光の使者ギャビイ・コーディ2 月明かりのガーディアン (ヴィレッジブックス)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 上野元美 
  • ヴィレッジブックス (2011年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323124

光の使者ギャビイ・コーディ2 月明かりのガーディアン (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダーク・シリーズ2作目。孤独だったギャビィにいつのまにか友達ができて、ルーサーへの気持ちも抑え難くて心揺れるってことは凶暴で超人的な殺戮マシンから人間的に成長してるってことなんだよね。ある意味無邪気で率直過ぎるギャビィにタジタジとなるルーサーがかわいい。

  • 2011年10月23日読了。

  • 感情的に困っているところは面白いけれど、進行のろすぎ。

  • ギャビィが娼婦のまね?!凶暴でバージンで(そっち方面は)無知なのに!!多少ルーサーとの仲が進展したのは良かったけど。「どうしても君を抱きたいんだよ。明日だといいな」で終わんないでよ~

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    神から授かった特別な力を武器に「悪」と戦う使命を負ったギャビイ。刑事ルーサーは姿を消した彼女の居場所をついに突き止めた。ギャビイは娼婦の用心棒として娼婦館の屋根裏で暮らしていた。ルーサーと再会したギャビイは、自分のせいで死んだと思っていた友人モーティの無事を知り安堵する。翌日、彼女に邪悪な存在を知らせる“呼び出し”が!痛みに導かれ車を走らせると、顔なじみの娼婦が惨殺されていた。そしてギャビイを慕う年若い娼婦ブリスも襲われる。復讐を誓ったギャビイはルーサーと事件を追うが、卑劣な殺人鬼は彼らを嘲笑うように手口をエスカレートさせ…。好評ダーク・シリーズ第2弾。

    なんていうか、だんだんパラノーマル度がましてるのよね。
    ギャビィ一人じゃなくなるとどうなるのかなぁ。でもブリスはキャラが違うしね。
    3部で取り合えず完結なのか、続くのかはわかりませんが、ここまでじゃとっても不健康。
    早く続きが読みたいです。

    Servant:the acceptance

  • 〈光の使者ギャビン・コーディ 2〉天からの使命をうけ悪い奴を抹殺するヒロイン。ヒロインを追いかける刑事ヒーロー。雲隠れしてたヒロインとの再会でヒーローが興奮気味のワンコ状態である。今度の敵は悪童たち彼らの殺戮行為は吐き気がする。ヒロインは孤独をまとっていたはずなのに彼女の周囲には仲間が増えて行く。モーティとの友情には信頼があって好きだ。感情のまま素直に質問を投げかけるヒロインに冷や汗に赤面する者が続出で笑った。凶暴なる天然ちゃん。前作よりも面白かったなぁ。

全6件中 1 - 6件を表示

光の使者ギャビイ・コーディ2 月明かりのガーディアン (ヴィレッジブックス)を本棚に登録しているひと

光の使者ギャビイ・コーディ2 月明かりのガーディアン (ヴィレッジブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

光の使者ギャビイ・コーディ2 月明かりのガーディアン (ヴィレッジブックス)はこんな本です

ツイートする