この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)

  • 69人登録
  • 4.33評価
    • (12)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : J.D.ロブ
制作 : 青木 悦子 
  • ウイーヴ (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863326675

この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)の感想・レビュー・書評

  • ぶっちゃけ、有名なミステリシリーズだとは思っていたけれど、作者がハーレクイン系列の人とは知らないでいました。
    読んでる途中で、あれっ? とは思ったんですけどね。(^^;
    ま、推理小説としてはどうかと思いますが、サスペンスものとしては、普通に面白かった感じ。
    (アメリカの)女性のロマンス感ってのがダダ漏れている感じも新鮮でしたね。(^^;
    けっこう、事件が陰惨なのもこの手の小説が読みたいときには良いでしょう。
    ただ、舞台を近未来に設定したのはやり過ぎ感も。

  • 近未来を舞台にしたロマンティック・サスペンス。
    イヴとロークが出会うきっかけになった事件。
    エレガントで謎めいた大富豪のローク、大の男と格闘も辞さない敏腕警官のイヴ。
    どちらも、何もないところから自分を作り上げてきた似たもの同士。
    べたべた甘すぎず、しかし強烈に惹かれあっている二人の関係が興味深い。

  • 【イヴ&ローク1作目】ノーラ・ロバーツが別名で書いている作品。シリーズものとは知らずに借りたら面白くて、1作目だったのでラッキー。続きも借りなくちゃ!イヴ&ローク、なかなか二人がいいな~。二人の関係がどんな風になっていくのかも気になる!

  • イブ&ロークシリーズの1巻目。近未来を舞台に繰り広げられるサスペンス小説です。自分の事を顧みず、死者への正義を貫く警察官イブが、すごく格好いいですよ。

  • イヴ&ローク・シリーズ第1作。

    近未来のニューヨークを舞台としたロマンティックサスペンス。敏腕捜査官イヴと大富豪ロークの恋模様を絡めながら、猟奇的な殺人事件の顛末が描かれている。

    人によっては殺人事件のおぞましい描写や主人公ふたりのラブシーンなどに抵抗を感じるかもしれないが、ストーリーがよく練られていておもしろい。近未来らしい道具立てが効果的に使われていて、独特の世界観に引きこまれる。

  • ノーラ・ロバーツが別名で綴っている作品。
    近未来のアメリカが舞台のポリスサスペンスストーリー。

    主人公のイヴ・ダラスの生い立ちや、警察署の殺人担当の警部補という役職故に
    どちらかというと低年齢層にはあまり向いていないかも。

    現実的(リアル)な描写とは裏腹に、ノーラ・ロバーツ本来の作風(ロマンス小説家)も入っていて
    ロークとの恋模様&夫婦生活はとってもスイートです。
    まあハーレクイーンにはありがちですが、実際にはきっとロークみたいな人はいないでしょう
    と言いつつも、いて欲しいなーとも思うのが乙女心★

全6件中 1 - 6件を表示

J.D.ロブの作品一覧

J.D.ロブの作品ランキング・新刊情報

この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

この悪夢が消えるまで (ヴィレッジブックス N ロ 3-1 イヴ&ローク 1)はこんな本です

ツイートする