トワイライト 哀しき新生者 (ヴィレッジブックス)

  • 486人登録
  • 3.79評価
    • (33)
    • (51)
    • (51)
    • (6)
    • (0)
  • 35レビュー
制作 : 小原亜美 
  • ヴィレッジブックス (2010年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863322813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

トワイライト 哀しき新生者 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 新生者側はこうなってたのか。
    ブリーの物語。哀しいです。
    ディエゴが死んだと気づいたときにはもう遅すぎて・・・。
    殺されるとわかってて、エドワードにありったけの情報を与えて。
    最期の瞬間まで、ブリーは精一杯生きたと思う。

  • ディエゴに生きててほしかった…久し振りにトワイライトシリーズ読んだけど、やっぱりすき。もう一度読み返したくなった。

  • 後半、ベラ達が出てきて懐かしかった。またトワイライト読みたくなった。それかDVD最初から見たいなあ

  • シリーズ番外編♪

  • 本編はかなり前に読んだので、曖昧な記憶を辿りつつ…。

    フレッドのその後が気になる。

    本編と合わせてもう一度読みたい一冊。

  • トワイライトⅢで登場したヴァンパイア・ブリーの切ない運命を描いたシリーズ外伝。

    本編既読なので結末は先にわかっていて、どうあがいても悲しい結末になるのはわかっていたので、なかなか手を付けられない一冊でした。
    でも、本編でほんの数ページでしか描かれていなかった人物の裏の世界が細かく知ることができ、作者が「もっと違う結末を彼女に用意してれば…」と思う気持ちがとてもわかりました。それに、ベラがとても恵まれた新生児だということも。
    本編ももう一度読み直したくなってきました。

  • なんという悲しい話だ…
    ブリーにはそんなことがあったのね。
    フレッドは生き延びられたかしら。

  • トワイライトシリーズのスピンオフ作品。

    本編ではベラに新生者としての姿を見せるために出てきたであろうブリーの話。
    ブリーの哀しみを表現したかったのだとは思うのですが
    何がというわけでもないのですがなかなか先に進めませんでした。
    全体的にぼやけてしまった感じです。

  • トワイライトの新生者のある一人から見た世界。
    なんか切ない。
    どこで誰に出会うか、それが運命を変えていくことってある。
    ブリーにも分かれ道は沢山あっただろうに。

  • ブリー。
    ちょっとしか出てこなかったけど、エクリプスの、最後の新生者。

    かわいそうで読むの気が進まなかったけど、あの時エドワードは気がついて聞こえていたんだとか、
    ブリーのあの小さな子の精一杯の反抗があったんだとか
    わかって、ますます、染み入ります。

  • 自分のうしろに女の子が隠れてくれるなんてフレッドは嬉しかったに違いない。

  • 本編を読み終わっててブリーの運命を知ってるだけに、めちゃくちゃツライ。
    ブリーとディエゴの2人がめちゃくちゃ可愛くて、なんならベラとエドワードより好きだなぁと思うくらいだったから余計哀しくなってしまいました。

    以下ごっつネタバレ。
    本編(特に映画での映像上で)でのブリーの最期、すごくキョトンとしてて状況よくわかってないまま死んじゃった印象があったんだけど、この本を読んでそれが演技だったってこととか、心の中では必死でエドワード(マインドリーダー)に真実を伝えようとしてたりとか、精一杯のことをしていたと知って辛かった。
    その上で、ちょっと達観してるような印象すらあるくらい落ち着いて受け入れてるもんだから読後感は奇妙に爽やかだったりして、なんだか不思議な感覚になりました。

  • ブリーは精一杯生きた。それに尽きる。

  • タイトルの通り本当に悲しいバンパイアの話しです。結末をトワイライト本編で知ってるだけに読んでいてとても悲しいです。ベラの様に幸せなバンパイアばかりでなく、むしろブリーの様に悲しい人生を送ったバンパイアの方が多いのでは…誰と出会うかで、大きく人生が変わると言うことを感じる一冊です。

  • ■ 1163.
    <読破期間>
    H23/7/11~H23/7/14

  • 外伝。別のヴァンパイアの視点で書かれたもの。可哀そうな話。

  • 映画トワイライトの三作目でも出てきた新生者の女の子、ブリーのお話。ベラとエドワード達の視点ではないからあまり関わってこないけれども、トワイライトの世界を純粋に好きであるなら知りたい部分だったと思う。けれどもタイトルでも分かる通り哀しい結末だから、もしこの結末になっていなかったらと想像してやまない。

  • ついに終わってしまった。。。脱力しています。

  • 知ったら知ったでよかったけど、知らなくてもよかった話。

  • トワイライトは、主人公がベラだからおもしろかったんだな。

  • 「トワイライト」外伝。ヴィクトリアの捨て駒として、ベラたちを襲った新生者、ブリーの物語。ブリーって誰?ああ、確かに?に出てきている。見てないけれど映画「エクリプス」ではジョデル・フェルランドが演じているとか。「タイドランド」の子役でなかなか雰囲気がある。いまさらという感じが強いから★はこれだけです。

  • 1月11日

    この時だけでも、ブリーが助かればとかディエゴとフレッドと結ばれればとかハッピーエンドに考えちゃう

  • 作者がこの物語を書き終えた時にトワイライト?をもっと違う形で終わらせておけば良かったと言っていたのが分かる気がした。
    サラサラと読めるし、もう一度トワイライト?を読み返したらまた違った視点で見えるなと思った。
    トワイライトファンなら読んで損無しな本だと思う。

  • トワイライトシリーズが大好きなので迷わず購入。
    シリーズⅢに登場していたブリーの視点で描かれたヴァンパイアの世界。
    この本を読んだ後にもう一度シリーズⅢを読むと,新しい見方が加わってもっと本の世界に入れる。

全35件中 1 - 25件を表示

トワイライト 哀しき新生者 (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

トワイライト 哀しき新生者 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トワイライト 哀しき新生者 (ヴィレッジブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする