バットマン:ダークビクトリー Vol.2

  • 59人登録
  • 4.60評価
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : ャスダ・シゲル  御代しおり 
  • ヴィレッジブックス (2010年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322776

バットマン:ダークビクトリー Vol.2の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

バットマン:ダークビクトリー Vol.2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バットマン:ダークビクトリー Vol.2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バットマン:ダークビクトリー Vol.2の作品紹介

"ホリディ連続殺人事件"から約1年。恐怖の記憶も覚めやらぬゴッサムを新たな連続殺人鬼が跋扈する。その名は"ハングマン"。警官ばかりを狙うハングマンの意図とは何か、そして、殺害現場に残されたゲームに隠された秘密とは…。ゴッサムを支配下に置いてきたファルコーネ帝国の黄昏を尻目に、我が物顔で暴れまわるジョーカーら、"フリーク"達。トゥーフェイスとなった盟友ハービー・デントの思い出を胸に、心を鬼にして捜査を進めるバットマンとジム・ゴードン本部長。古き悪と新たな悪、そして正義を求める者達の三つ巴の戦いは、ハングマン事件を軸に思わぬ展開を見せていく。新たな悲劇を呼びながら…。話題作『バットマン:ダークビクトリー』完結編、ここに登場。

ツイートする