暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)

  • 190人登録
  • 2.94評価
    • (2)
    • (12)
    • (8)
    • (8)
    • (5)
  • 13レビュー
制作 : 鈴木 邑  長崎 訓子 
  • ウイーヴ (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863327627

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゆるくて、訳が分からないような、時々なんか深いような。このバランスが好き。

    読んでてくすり、と笑うこともしばしば。ふと思い立った時に思い立ったページを読みたい気にさせられる一冊。

  • どうということもない

  • 食事の名前は、食べ物を支配している
    名前を知らない食べ物は、普通でない気がします。名前がわからないかぎり、不完全で奇妙で分類不能な気がします。
    名前を知ったからといって味は変わらない。名前を知ってしまうと、その食べ物は言葉が支配する組織の一部になる、定められた位置に収まってしまう。食べ物を包んでいる言葉を咀嚼して、言葉のかけらを消費する。

    自分の声を録音してみる。外から見た自分。

    何も考えない時間。まず10分

    世界中のありとあらゆる場所のことを考える
    服をたくさん試着する。新たな自分を発見する。いろいろな店でいろいろなジャンルの服を。

    人に物をあげる。思いついたらすぐに。損得考えない。
    節約したことは記憶に残らないが、何かをあげた時の相手の顔や、そのあとに続いた言葉を記憶している。

  • 自分には合わなかった。物事に対し、どう感じるかまで書かれていると違和感を感じる。また他人に迷惑をかけるようなものまである。

  • 中一の息子に学校からお勧めされた本。
    見開き一ページに一つずつ「やってみよう」というお題が提示されています。
    それぞれに「効果」「所要時間」「用意するもの」が書かれていて、そこが結構面白かった!
    この本の使い方としては、いつもポケットに入れておいて、気分転換したいときに「えいやー」と開いたページに書かれたお題をやってみる、というような感じかしら?
    私ならそう使う。

  • 気楽に読める本。哲学というか、発想の転換のヒントのようなものが詰まった本です。
    日々の生活の中で、当たり前と思っているようなことをちょっと疑ったり、なぜだろうと考えてみたりすると、世の中がとても不思議で面白いところのように思えてきます。
    本の中に書かれていることを実際に実行してみなくても、思考実験をしてみるだけでも面白いかもしれません。

  • 暮らしの哲学/ ロジェ ポル ドロワ / 2010.8.20(22/47)
     きっかけ:日経木曜夕刊
     この本は気晴らしの本と書いてある。日常のふとしたことを、ちょっとした工夫でやることで、今までと違ったものの捕らえ方をできそうな期待感がある。
     頭の中でりんごの皮をむく:集中力が高まる
     今から死ぬものだと思ってみる:不安が軽くなる
     誰にでも微笑みかける:共犯関係が生まれる
     服を沢山試着する:さまざまな人生を体験する

  • オモロいやつがたまにある。それぞれの、効果、がいいよね。

  • なぜかプレゼントしてもらったフランスの哲学者による「暮らしの哲学」。フランスでは大ベストセラーになったそうですが。。わかるような、わからないようなという感じです。

  • 鳥の死骸を眺める→瞑想状態になる
    子供の頃遊んだオモチャを見つける→時間と空間が拡張

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)はこんな本です

暮らしの哲学―やったら楽しい101題 (ヴィレッジブックス N ト 1-1)の文庫

ツイートする