所で拉致されとある場所で出逢った2人。まるで戦時中の生体実験だなこりゃ けっこうグロイ。ヒーローが何度も瀕死の重体に陥るもヒロインのおかげで復活。もう結ばれるしかないじゃん。怒濤の展開に怒れるシェイプシフター達の反撃は驚きの連続。そこにマフィアが絡んできたり。なんか常識という感覚が麻痺しそう。シリーズ1も次も読みたいね。

全8件中 1 - 8件を表示

眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

眠れる闘士がささやく夜 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする