マーベルゾンビーズ (MARVEL)

  • 73人登録
  • 3.85評価
    • (9)
    • (14)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
制作 : ショーン・フィリップス  市川裕文  石川裕人  御代しおり 
  • ヴィレッジブックス (2012年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863323636

マーベルゾンビーズ (MARVEL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • みんな大好きめりけん国ヒーローの皆様がほぼ全員ゾンビになってしまい、かつての仲間を食べたりあらぬ所がちぎれ飛んだりしまくりしかも救いが無い系の話、という内容から何処のパロディ系同人誌かと思われる所だが公式。めりけん国は心が広いね。数少ないゾンビ化していないキャラであるマグニート様がなんとかしてくれるに違いない!と思わせておいてあっさり■■■■■■■■たり、同フォージがこの時点で登場という事はお得意の機械でなんとかしてくれるに違いない!と思わせておいて■■■■■■■■たり、まさかの展開だ愉快愉快。あと巻末の「昔の表紙絵をゾンビパロにしてみました」頁が格好良すぎる。

  • いろんな意味で「ひでえwwwwwww」って腹がよじれそうになった。
    「酷い…」じゃなくて「ひでえwwwww」というノリ。
    一応ヒーローだったはずの皆さんがどこぞのホラー映画の犯人も真っ青なことをしでかしていたりする。そして深刻な突っ込み不在。こいつならなんとかしてくれる!?と思ってもみんなあっちゅー間に食われる。
    個人的に最高に最悪だと思ったのはピム博士のゲス具合でした。
    この明るいグロさが妙に心をくすぐります。帯の「公式MAD」の文字がシュール。間違ってない。

  • 自分はアメコミファンとしては頭の固い方なので、面白い・面白くないとかいう以前にこれってどうなんだ?と思ってしまう。

  • ひでぇは、これは。
    まあ、ゾンビっていうのは、そんなもんなんだろうけども。

    なにがひどいって、喰った後、理性が戻るという設定がひどいです。
    でも、楽しいといえば楽しい。

  • のっけから想像以上に悪趣味だった。

  • あかるんが面白いと言うので

  • とにかくすごかった

  • 作者のロバート・カークマンの言葉を借りれば「こいつは酷い、酷すぎて素晴らしい」作品。何気にゾンビが主役のゾンビ作品って珍しいよね。ヒットしたホラー映画がシリーズを重ねていくにつれてどんどんしょぼくなっていくのを踏襲した2以降の続刊の翻訳も期待したい。あと投げ込みの解説チラシが何気に主要なマーベルキャラの紹介になっているのもポイントが高い。

  • 有名アメコミの日本語版。
    なんかいろいろと酷い。
    面白いかと言われれば、そんなには面白くないかな…。

  • うわあもう最低!(ほめことば) ゾンビパロディ、マーヴル世界のパロディとして素晴らしい完成度で、人気も納得。表紙絵も苦笑&眼福。

全16件中 1 - 10件を表示

ロバート・カークマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・カーク...
ジェフ・ジョーン...
リー・ベルメホ
有効な右矢印 無効な右矢印

マーベルゾンビーズ (MARVEL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マーベルゾンビーズ (MARVEL)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マーベルゾンビーズ (MARVEL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マーベルゾンビーズ (MARVEL)の作品紹介

彼方より飛来した未知のウィルスにより、地球の平和を守ってきたヒーロー達は人肉を喰らうモンスターと化した。飢えに悶え苦しむ彼らが次なる獲物に定めたのは…何と、あの宇宙魔神ギャラクタスだった!?誰もが耳を疑った、驚愕のストーリー設定で、読者の度肝を抜きまくったあげく、予想外の大ヒットを記録してしまった史上最凶の問題作、ついに日本上陸。

ツイートする