アバラット

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 池 央耿 
  • ウイーヴ (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863324121

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クライヴ・バーカ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アバラットの感想・レビュー・書評

  •  苦手なクライヴ・バーカーを読んでみた。「不滅の愛」は意味がわからなくて読了できなかったけど、「アバラット」は児童書なので、試してみた。うーん。とりとめが無い。続き物らしいので、最終的な判断は全部読み終わってからするにしても、やっぱりクライヴ・バーカー、苦手です。訳した人もイマイチ。
     いまどき死語だよなーって言葉とか、言い回しが多い。年齢を見ると今年で64歳になる人らしい。児童書なんだから、もっと若い人が訳せばいいのに。挿絵が多いのはよかった。どうやらバーカー自身が描いたもののよう。どこかで映画化でもしないかな。小説より目で見た方が面白そうな話だった。

全2件中 1 - 2件を表示

アバラットはこんな本です

アバラットの単行本

ツイートする