ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)

  • 62人登録
  • 3.90評価
    • (5)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : スティーブ・マクニーブン  フランク・チョウ  マイク・デオダートJr.  ャスダ・シゲル  近藤恭佳 
  • ヴィレッジブックス (2011年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323384

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)の感想・レビュー・書評

  • 前巻『セントリー』収録の「シークレッツ&ライズ」の続きと、『ハウス・オブ・M』後の結末を描く「コレクティブ」が収録されたニューアベンジャーズシリーズ第3弾。

    前者はスパイダーウーマンの告白や、世間への公表を行う姿を旧メンバーで現メンバーではないMs.マーベルの視点を使いながら描写したりと、女性陣の目立つ話である。と、書いた所で、後者においてもマリア・ヒルを筆頭に多くの女性が活躍していることに気がつく。もしかしたら、00年代後半の作品として意図的にやっているのかもしれない。昔から女性キャラは多くいたものの、少し位置づけは変わっていくのだろうか。なお、Ms.マーベルに関してばハウス・オブ・Mでの改変世界の記憶が影響を与えていることも興味深い。

    本作の面白い所は、ヴィランとの戦い以上に、前者では世間への公表の仕方、後者ではマリア・ヒルとのお互い信頼出来ない関係性といった一筋縄ではいかない問題を抱える点だと思う。単純な戦いの裏でそういった問題に対処していく姿は物語を面白くしていく。しかし、その分どうも「メンバーのヒーローとしての活躍」を描くのはあまりうまくない印象。せっかく分けているのに活躍があまり顕著でないメンバーがいるのは惜しい。

    なお、「コレクティブ」の絵の描き方は非常に色々なエフェクトが派手でこの展開に非常に合っていた印象。

  • 同じぐらいの時代のクロスオーバーを出すのなら、出版年順に出してくれたらいいのに。
    どうやら、まだよんでいない「X-MEN」が、間に入っているみたいです。でも、それはクロスオーバーじゃないから、アベンジャーズとは関係ないのか?
    本当か、それ?

    しかも、今回、マグニートー絡んでいるし。

    ということで、以下、ネタバレありです。

    http://asobo.littlestar.jp/rin/2013/05/22/%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F/

  • 結局、全部マグニートーに押し付けた!!

  • オンスロート→ヒーローズリボーン→アベンジャーズ解散(未約)→ハウスオブMと続くマーベルユニバースクロスオーバーから受けた「アベンジャーズ」の再結成までを描く章。
    この本は第3作目で最終章。
    番号振ってないから2作目を飛ばしてしまいました。

    今マーベルはこの為にアイアンマン、マイティソー、ハルク、キャプテンアメリカとリバイバル含めて後悔しています。
    チームにはウルヴァリンやファンタスティックフォーやビーストも登場するのでほぼほぼオールスターな漫画。
    マジンガーとゲッターロボとデビルマンが総出で何年も長編を書いているようなモノ。

    だからパワーが凄まじい。
    それぞれが単行本の主人公だけに魅せる魅せる。
    リーダーはキャプテンアメリカです。
    斜に構えた参謀がアイアンマン
    無口な力持ちがマイティソー
    血の気の多い特攻隊長はウルヴァリン。
    茶化すスパイダーマン。

    ハンクピム&ビースト&リードリチャーズ等が事象を調査し策を講じる。
    男だけでなく女も闘う。
    ひとつの号令のもとに

    「アベンジャーズ、アッセンブル!!」

    今回の騒動からハウスオブMとの意外な因縁。
    そして黒幕も・・・
    しかしアベンジャーズと共にやっかいな彼も復活ですよ。

  • 繊細から大胆までいいペンシラーの揃い踏み。アルファ・フライトが不憫すぎるけど、表題作は確かに大迫力。話の前後がわかりにくくはあるなあ。

全5件中 1 - 5件を表示

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)はこんな本です

ツイートする