令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))

  • 15人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (2)
  • 5レビュー
制作 : 那波 かおり 
  • ヴィレッジブックス (2004年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (412ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863327269

令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何故ヒーローは、さっさとヒロインに自分は庶子だとうち明けなかったのか 数々のヒロインへの冷たい仕打ちがひどすぎる

  • 秘密があるヒーローx令嬢ヒロイン

    「4人の伯父に甘やかされて」という設定がよろしい。
    自分の想いに正直なヒロインもよろしい。
    しかし出生の秘密はそんなに大事なことなのかしら?
    そんなこと気にしないヒロインだと分からないもんかしら?

    おじ様たちの話も読みたいなあ。

  • 〈華麗なるマロリー一族 1〉

  • あれ?こっちだったかな??

    19世紀初頭のイギリス。
    レジーナは両親を早く亡くしたが、母方マロリー家の伯父達に可愛がられて育った。
    黒髪に青い眼の活発な娘。
    社交界に出て人気を集めるが、伯父達が難癖を付けるため、2年目になっても縁談はいっこうにまとまらない。
    放蕩者と評判のモンティース子爵ニコラス・イーデンと出会い‥?

    とんでもない美形だが陰があり女性不信の伊達男ニコラス。
    愛人と間違えてレジーナを玄関先から誘拐してしまい、評判に傷を付けたため、結婚せざるを得なくなるのだが。
    彼には結婚したくない理由があり、レジーナに辛く当たる‥?

    軽いものを探していたら、まさにこれは良いですね。
    個性的な伯父達もまた波乱を呼びます。
    長兄ジェーソンは侯爵だが、中には一時海賊となっていたジェームズまでいるのでした。
    レジーナと仲が良く、ニコラスを許せないアンソニー伯父は、じつは似たタイプのプレイボーイ。
    言い合いが絶えないが、何かあれば一致団結するマロリー兄弟。
    ドキドキハラハラ、試練にはさらされるが~でもうまくいかないわけがない。

  •  ①
     強ーいヒロインと放蕩者(ヒロインの伯父の仇敵)が結婚するとどうなるか、意地の張り合いが見所。
     それにしても往生際の悪い。
     ヒーローには出生の秘密つき。

全5件中 1 - 5件を表示

ジョアンナ・リンジーの作品一覧

ジョアンナ・リンジーの作品ランキング・新刊情報

令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))を本棚に登録しているひと

令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))を本棚に「積読」で登録しているひと

令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))はこんな本です

令嬢レジーナの決断 (ヴィレッジブックス―華麗なるマロリー一族 (F-リ1-1))の文庫

ツイートする