ショパンの手稿譜 (ヴィレッジブックス)

  • 87人登録
  • 3.05評価
    • (1)
    • (10)
    • (17)
    • (8)
    • (1)
  • 15レビュー
制作 : 土屋晃ほか 
  • ヴィレッジブックス (2010年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323001

ショパンの手稿譜 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • ジェフリー•ディーヴァーが指揮をとり、15人の作家が一章づつ書いていくリレー小説。ポーランドでピアノ調律師が殺害された事件から始まり、退役軍人とその周辺人物たちが謎の手稿譜をもとに狙われる話。FBIやテロリストが入り混じり、結末はどんでん返しが待っている。ストーリーは展開もよく、面白く読めたが、リレー式による繋がりがいまいちな部分もあってもったいない気もした。できれば全部ジェフリー•ディーヴァーで読みたかったかな。

  • ディーヴァーも書き手の一人となっているミステリー短編集かと誤解していたが、実際は一つの物語をディーヴァーを含む15人の小説家がリレー形式で書いた長編ミステリーだった。不安半分期待半分で読み始めたが、嬉しいことに期待以上の水準のミステリーだった。ディーヴァー流のどんでん返しあり、各作家の味付けもあり、十二分に楽しめた。ディーヴァー・ファンの人は必読。

  •  リンカーンシリーズのディーヴァーが先頭にたって書いたリレー小説。
     元軍人で、今は音楽史の教授をやっているハリーは、ショパンの手書きの楽譜をめぐる陰謀に巻き込まれる。

     リンカーンシリーズでも、知識の深さが際立っているディーヴァーだけど、これもすごい。
     いやはや、音楽に対してもここまで博識だったとは。
     
     物語は、多分破綻しないためなんだろうけど、わりとさっさと展開していきます。
     この人は、ここからここまでの展開を何ページで、って感じでわりふったのかなってイメージ。それぞれの作家が勝手に話を動かしたっていう雰囲気はなく、…うん、ディーヴァーが指揮者で他の作家はそれぞれのソロ楽器を担当って感じ。
     故に、それぞれ思い入れがあるキャラがあるらしくて、章によってそのニュアンスが感じられて面白かった。

     とても面白かったんだけど、シンフォーニーというよりは、室内楽かな。
     ちょっとこじんまりまとめすぎてる、感じはいなめない。

     とはいえ、同じ主人公で別作品があるそうなので、それも早いとこ読みたいです。はい。

  • ポーランドの空港で国家警察に身柄を拘束された音楽史の教授ミドルトン。前日に会ったピアノ調律師が惨殺されたことに対しての容疑だった。取調べはミドルトンの過去にも関わっていた。訳の分からぬまま、彼の過去に関わる人物が殺されていく。それは彼も例外ではなかった。そして、それは娘に対しても。謎が謎を呼ぶ展開にある人物が浮き上がってくる。幻のショパンの手稿譜が事態を加速させていく。__リレー形式の連作集。ジェフリー・ディーヴァーを筆頭に15人の作家が話をつむいでいく。どの章も個性的な人物が登場し、展開を派手なものにしていくのも面白かった。ディーヴァー得意のどんでん返しも、もちろんあります。

  • 「ショパンの手稿譜」読んだ。 http://tinyurl.com/4p3xm7v モーツアルトやショパンの名前が、コソボやサリンやFBIとかの名詞と並んでて変なかんじ。終わってみれば筋は単純なのに、人物と相関が多くてこんがらがっちゃう。複数の作家による連作(連訳)も変わってる。

    「ショパンの手稿譜」は、地震の夜に会社泊を覚悟して「何はなくとも本」と、会社の近くの本屋さんで買った本。何を読もうか悩んで、一番いいのはノンフィクション、でも変にくせのある日本語より、没個性文体(翻訳物)の気分だなあ、と思って選んだ。はい、ミステリーとは思ってなかったです。

  • 最初は非常に重苦しい感じで始まるが、結構テンポは速いね。
    主人公のハロルド・ミドルトンは元陸軍情報部の大佐で現在音楽史の教鞭を取る先生というのは、なんかダビンチコートのローバート・ラングトン教授とだぶってしましました。結構いい感じですね。あちらは銃は使えないですが、スーパーマンのような活躍をします。
    でもこちらの主人公ミドルトンはさすが、元陸軍大佐なので、銃もきちんと使えるし、回りに凄腕の元部下であった、同僚がいたりと結構良い。またディーヴァーの小説のように最後の最後までどんでん返しが有り、味方かと思っていた人が敵だったり、いろいろ有っていつもディーヴァーを読んでいるようでした。リレー小説ということで、まとまりが無いかと心配していましたが、非常に話のまとまり方が良いです。
    ミドルトンを主人公とした次も既に有るようですね。 楽しみです。

  • 途中放棄。最後まで読み切れなかった。
    どうもジェフリー・ディーヴァーは苦手らしい。

  • 豪華なリレー小説。

  • 20110621
    うん、面白かったー
    前半は登場人物がどんどん出てきて後半はその人たちをどう収拾つけるかと思ったけど、うまくまとまっていました。
    誰が敵か味方かわからない、盛り上がりをうまくつなげていくところがやっぱり上手だなと思いました。
    前の人の設定を踏まえて続きも破綻しないようにしつつ、意外な展開をひねり出すという。
    楽しんで書いてるなって感じ。
    ちょっと凝りすぎてたかも?という点もあるけれど。

    訳者が違うのも面白かったです。
    雰囲気もちょっと変わりつつ。

  • 日本の小説続けて読んでたので、人間関係がうまく把握できず・・・
    まあリレー小説という趣向を評価するということで。ディーヴァーだけのが読みたいな。
    (「BOOK」データベースより)
    ポーランドの空港で殺人容疑をかけられ、国家警察に連行されたアメリカ人の音楽史教授ミドルトン。ワルシャワで、ピアノ調律師が何者かに惨殺されたのだ。彼は死んだ調律師から未発表のショパンの手稿譜を託され、鑑定することになっていた。その矢先、同じ日にパリの獄中で戦争犯罪人ルゴヴァが毒殺されていたことが発覚する。コソボ解放軍の司令官だった男と調律師にどんな関係が?謎が謎を呼ぶなか、あるテロリストの名が浮上する。すべての鍵を握るのは幻のショパンの手稿譜―そしてミドルトンのもうひとつの過去だった…。15名の豪華執筆陣が腕をふるう傑作リレー・ミステリー。

  • リレー小説。
    ディーヴァーが最初と最後を引き受けているので、何の齟齬もなくまとまっています。
    デヴィッド・ヒューソン、ジェイムズ、グレイディ、S.J.ローザン、エリカ・スピンドラー、ジョン・ラムジー・ミラー、デイヴィッド・コーベット、ジョン・ギルストラップ、ジョセフ・フィンダー、ジム・フジーリ、ピーター・スピーゲルマン、ラルフ・ペズーロ、リザ・スコットライン、P.J.パリッシュ、リー・チャイルドという面々。

    ナチスが隠した遺産が今頃、発見され、それは未発表の手書きの楽譜…?!
    ハリー・ミドルトンは、かっては陸軍の情報将校で、コソボにいた。退役後もチームを組んで戦争犯罪人を追跡していたが、ある事件の後、解散。
    50代の今は、音楽史の教授の仕事に専念していた。
    ポーランドの空港で警察に足止めされ、ワルシャワで会ったばかりのピアノ調律師が殺されたと知る。
    そのとき鑑定を依頼されて渡された楽譜は贋作としか思えない物だったが、なぜ狙われたのか。

    (ここからは別な作家)
    調律師の姪フェリシアは若きバイオリニスト。
    路上で演奏して資金を稼いでいるときに、妙に体格のいいホームレスが近づいてくる。
    命を狙われたところを助けられ?
    (また別な作家)ハリーの娘チャーリーも命を狙われる…?!
    ハリーは必死で暗号のメールを送ったが…
    (また別な作家というかローザン)
    ハリーのかっての仲間の一人、レオノーラは、アフリカのナミビアでエイズにかかった子供に薬を配る仕事をしていた。
    突然、見知らぬ男に襲われ、ハリーの居場所を聞かれる。
    返り討ちにするが…
    美しく強いレオノーラは、ハリーの手助けに向かう。

    危機に継ぐ危機のサスペンス。
    つぎつぎに、楽しんで書いている雰囲気が伝わってきます。
    設定をつなぐだけでも十分スリリングな話になるけど、途中で意外な展開を加えたり、楽しいんでしょうね~。
    日本ではあまり知られていない作家もいて、読んでみようかな…っていう気分に。
    訳者も違うのが面白いですね。
    どちらもそうそうたるメンバー。

  • ショパンの手稿譜をめぐっておこる、殺人、誘拐、陰謀のあれやこれや。

    ディーバーを初めとする15人の作家が織り成す豪華なリレー小説。
    キャラクタがみな一筋縄ではいかない人ばかりなので、話がどこへ落ち着くのかさっぱり見えず。どんどん転がって、ばんばんひっくり返るので結構疲れた。
    楽譜を使っての謎解き部分があんまりぴんとこなかったな。そのあとを読むと仕方がないとは思うんだけど。
    こういうのは余興の一つと考えた方がいいんだろうなあ。

  • どの作家さんもやっぱり自分とところで盛り上がり1つは入れたいと思ってるから、もう登場人物が多くなって、どう収拾するのかっと思ってましたが、やっぱりトリはジェフリー・ディーヴァーが収めました。 もうだれが敵か味方か分からない、面白い試みだったと思います。

  • リレー小説でかつそれぞれが短めで有る為にディーヴァーさんの作品以上に引っ張り回されて目が回る。これ程までにコントロールの効いたリレー小説は例が無いのでは?
    ただあまりミステリーの良い読者では無かった為ディーヴァー以外の作者の個性を感じるまで至りませんでした。(解説を読んでそうだったのかと)
    確実に一級品のエンターテイメントで有ることは保証できます。ただ、難癖を付けるとすればカデンツァ部分もディーヴァーさんが譜面を書いている協奏曲を聴いたような。勿論ファンの一人として文句は言いません。次作も是非翻訳を‼

全15件中 1 - 15件を表示

ショパンの手稿譜 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ショパンの手稿譜 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

ポーランドの空港で殺人容疑をかけられ、国家警察に連行されたアメリカ人の音楽史教授ミドルトン。ワルシャワで、ピアノ調律師が何者かに惨殺されたのだ。彼は死んだ調律師から未発表のショパンの手稿譜を託され、鑑定することになっていた。その矢先、同じ日にパリの獄中で戦争犯罪人ルゴヴァが毒殺されていたことが発覚する。コソボ解放軍の司令官だった男と調律師にどんな関係が?謎が謎を呼ぶなか、あるテロリストの名が浮上する。すべての鍵を握るのは幻のショパンの手稿譜-そしてミドルトンのもうひとつの過去だった…。15名の豪華執筆陣が腕をふるう傑作リレー・ミステリー。

ツイートする