少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)

  • 45人登録
  • 4.45評価
    • (11)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Robert McCammon  二宮 馨 
  • ヴィレッジブックス (2005年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863327863

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)の感想・レビュー・書評

  • 1964年アラバマ州ゼファーという小さな町が舞台。一人の12歳の少年が体験した一年間の成長物語。冒頭で殺された男が湖に沈んでいくのを目撃した謎を追っていくことが作品全体のメインなのだが、その過程の中の少年の日常風景が素晴らしく描かれている。主人公の男の子がとんでもなくいい子なのである。12歳の子供の心の葛藤や、純粋な気持ち・驚き・感動・悲しみ・・・などなどが全て詰め込まれている。もう言葉では言い表せないくらいすごい小説である。涙と一人笑いなくして読めない。このような小説に出会うために本を読んでるのだ、と思った作品。

  • 新装版で再読。かなり忘れていた部分があったのを差し引いても、全てが新鮮で胸を打つ物語。上巻の夏の描写も素晴らしかったが、他の季節、特にハロウィンの季節の描写はブラッドベリを彷彿とさせる。全編を通じて、男の子ってなんだか羨ましいと思ったし、男の子にとって父親は大きな存在でなくてはならないとも思った。

  • 毎年の夏に1度は必ず読む本。
    それくらい自分の中で大切な作品です。

  • 富山などを舞台とした作品です。

全5件中 1 - 5件を表示

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)の作品紹介

淡い初恋、ガキ大将との決闘、初めてのキャンプ、…コーリー少年の毎日はさまざまな出来事に彩られ、あっという間に過ぎていった。しかし、殺人事件の謎は未だにコーリー家の生活に影を落としつづけている。魂を持つ自転車に助けられながら幾多の危機を乗り越えて、真の勇気とはなにかを知り、愛するものを失う悲しみを知ったコーリー。魔法に満ち、すべてが輝いて見えた日々に別れを告げ、大人への階段をのぼりはじめた彼は、ついに殺人犯の正体を突き止めたかに思えたが、意外にもその人物は-。過ぎ去った12歳を懐かしむすべての人に捧げる、青春小説の大傑作。世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞受賞作。

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)はこんな本です

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)の文庫

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)の文庫

少年時代〈下〉 (ヴィレッジブックス)の単行本

ツイートする